勉強に集中したいなら?チョコやラムネでブドウ糖を摂取せよ!

公開日:2019年03月31日

「どうせ勉強するなら、集中力上げて効率よくやりたいなあ。
集中力を上げる食べ物ってないのかな?

「なんかチョコレートが良いってよく聞く気がするけど、実際どうなの?」

あなたは今、そんなことを考えていませんか?

そこで、この記事では

  • 脳を集中させてくれる成分の正体はブドウ糖
  • チョコは頭を働かせる効果がある。
  • しかし一番いいのは実はラムネ

ということを解説します。

この記事を読めば、コンビニに売ってる気軽に買えるお菓子であなたの集中力を増大させ
同じ時間勉強するにしても、より多くの内容を身につけることができるようになるでしょう。

 

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

 

勉強に集中するにはチョコレートやラムネでブドウ糖を取るべき

頭を働かせるために必要な成分は何か?
その答えは『ブドウ糖』です。

このブドウ糖は、普段の食事からも普通に取ることはできます。
ですが、体内に保存ができないようになっています。

ですから、極端な話
1日に一週間分のブドウ糖を体に詰め込んだとしても、24時間も経てば全てなくなってしまいますから、
頭を働かせようと思ったら常に補給し続けなければいけないということですね。

学校でよく朝食を食べることが強く勧められるのもこういった理由があります。

あなた小学生のころから、学校で配られるプリントで「朝食はしっかり食べよう」というような話を何度も聞いたことありませんか?

これは、朝ごはんが空腹を満たすのはもちろんですが
それよりかも、朝ごはんを食べることによって、寝てる間に尽きかけてしまったブドウ糖を取り入れることができて、授業に集中することができるようになるから、というのがメインの理由です。

ということで、頭を働かせるのに必須の成分のブドウ糖を食事から摂るのもいいですが
せっかくなら、もっと集中的にとりたいですよね。

そこで、ブドウ糖を集中的にとるのにおすすめの食べ物を紹介します。

勉強に集中するならチョコとラムネでブドウ糖をとれ!

「ラムネ」の画像検索結果

勉強に集中するには、チョコとラムネが効果的です。
特に一番いいのはラムネですね。
順に解説していきましょう。

チョコ

「チョコは勉強するときに頭を集中させるのに効果的」という話は、あなたもどこかで聞いたことあるのではないでしょうか。

確かにそれは正しくて、チョコを適量食べたときは、チョコに含まれてる砂糖が分解されてブドウ糖となるので集中力を上げることができます。
(砂糖とブドウ糖の細かい違いは、生物や生物基礎で勉強してくださいね)

ただ、チョコには一つデメリットがあって
それは『食べ過ぎるとむしろ集中力が下がって逆効果になる』というものです。

チョコはたくさん食べすぎると、体の中の糖分が増えすぎて体がインスリンを分泌してしまうので、そうなるとかえって集中力は低下してしまいます。

チョコはひとかけらだけ食べるというようなことができれば確かに効果はあるのですが、
チョコって美味しいですから、一口食べるとついつい続けてたくさん食べてしまいがち。
なかなか難しい問題ですよね。

ただし、最近ではブドウ糖チョコというものが販売されていて、
これは砂糖ではなくブドウ糖が味付けにメインで使われているので、

こういったチョコであれば大丈夫です。

ラムネ

チョコ以上におすすめなのがラムネです。
ブドウ糖を補給するならラムネが最強です。

というのも、ラムネって食べると甘いじゃないですか。
あれって実は砂糖が使われてるんじゃなくて、ブドウ糖が使われているんですね。

ラムネは、なんと成分の80%ほどがブドウ糖という驚異の食べ物です。
ブドウ糖のかたまりといってもいいくらいでしょう。

ラムネなら普通にスーパーやコンビニで売ってますし、値段も安いですから気軽に買えますし
カバンに入れていけば学校や予備校など外出先でも気軽に食べることができますよね。

下手にエナジードリンクなどを飲むよりかも、ラムネを食べた方がよほど健康的かつよほど集中できるようになるので、
ぜひ今日からさっそく勉強のお供にラムネを購入してみてください。

勉強に集中するならチョコやラムネでブドウ糖をとれ!まとめ

ということで、この記事では

  • 脳を集中させる成分の正体はブドウ糖
  • チョコはうまく使えば頭を集中させるのに効果あり
  • ただし食べ過ぎると逆効果
  • 頭を集中させたいならラムネが最強

というお話をしました。

次、スーパーやコンビニに寄るときには、あなたも早速ラムネを買って食べてみてくださいね。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事