理系数学入試の核心 標準編について徹底解説!理系数学の全範囲が学習できる!

公開日:2019年06月30日

みなさんは理系数学入試の核心 標準編という参考書を知っていますか?

 

理系数学入試の核心 標準編は
大学入試数学の全範囲(数1Aから数3まで)を範囲とした総合型の問題集です。

 

大学受験向けの自習教材として非常に有名で、
大学受験向けの参考書でも数多くの名著を出版しているz会の出版する参考書です。

理系数学の核心はシリーズものの参考書であり、
難関大編と標準編からなります。標準編は簡単な方の1冊ですね。

また、それとは別に文系数学の核心というのも1冊のみ存在します。

 

難関大編についての詳しい解説はこちら!

 

 

数学は大学受験において差が大きく付きやすい科目です。

大学入試の数学では数学の公式をただ丸暗記しているだけでは解けるようにはならず、

日頃からしっかりと考える力を養い、また覚えた知識を使ってアウトプットする訓練をしっかりと行う必要があります。

 

理系数学入試の核心 標準編は3年間の数学の内容が1冊にまとめられているため、
公式をすべて覚えた学生がアウトプットとして使用するのに非常にオススメの問題集です。

 

そこでこの記事ではそんな理系数学入試の核心 標準編について、解説します。

「数学の問題集が欲しいんだけど、何か良いものはないかな…?」

「数学の問題があまりできないんだけど、どうすればいいんだろう…?」

あなたのこんな疑問や悩みも解決すること間違いなし!

 

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

理系数学入試の核心 標準編の基本情報

 

 

難易度:中堅私大レベル(MARCH・関関同立レベル)

難易度は入試問題全体で見れば標準的なほうですが、決してやさしくはありません。

この問題集の問題が全て解けるようになれば、
中堅私大志望の方は過去問に行ってもいいでしょう。

 

分量:150題

問題数は難関大編が60題ということを考えると多く感じるかもしれませんが、
3年間の数学全範囲の内容で150問というのはかなり少なく、
コンパクトにまとめられていると言えるでしょう。

それだけ学習効果の高い問題が収録されているということです。

 

ジャンル:数学の問題集

対象者:
一通り数学の学習を終えて演習に入りたい理系の受験生

理系数学入試の核心 標準編は3年間の内容がコンパクトにまとまっている

理系数学 入試の核心 標準編はこれ1冊で数学ⅠAⅡBⅢの内容すべてを収録しています。

同様の数学の演習用の問題集としては
青チャートや数学基礎問題精巧シリーズなどがありますが、

それらは全3冊に分かれておりなかなか量が多く、
受験生にとっては大きな負担となるでしょう。

青チャートにいたっては3冊合わせると約1000問問題数があります。

 

一方で理系数学 入試の核心標準編ならば
3年間の内容合わせて150問という厳選された問題で、
短期間で効率よく学習を進めることができます。

 

問題数が少ないため、青チャート1000問を完璧にこなしたときと比べると
多少網羅度はおちてしまいますが

学習効果の高い問題を精選していますので十分な効果を期待できるでしょう。

むしろ入試は総合力勝負ですから青チャートをすべて完璧にするような時間があるのであれば
他の科目に時間を回す方が賢いでしょう。

 

短期間で終わらせることができるので、
夏まで部活をやっていてあまり時間の残されていない受験生にもオススメです。

理系数学入試の核心 標準編はMARCHクラスの対策にピッタリ!

理系数学 入試の核心 標準編は
レベルとしてはMARCHクラスの問題を多く収録しているため、
中堅私大の二次試験、あるいはセンター試験対策に最適な難易度となっています。

 

理系の数学の入試問題の中でも確実に点を取っておきたいものばかりが収録されているので、

 

この問題集の問題がすらすら解けるレベルになれば、
中堅私大やセンター試験の数学で合格点を取ることができるというところまで到達できます。

その後は過去問を使って志望校の傾向にあった対策をするといいでしょう。

解説は同じレベル帯の参考書と比べたら丁寧で分かりやすく、

さらに「核心はココ!」という部分でまとめられた解説を読むことで
初見の問題と当たるときにどういう思考プロセスで

考えれば問題を解くことができるのか、問題へのアプローチ法を学ぶことができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

教科書から入試標準レベルの問題へと橋渡しをしてくれる数学の問題集で
名著と名高い「理系数学入試の核心 標準編」。

3年間の数学で学習する内容が150問とコンパクトに収まっているため、
過去問前のアウトプットとして最適なのですね。

この記事を読んで、気になった方は

ぜひ書店で1度手にとって見てみてください!

あなたの数学の勉強がはかどることを願っています!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

 

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事