丸暗記をするのってどうなの?そのメリット・デメリットについて詳しく解説!

公開日:2019年06月30日

「丸暗記をするのっていけないことなの?」

「苦手科目を丸暗記しようか悩んでいる」

「丸暗記のメリットとデメリットについて知りたい!」

 

あなたは、そのように考えていませんか?

 

この記事では、そのような疑問を抱いている受験生に向けて、
丸暗記について詳しく解説しています。

 

この記事を読めば、丸暗記のメリットやデメリット、是非についてよく分かります。

 

丸暗記に陥りがちな受験生や、苦手科目を丸暗記するかどうか悩んでいる受験生など、
暗記関係で悩んでいる受験生は是非この記事を読んでみましょう!

この記事があなたの第一志望校合格にお役立てできれば幸いです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

丸暗記のメリット

受験勉強において問題意識を抱かれがちな丸暗記ですが、
デメリットばかりではありません。

丸暗記によるメリットも存在します。

 

そこでまずは、丸暗記について様々な視点から考えていくために、
丸暗記のメリットについて解説していきます。

丸暗記のメリット①:同じ問題が出題された時に素早く解答作成できる

丸暗記のメリットとしてまず考えられるのが、
同じ問題が出題された時に素早く解答を作成できるということです。

 

一般に、数学や物理といった思考と計算に重きのある理系科目では、
解法を丸暗記するよりは理解していくことが重視されます。

 

しかし、頻出とされる展開問題や、考えるのにかなり時間を要する問題などについては、
解法を丸暗記してしまうことで、即座に解答を作成することができるようになります。

これによって、いちいちその場その場で考える必要がなく、
試験時間が足りなくなりがちな理数系科目においてかなり時間短縮となります。

 

このように、解法の丸暗記により、非常に素早い解答作成が可能になり、
他の受験生に対して差をつけることができるのです。

丸暗記のメリット②:公式を導き出す必要がなくなる

次に考えられる丸暗記のメリットは、公式の導出をする必要がなくなることです。

 

公式を丸暗記することで、公式などをいちいち導き出さなくても済むことができます。

 

ただし、公式を丸暗記する上で大切なのは、丸暗記しつつもいつでも導き出せるようにすることです。

これにより、公式を導出させる問題が出題されても対応することができます。

 

このように、この意味での丸暗記は受験において非常に有用であるため、
原理を理解しつつ、公式はどんどん覚えていきましょう。

丸暗記のメリット③:勉強のモチベーションを保てる

苦手科目では、なかなか理解をすることが難しく、基本的なところから躓きがちです。

 

そのため、初歩的な段階から理解することに時間がかかり、
なかなかモチベーションが上がらないこともしばしばあるでしょう。

 

そこで、理解できない問題はとりあえず丸暗記をしていき、
次第に解き慣れていく中で理解を進めていく
という勉強法をとることも、苦手科目克服の一つの手段です。

 

このことによって、苦手科目であってもモチベーションを保つことが可能になります。

ただしこれを行う場合、決して勉強が丸暗記に終わることなく、
最終的にはしっかりと理解するように気をつけましょう。

丸暗記のデメリット

このように、丸暗記には様々なメリットがありますが、
やはり丸暗記がよく問題視されているように、デメリットも多数存在します。

そこでここからは、丸暗記のデメリットについて説明していきます。

丸暗記のデメリット①:理解が不十分なままになりやすい

丸暗記のデメリットとしてまず最初に挙げられるのは、
理解が不十分になりやすいということです。

 

丸暗記をすると、理解が不十分であっても、解けるようになった気になりがちです。

そのため、理解が不十分なまま問題演習を進めていく状態に陥りがちです。

 

楽な丸暗記に流されず、しっかりと理解をしていこうと心がけることが大切ですね。

丸暗記のデメリット②:少し問題を変えられただけで対応できなくなる

次に考えられる丸暗記のデメリットは、
少し問題を変えただけで対応できなくなる可能性があるということです。

 

これは先ほど紹介したデメリット①である理解が
不十分となってしまうこととも繋がっていますが、

 

やはり根本的な部分の理解を怠ったまま丸暗記をしてしまうと、
丸暗記をした解答通りにしか答えられなくなることが多くなってしまいます。

 

特に理数系の科目だと、いくらでも類題を作ることができるため、
このような状態に陥りがちです。

 

そのため、やはり根本的な部分の理解をしっかりすべきだと言えます。

丸暗記のデメリット③:頭を使って理解する癖が身に付かなくなる

3つめに紹介するデメリットは、
頭を使って理解する癖が身に付かなくなるということです。

 

丸暗記をするのに慣れてしまうと、
根本的な部分の理解をしないままひたすらに丸暗記をする癖がつきかねません。

 

特に苦手科目だと、やはり考えるのにかなりの労力を要するため、楽な丸暗記に走りがちです。

 

しかし、本当に成績を伸ばしたいのならば、やはり苦手な問題に真面目に向き合い、
その問題をしっかりと理解していく
ことが重要です。

 

苦手な問題に直面しても、丸暗記に逃げるのではなく、一旦立ち止まってしっかりと考える習慣をつけましょう。

結局、丸暗記をするのってどうなの?

ここまでの記事を読んだ人の中には、

「結局、受験勉強をする上で丸暗記をするのってどうなの?」

と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

 

結論から言うと、丸暗記をするなら、原理を理解した上で丸暗記するように心がけるべきです。

やはり根本的な部分を理解しないまま丸暗記をしてしまうと、
類似する問題に対応ができなくなってしまう危険性が非常に高いです。

 

確かに、苦手科目はなかなか理解しづらく、理解しないままの丸暗記に逃げてしまいがちです。

しかし、そのように理解不十分な丸暗記をするのを一旦我慢して、
その根本的な部分を理解しようとすることの積み重ねが、
結果的に成績の向上に繋がる
のです。

 

その上で、解法を丸暗記する必要が出てきた場合は、
その理解を踏まえて覚えていきましょう。

 

理解不十分な丸暗記をすることで目先の点数を伸ばすことに終わるのではなく、
長い目で見た時の成績の向上を考えて、しっかりと原理から理解するように心がけましょう。

まとめ

  • 丸暗記には様々なメリットとデメリットがある
  • もし丸暗記をする場合、原理をしっかりと理解した上ですることが重要

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事