基礎英文解釈の技術100について解説!英文和訳の得点力アップ!

公開日:2019年06月30日

皆さんは、基礎 英文解釈の技術100という参考書を知っていますか?

基礎 英文解釈の技術100は英文解釈の参考書の一つです。

 

一般的な英語の勉強の仕方(読み方)には2通りあると言われています。

とにかく文章を多く読むことで、英語の総合的なスキルを養う多読と、
文章をしっかりと構文や文法の知識から正確に読み解く精読。

 

日本の大学入試では精読(=英文解釈)が必要になるような、
日本人にとっては難解な文章が出題されることも多く
かつそこにアンダーラインが引いてあり英文和訳の問題が出ることも多いのです。

 

にも関わらず英文解釈というのは学校ではしっかり教わることがなく、
苦手とする受験生が多いのが現状です。

英文解釈の参考書では、元代々木ゼミナール、現東進ハイスクールの超有名講師である西きょうじ先生の出版した

「英文読解入門 基本はここだ!」や「ポレポレ英文読解プロセス50」
が有名ですが、それと並んで有名なのが

この「英文解釈の技術」シリーズです。

 

「英文解釈の技術」シリーズには

  1. 「入門 英文解釈の技術70」
  2. 「基礎 英文解釈の技術100」
  3. 「英文解釈の技術100」

 

の3冊があるのですが、

この記事ではそのうち真ん中のレベルの、「基礎 英文解釈の技術100」

について解説しています!

 

「英文解釈の問題集が欲しいんだけど、何か良いものはないかな…?」

「英語の和訳問題が苦手なんだけど、どうしたらいいんだろう…?」

あなたのこんな疑問や悩みも解決すること間違いなし!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

英文解釈の技術100の基本情報

 

難易度:早慶レベル

英文解釈の技術シリーズの難易度でいうと2番目のものだけあって、

基礎とついているにもかかわらず、普通に問題のレベルは高いです。

 

基本的な英単語や英文法の知識の身についていない高校1,2年生が
基礎とついているからと手を出すと痛い目を見ることでしょう。

 

分量:228ページ(100テーマ+演習問題100)

英文解釈の名著として名高い西きょうじ先生の「英文読解入門 基本はここだ!」や
「ポレポレ英文読解プロセス50」の問題数が50問であることを考えると、
英文解釈の参考書としてはかなり量が多いです。

演習までこちらの参考書で終えることができるため十分な分量だと言えるでしょう。

 

ジャンル:英文解釈

対象者:センター試験で6,7割特典できる程度の基礎力・単語力があり、かつ早慶等の難関大学を志望する学生

英文解釈の技術シリーズの中でも下から2番めに難しいものなので最低限の基礎力は必要です。

英文読解入門 基本はココだ!のような初歩的な英文解釈の参考書に取り組んでおけるとなお良いです。

 

基礎 英文解釈の技術100は早慶レベルの和訳で差をつけたい人におすすめ

基礎とついているにもかかわらず、
基礎 英文解釈の技術のターゲットは早慶クラスの大学を志望する学生です。

 

早慶レベルの英文解釈について、質量ともに十分な問題が収録されていますので、
こちらをこなすことができれば、

英文和訳の問題で、早慶の周りの受験者に大きく差をつけることができるでしょう。

 

また、同シリーズの入門 英文解釈の技術70とかぶっている内容も多いため、

取り組むならどちらかでいいでしょう。

想定では早慶くらいの大学を志望している学生で、
英語が苦手な学生であれば入門 英文解釈の技術70を、

得意な学生であればこちらの基礎英文解釈の技術100に取り組むといいでしょう。

 

入門 英文解釈の技術70を1冊目に選んだ学生で早慶クラスを志望する場合は、若干物足りない感じもしますので、

加えて、薄くてもう少しレベルの高い英文解釈の参考書(ポレポレ英文解釈プロセス50等)に取り組むといいでしょう!

 

他の英文解釈の技術シリーズについてはコチラ!
→英文解釈の技術100

→入門 英文解釈の技術70

ポレポレ英文解釈についてはコチラ!

 

基礎 英文解釈の技術100は解説が非常に丁寧!

基礎 英文解釈の技術に載っている英文の難易度は高いですが、

一方で解説はかなり丁寧になされているため、

英語が苦手でなく、最低限度の英単語・英文法の知識があれば
取り組める内容にはなっています。

 

具体的には英語のセンター試験で6、7割程度得点できる学生であれば取り組めるでしょう。

基礎 英文解釈の技術100には、文章全てに品詞(SVOC)が載っているため、
苦手な人でも分かりやすく把握できるのですね。
そうでない人にとっても、復習の際に役立ちます。

 

また、100ーマ+演習問題100とボリュームが豊富なのも嬉しいですよね。

 

英文解釈の参考書は薄いものが多いのですが、

こちらでは学習したことをそのまま演習で活かすことができるので

より定着しやすいと言えるでしょう。

 

また、到達するレベルも同じ入門とつく「英文読解入門 基本はここだ!」と比べて高く、

これ一冊で関関同立クラスには対応できますので、
多くの参考書に手を出す必要がないのも嬉しいところですね。

この参考書で学んだことが定着したらあとは実戦でもそれを使っていくだけです。

 

基礎 英文解釈の技術100の使い方

この参考書の使い方としては、英語の文章構造を理解するための
インプット/アウトプットとして使うといいでしょう。

全ての文章の解答にはSVOCまでかきこんでありますから、

どれがSVOCで、どこまでが1塊で、どこにかかっているのか、どことどこが並列なのか、

そんなことを自分なりに書き込んでから和訳をし、答えを見て、
間違っていたらそれを修正していってください。

 

ただ訳して、答えを見てずれてたら直す、そんな勉強法は絶対にやめましょう。

 

必ず訳をつくるときに自分なりに構文を分析し、訳の根拠を説明できるようにした上で
解説を読むようにしてください。

あとはこれをそれぞれのテーマごとに行い、演習問題にも取り組むだけです。

100テーマもありますからこれを繰り返していけば着実に成長が実感できると思います。

 

また、CDも付いているので、おまけでリスニングの勉強にも役立ちます。

まとめ

アルファベット, テキスト, タイプ, タイポグラフィ, 活版印刷, 文字

いかがだったでしょうか?

「ポレポレ英文解釈プロセス50」と並んで英文解釈の参考書として有名な英文解釈の技術シリーズのうちの一つ「基礎 英文解釈の技術100」

 

この記事を読んで、気になった方は

ぜひ書店で1度手にとって見てみてください!

 

あなたの英語の勉強がはかどることを願っています!

 

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

 

 

 

 

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事