受験会場に持っていくべきものに時計を忘れるな!

公開日:2019年05月29日

皆さんは、自分が行きたい大学に行くために日頃から勉強を積み重ねて、
試行錯誤しながら学習をし続けていることと思いますが、

いよいよ大事な模試や試験当日に向けて、勉強以外での準備もしておかないと、
勉強したことや、自分の実力が十分発揮することができなくなってしまうかもしれません。

そうならないためにも、日頃から勉強に取り組むことはとても大切ですが、
プラスして、当日の準備も念入りに行うようにしましょう。

今回は、試験本番で必需品と言える、時計のおすすめをご紹介して行きます!

試験本番会場を確認するだけで終わってしまう方も多いのですが、
持ち物にも万全の対策をして行きましょう!

「試験の時、この時計でもいいかな、不安だ…」

「試験の時ってアナログとデジタルどっちが使いやすいんだろう…」

少しでも不安があると試験そのものに集中しづらいですよね。

新しく時計を買おうと思っている方や、
今使っている時計でいいのか悩んでる皆さんはぜひこの記事を読んで、
試験当日への不安を少しでも減らして行きましょう。

あなたにおすすめな予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

アナログかデジタルか

これは単に個人の好みということで片付けられてしまいそうですが、
それぞれのメリット見て行きましょう。

アナログのメリット

・シンプルで余分な機能がついておらず、不正行為の疑いをかけられずに済む。

・文字盤を見やすいので、直感的に残り時間を把握することができる

デジタルのメリット

・瞬時に正確な時刻を知ることができる

・多機能でコンパクトなものが多い

筆者は試験ではアナログ時計を使っていました。
パッと見てだいたいの時間を把握できさえすればよかったので、アナログを好んで使っていました。
また、秒針は電波式で狂うこともありませんでした。

しかし、正確な時刻を知りたい・・・!という方にはデジタル時計がおすすめです。

 

とはいえ、基本的には
チラっと見るだけでどれだけの時間が経過したかが瞬時にわかるアナログ時計のほうがおすすめです。

自分の試験スタイルに合わせてどちらかを選ぶと良いでしょう。

時計を持って行く時に注意すべき点

大学によっては時計の持ち込みが禁止されていることがあり、
時計を持ち込むと不正行為と見なされて受験資格を失うことも考えられますので、きちんと確認しておきましょう。

また、電池式の時計を使う場合は、電池切れの心配がありますので、十分に確認をしておきましょう。
筆者はソーラー電池の時計を使っており、そのような心配はなかったので、
もしこれから購入しようと考えている方がいらっしゃいましたら、ぜひソーラー電池式の時計がおすすめです。

また、万全を期すのであれば時計を2つ持っていくのも良いですね。

受験で時計を忘れてしまったら

忘れないためにも、この記事をしっかりと読んで、万全の対策をしていただきたいですが、
もし万一忘れてしまったら、間に合う時間であれば、両親に届けてもらうのが一番良いです。

 

しかし、それが難しい場合は、コンビニや駅の売店等で簡易的なものを購入することをオススメします。

試験教室に入室してから気づいてしまった場合は、試験官や教員に頼んで貸してもらうか、
最終手段としては近くの人にお願いして見るしかありません。

大きめの時計を持っている人がいれば、見える位置に置いてもらったりするようにしましょう。

(とはいえ試験官が時計を貸してくれることは受験本番ではほぼありえませんし、
近くの人にお願いするのも、カンニングの疑いをかけられる可能性もあり実際問題として厳しいところです。

時計は絶対に忘れないようにしましょう。)

 

こんな時計もあります

今では受験生のために作られた「合格時計」なるものもあります。

合格時計はこちら

(アマゾンのサイトに飛びます)

受験のために開発されたので使いやすさを追求しており、机にも時計をおきやすいです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

受験の持ち物の中で、時計は絶対に忘れてはいけないもののうちの一つです。

実際、センター試験当日に時計を忘れてしまい、普段の実力の半分の得点しかできなかった・・・などという話も聞いたことがあります。

試験勉強ともに持ち物にも万全の対策をして、志望校への切符を掴みましょう!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事