リスニングの勉強にオススメの教材を4つ紹介!これを読んで楽しく勉強しよう!

公開日:2019年03月16日

突然ですが、あなたはリスニングが得意ですか?

 

日本の英語教育はやたら文法や単語を詰め込むだけで実際に話せるようにはならない、なんてことを揶揄されたりもしますし、

近年の国際化を考えると英語を話せることはますます重要になるでしょう。

そのため、リスニング試験の重要性もますます大きくなると考えられ、

実際に日本中の受験生が受験するセンター試験でもリスニングは個別で試験がありますし、

日本一の大学である東京大学の入試問題でも、英語の得点の1/4をリスニングが占めるなど、今の受験生にとっては避けて通れないのが、

このリスニングの試験です。

ただ一方で、日本語と英語とでは言語体系がまるっきり違い、日本人の耳は英語を聴きやすいようにはできていないため、
リスニングを苦手とする受験生が多いのも事実。

重要であるにもかかわらず、日本の学校ではリスニング専門の授業などはほとんど行われない上に、リスニングの教科書などもないことがほとんどです。

最近でこそ、リスニング用の参考書なども充実してきてはいますが、英語が苦手(嫌い)な方にとっては、それをやるのは厳しいですよね?

ということで、どうせなら楽しく勉強しましょう!

英語というのは娯楽との親和性が非常に高く、みなさんが常日頃楽しんいる映画などの言語を英語に変えるだけで、

楽しみながらもリスニングの勉強をできてしまうのです!

この記事では参考書など以外の、気楽につかえるリスニングの学習教材について、解説しています!

「第一志望の大学でリスニングの配点が高いらしいけどどうやって勉強したらいいかわからない…」

「リスニングが苦手なんだけど、どうにか標準くらいにしたい…」

あなたのこんな悩みも解決すること間違いなし!

➡︎リスニングの勉強法について詳しく知りたい人はこちら!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

リスニングの勉強におすすめの教材①:洋画

リスニングの勉強の定番になりつつある洋画。

この記事であげるものの中でもトップクラスに面白く、皆さんにとって親しみやすいものでしょう。

ただし、口語表現なども一部含まれていることが多く、

英語のスピードも早く、さらには話す人にとって訛りがあったりもするので、

英語が苦手な方がいきなり取り組むと全然分からなくて勉強にならないかもしれません。

英語はまあまあ得意で、映画が好き、そんな方がさらに成績を伸ばすのにおすすめの勉強法です。

リスニングの勉強におすすめの教材②:海外のアニメ

アニメも同様に活きた英語をそのまま学ぶことができるのでリスニングの教材としてはオススメです。

中でもオススメなのはアメリカの幼児向けのアニメです。

上であげた洋画と違って、アメリカの幼児向けアニメであれば英語も比較的簡単で、

初心者でも少しずつ英語に慣れていくことができます。

内容的にも案外面白いものですよ笑

リスニングがあまり得意でないという人は是非一度海外の幼児向けアニメをお試しアレ!

リスニングの勉強におすすめの教材③: TED

TEDは世界中の著名人による様々な講演会を開催・配信している非営利団体です。

ビルゲイツやスティーブ・ジョブズが登壇したこともあるほどの規模です。

そんなTEDですがすべての公演が英語で行われ、

テーマとしても非常に多様なものがあることから、リスニング教材として世界中で注目されています。

字幕を英語字幕と日本語字幕と切り替えることができるので、その人のレベルによって使い分けることができます。

スピーカーの国で分けたりすることもできるので訛り対策にも最適です。

また、難しいものは多いですが、

ものを選べば3分程度で短く、英語も簡単なものがあり
さまざまな英語のレベルに対応可能です。

短いものだとかなり気軽に取り組めるのがありがたいですよね。

1日1個教養代わりに寝る前に聞く、というような使い方がオススメです。

また再生スピードを変えることもできるので負荷をかけたい人は早くすればいいし、難しすぎるという人は少し遅くするなど調整してみてもいいかもしれませんね。

リスニングの勉強におすすめの教材④:youtube

世界一の動画サイトであるyoutube。

youtubeの投稿を行う人のことをyoutuberといい、

最近はその広告収益ですごい額のお金を稼げることから若者を中心に夢が広がり、

小学生のなりたい職業ランキングにyoutuberがランクインするなど、

私たちの生活にとっても非常に身近で、なくてはならない娯楽となっているyoutube。

そんな娯楽であるyoutubeで、最近では英語の勉強までできてしまうのです。

日本人が作っている学習動画では、
吉田ちかさんの「バイリンガール英会話
が非常に有名で、日本語も出てくるので、英語が苦手な方でも少しずつ英語の勉強をすることができます。

リスニングに自信があり、もう少しレベルが高いものが聞きたい!

という方におすすめな使い方は
英語だけの動画にで、英語字幕のついているものを見ることです。

普通にCNNニュースなどを聞くよりかは取り組みやすく、非常に力も付くのでおススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

英語の教材というのは実は身近にあふれていて、

リスニング用の教材を買ったりしないでも

これだけ多様な勉強法があるのですね。

そのほとんどが普通に勉強するよりも面白く、皆さんんとってもハードルの低いものなのではないでしょうか。

楽しくリスニングの勉強をして、志望校合格を勝ち取りましょう!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事