受験生にオススメのiPhone暗記アプリまとめ!スマホを使って効率よく勉強!

公開日:2019年03月16日

ここ数年のうちに急速に広まり、
今や私たちの生活になくてはならないものになったスマートフォン。

筆者が高校1年生の頃はクラスでも持ってる子と持ってない子と半々くらいだった記憶ですが、
今や高校生で持ってない人はほとんどいないと思います。

そんなスマートフォンですが、一瞬で遠くにいる友達とメッセージを交わすことができたり、youtubeで面白い動画を見たり、

ゲームアプリを楽しんだり、あらゆるコンテンツをそれ1つで楽しむことができるため、

「時間が溶ける」、「勉強の邪魔」、「集中できない」などのイメージが強い人が多いのではないかと思います。

筆者もすごくその気持ちはわかります。実際に受験生のころはスマートフォンが気になって勉強に集中できないこともありました笑

ですがそのままではよくないですよね。スマートフォンを見るのがやめられないのなら、

逆にスマートフォンを利用して勉強してしまえばいいのです!時代は変わり、スマートフォンは遊ぶため、連絡するためだけのものではなくなり、学習の役に立つ機能・アプリも多く出てきています。

特にiPhoneはスマートフォンのシェアにおいても圧倒的なものがあり、その分アプリ開発も進んでいて、非常に多くの勉強に役立つアプリが出てきています。

使い方次第で、毒にも薬にもなるのがスマートフォンなのです!

そこでこの記事では暗記に役に立つiPhoneアプリを紹介しています!

この記事を読めば

「ついスマートフォンを触ってしまうんだけど、どうにかしたい…」

「通学中にスマートフォンを使って何か勉強したいんだけど、何をしたらいいんだろう…」

あなたのこんな悩みも解決すること間違いなし!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

受験生にオススメのiPhone暗記アプリ①:単語帳メーカー(Flashcard Maker App)

単語帳メーカーはスマートフォンの中に自分だけのオリジナルの単語帳、フラッシュカードを作成できるアプリです。

筆者も中学生くらいの頃は100円ショップでフラッシュカードを買ってきて、自分でオリジナルの単語帳を作っていましたから

それがスマートフォンの中で、タダで行えるようになったなんて驚きです。

さらには手書きでこのオリジナルの単語帳を作るという作業は結構時間がかかっていましたから、

打ち込みだけでぱぱっと終わらせられるようになるのは受験生にとってすごくありがたいと思います。

裏表の文字だけでなく、メモ・画像の設定も可能、スマホ同士で単語帳の共有やExcelで単語帳の編集などもできると

至れり尽くせりでアナログ時代を生きた筆者からすると信じられないアプリです。

筆者の学生時代にもこんなアプリ欲しかったなと思わせてくれるアプリです。

受験生にオススメのiPhone暗記アプリ②:i-暗記シート -写真で作る問題集-

こちらはタイトルからは少しわかりにくいですが、写真を撮ると、

それを自動でデータ化して、オリジナルの単語帳、参考書を作ってくれるというもの。

それだけでは一見大したメリットがなさそうですが

このアプリのすごいところはおなじみの赤シート学習をアプリ内で完結させてくれるところです。

赤い文字と緑のマーカーはアプリが自動で隠してくれるため、

赤シートがなくても赤シート学習ができるのです。

筆者も昔よく赤シートを使って勉強していましたが、

何度赤シートをなくして嫌な思いをしたか…

意外となくすんですよね、あれ。

ですがこのアプリだったらそんなこともないですもんね。

非常に良いアプリだと思います。

受験生にオススメのiPhone暗記アプリ③:うつせる!単語帳 -カメラで撮ったらすぐカード-

こちらは自分でオリジナルの問題集を簡単に作成できるアプリです。

自分で問題文を打ち込み、それに対応する答えの部分をカメラでスキャンすれば、自動で文字を認識して、文章化してくれて、

それで1問問題ができるというわけです。

さらにその問題を解答を隠したままランダムで表示してくれる機能もついており、

このアプリ1つで問題集学習が完結してしまうのです。

友達と問題を共有することもできるようなのでこれをすることでさらに効率がアップしますよね。

特に社会などの暗記科目で大きな効果を発揮するでしょう。

受験生にオススメのiPhone暗記アプリ④:Quizlet

今までのアプリは基本的に個人での使用が中心で、友達との共有機能が付いているという程度でしたが、

Quizletは、当然自分でも作成することもできますし、

共有が前提であるため,他のユーザーが作成したカードの中から

フリーワードで科目や単元を入力して、自分のニーズに合った単語カードを見つけ、使用することが可能。

また、このアプリでは通常の学習モードの他に、ゲーム感覚で勉強できるモードを搭載しています。

正解となるカードをマッチさせ、その速さを競うというものです。

これならやる気をだして勉強できそうですよね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

暗記を助けてくれるアプリだけでこれだけの種類があるのですね。

どれも特徴がはっきりしていて、用途によって使い分けられそうです。

全部を使う必要はありませんがらあなたの勉強の効率を上げてくれそうなものがあったら

ぜひ使ってみることをオススメします!

iPhoneを使いこなして、志望校に合格しましょう!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事