英単語の覚え方について徹底解説!これを読んで暗記効率アップ

公開日:2019年02月20日

皆さんは英単語をどのように覚えていますか?

英語の勉強をする上で、英単語を覚える、という作業は避けようのないプロセスであり、

ここをサボっていてはどうしたって英語ができるようにはなりません。

言葉を知らなければ、私たちが当たり前に使っている日本語だって、話すことはできないのです。

そこで、この記事では英単語を暗記する方法について、解説しています!

「なかなか英単語が覚えられない…英単語のいい覚え方はないかな?」

「英単語を覚えるのにすごい時間がかかってしまう…どうしたら良いんだろう?」

あなたのこんな疑問や悩みも、解決すること間違いなし!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

英単語を暗記する方法①:単語帳で覚える

単語帳で単語を覚えるの、めんどくさいから何かいい方法ないかなー
そんな気持ちでこの記事を開いた方はいますでしょうか。

その人たちはごめんなさい。
でも今すぐその考えは改めましょう。

何事も楽な方法などはなく、ただ少し効率を良くする方法があるだけなのです

そんな簡単に、効率的に、英単語覚える方法があるのなら、単語帳なんてものはありません。

むしろ英単語帳こそが単語を楽に覚える方法なのです。

もしもこの世界から英単語帳というものがなければ、皆さんは単語という武器を持たないまま長文に立ち向かうことになる、

あるいは、英語の辞書を毎日読んで、単語を覚える羽目になるのです。

単語を覚えるのに、こうしたらいいよ、覚えやすいよ、実際に使える形で覚えられるよ、というものはこの後に紹介しますが、

まず基本的な単語くらいは英単語帳で覚えてしまうことが必要だということです。

また、この時の注意ですが、英単語帳を使う時に、
一つの単語、あるいはページを完璧に覚えるまで次に進まない人がたまにいますが、単語帳の使い方としてはそれもあまりオススメしません。

単語帳はなんとなく覚えたくらいでドンドン先に進みましょうそして何周もすれば良いのです

完璧にしたと思ってゆっくり半年かけて一周しても、実は結構忘れているものもあるでしょう。

しかし、1ヶ月に一周を6回繰り返せば、当然2周目ではまだわからないことも多いでしょうが、
3周、4周とするうちに前に読んだ時分からなかったところはより記憶に残りやすくなっていき、最終的には半年で一周するよりも効率が良いのです。

上であげたのは極端な例で、6周とは言いませんが、単語帳は一周で完璧にすることにこだわらず、どんどん進めて何周かしましょう。

英単語を暗記する方法②:文章の中で覚える

最低限の基本的な単語を覚えたら、その先のさらに難しい単語帳で覚える、なんてことは必要ないのです。

あとはもう実際に長文で使われている単語で、分からない単語が出てきたらその都度調べれば良いのです。

長文の中で実際に使われる場面を見ることで、英単語を覚える時、いきなりその単語と、その単語の意味だけを丸暗記しようとするよりも

グッとイメージがつきやすく、記憶にも残りやすいのです。

ほんとはもっと言えば、上であげた単語帳を覚える段階でも、

文章の中で覚えた方が英語がそのまま使われる形で覚えるため、英語のセンスがつきやすいのです。

そうは言っても
「単語帳で勉強するときに文章の中で覚えろ、というのはどういうこと?」

そう思うのが当然だと思います。

しかし、単語をただ覚えるのではなく、文章として覚える方が効果が大きいというのが教育業界でも常識となりつつある現在では、
巷には単語帳なのに、文章になっている、そんな単語帳があるのです。

その典型的なものがDUO3.0というもので

受験英語について、難易度的には中堅〜難関くらいのレベルの単語が多く集まった単語帳なのですが、

その最大の特徴は、単語を1つの英文の中で覚えることができるということ。

全ての見出し語が、560本の例文の中に収められているのです。

これにより表面的な意味の暗記にとどまらず、生きた英語として使い方が分かるんですね。

➡DUO3.0の詳しい説明はこちら!

速読英単語シリーズもページ一面が英語長文になっており、その中で使われている単語を覚えることができる単語帳ですが、この二つだったら筆者はDUO3.0の方をオススメします。

速読英単語シリーズは単語帳というよりは速読力強化、リスニング力強化に使うのが効果的でしょう。

英単語を暗記する方法③:単語ノートで覚えろ!

上であげた文章の中で覚えろ、ということと少し重複してくることではありますが、

文章の中で単語を覚えて行く際に、自分だけの単語帳とも言える単語ノートを作るのもオススメです。

授業で扱った文章、模試で出てきて分からなかった単語、日常生活で見かけた単語

なんでも構いません。

意味がわからなかった単語は、必ずまとめて、一冊のノートにまとめるようにしましょう

そうすることで自分だけのオリジナルの英単語帳を作ることができ、

いわば自分の弱点に特化したノートになります。

これをテストの前に読み返すだけで、単語面では大きくカバーすることができるでしょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

英単語を暗記する方法が分かっていただけたでしょうか。

つまるところモノを暗記する方法については、多少効率のいいやり方、入試において覚えたことが得点に繋がりやすくなるようにする覚え方こそありますが、

なんの苦労もせずにモノを暗記する方法なんてものは存在しないのです。

英単語を覚えるには何よりみなさんのやる気が必要ですから、

まずはグッとこらえて、やる気を出して英単語を覚えてしまいましょう!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事