英語長文で点を稼ごう!英語長文問題集のススメ。

公開日:2019年06月30日

この記事では、独学で受験を乗り切ろうと考えている受験生で、

難関国公立大学を第一志望とする方向けに英語のオススメの長文問題集をご紹介したいと思います。

 

英語長文は、受験生なら毎日1文(一問)程度は読むべきです。(でないと英語力が向上するどころか、落ちてしまいます。)

もちろん、忙しい日や、そんなに英語に時間が割けない!という日もあると思いますので、
そういう日は前に一度読んだことがある文章でも読むだけでもすると良いでしょう。

 

「英語は独学で勉強したいけど、どんな参考書を使ったら良いんだろう…?」

「英語長文の問題集はもうやり尽くしてしまったけど、英語力維持のために何らかのテキストを読み続けたい」

 

あなたのこんな疑問や不安も解決すること間違いなし!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

難関国公立大学志望の学生にオススメの英語長文参考書①やっておきたいシリーズ

河合塾出版の有名な「やておき」ですが、
まだやっておきたいシリーズに取り組んでいなかったら、取り組んで見ましょう。

オススメはやておき700とやておき1000です。
(700と1000で文自体の難易度は変わらず、長さが長いかどうかなので、
自分の志望大学の過去問傾向に合わせて1000は使うかどうか決めてください)

 

難関国公立大学志望の学生にオススメの英語長文参考書②英文読解 ディスコースマーカー

 

ある程度英語長文を学習している人ならば取り組めるかと思います。

論理展開をつかむことで英文を理解するすることをモットーとしており、
「どのように長文を読むのか」を体系的に説明がされています。

 

予備校などでも口を酸っぱくしてよく言われる論理展開ですが、
予備校に通わなくともこの本に十分エッセンスが凝縮されています。

 

日本語なら「起承転結」という展開のパターンがあるように、
英語、特に近年、入試でよく使われている論説文などの論理的文章には、
論理展開のパターン(=「論型」)があります。

この論型をカギに英文の大意をつかもうというのが、本書です。

 

論理的な英文は、「論型」に従って書かれています。
この論型をはっきり示す言葉がディスコースマーカー(Discourse Marker)です。

Discourseとは「話」、Markerとは「標識」ですから、
「話の筋道を示す言葉」という意味ですが、

本書では、この話の標識「ディスコースマーカー」をもとに論型を見抜き、英文の大意をつかむ練習をします。

難関国公立大学志望の学生にオススメの数学の参考書③:ポレポレ 英文読解プロセス50

ポレポレ英文読解は英文解釈の名著です。

難しい英文解釈もうまく説明されてあり、大変分かりやすいです。

英文解釈の勉強も怠らずにやりましょう。夏までにはこの問題集は終えたいところです。

難関国公立大学志望の学生にオススメの数学の参考書④:英文読解の透視図

最難関大学を志望している学生には、こちらがポレポレよりオススメです。

その後にポレポレをやればポレポレは1日でも終わるかもしれません。

こちらの本で英文解釈はバッチリです。

ただ、そのぶん難易度は上がります。

もちろん、旧帝大、早稲田慶応、医学部程度であれば
使ってもそこまでオーバーワークにはなりませんが、

特に向いているのが京大、阪大の入試です。
京大阪大特有の下線部訳によく適合しており、
東大でも下線部訳はでますが、京大よりも簡単なので、あえてこれをする必要はありません。

ですが、やっても損はないでしょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

大阪大学や京都大学などの難関国公立大学を目指す学生に
オススメの英語の参考書を紹介しました!

 

ここまでこなすことができれば、京都大学でも大阪大学でも
合格点を取ることのできる実力はついてるはずですから、

あとは過去問含め、大学に合わせた対策を行いましょう。

 

例えばですが京都大学の英作文は
会話の空所を埋めるような英作文が近年出題されています。

 

そう言ったものに関しては上であげた参考書では対策ができませんので、
別途対策を行う必要がありますよね。

参考書をうまく活用して、独学で合格を勝ち取りましょう!

 

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事