理系数学入試の核心 難関大編について徹底解説!理系数学の総仕上げができる!

公開日:2019年06月30日

みなさんは理系数学入試の核心 難関大編という参考書を知っていますか?

 

理系数学入試の核心 難関大編は大学入試数学の全範囲(数1Aから数3まで)を範囲とした
総合型の問題集です。

 

大学受験向けの自習教材として非常に有名で、
大学受験向けの参考書でも数多くの名著を出版しているz会の出版する参考書です。

 

その名の通り難関大を目指す学生に向けて作られた参考書のため、問題の難易度は非常に高く、
考えさせられる良い問題がまとまっています。

 

数学は大学受験において差が大きく付きやすい科目ですが、
東大京大レベルの大学になると問題が非常に難しく、
4割程度の得点で合格することも十分に可能のため、さらに差が付きやすい傾向にあります。

 

東大京大等のトップレベルの大学の数学では
数学の問題を丸暗記しているだけでは解けるようにはならず、

日頃からしっかりと考える力を養い、
また覚えた知識を使ってアウトプットする訓練をしっかりと行う必要があります。

 

理系数学入試の核心 難関大編は難易度が高く、
かつ3年間の数学の内容がコンパクトにまとめられているため、

上で上げたような学生が過去問前のアウトプットの問題集として非常にオススメの問題集です。

 

さて、この記事ではそんな理系数学入試の核心 難関大編について、解説します。

「レベルの高い数学の問題集が欲しいんだけど、何か良いものはないかな…?」

「難しい数学の問題があまりできないんだけど、どうすればいいんだろう…?」

あなたのこんな疑問や悩みも解決すること間違いなし!

 

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

 

 

 

理系数学入試の核心 難関大編の基本情報

難易度:早慶・東大京大レベル

収録されている問題のレベルは数ある数学の問題集の中でもかなり高いほうです。

 

分量:60題

問題数はかなり少なく60問とコンパクトにまとめられています。

しかしページ数にして240ページと数学の問題集としては普通の量です。
これはそれだけ解説が丁寧に書かれているということです。

また、問題数を絞っていて基本的な解放パターンのものは載っていないため、
そういった問題は別で事前に学習している必要があります。

 

ジャンル:数学の難問の問題集

対象者:東大・京大をはじめとするトップ大学を目指す理系の人

非常にレベルの高い参考書のため、
最低でも早慶を目指している学生でなければオーバーワークかもしれません。

理系数学入試の核心 難関大編はコンパクトにまとまっている

 

基本情報のところで紹介したように、理系数学入試の核心 難関大編は
60問という数学の参考書ではかなり少ない問題で構成されています。

これがどのくらい少ないのかを理解してもらうために言及しておくと、
同じ難関大向けの問題集で有名な河合塾の出版する「やさしい理系数学」は約200問で構成されています。

分量にして約3分の1です。非常に少ないですよね。

 

やさしい理系数学を終えた後にまた何百問もアウトプット用の参考書をやっている余裕は
多くの受験生にとってないはずですから、

 

やさしい理系数学をインプットとして利用した後、
過去問前にアウトプットとして取り組むのにちょうどいい分量でしょう。

 

問題数が少ない分1問の難易度は非常に高く、
1問から非常に多くのことが学べる問題が厳選して選ばれています。

解説も非常に丁寧に書かれているため

じっくりと取り組み、過去問前に少しでも多くのことを吸収しておきましょう。

 

理系数学入試の核心 難関大編の使い方

理系数学入試の核心 難関大編はかなり問題が絞られているため、
これをインプット用の参考書として使うのはあまりいい使い方とは言えません。

抜けがある上に、問題も難しすぎます。

 

こちらの問題集は難問でよく狙われるような解放パターンを一通りインプットしたあとに
それを組み合わせ使用していくというアウトプット向けの参考書として使うといいでしょう。

この記事でも何度か触れていますがこ
れをやる前のインプットとしてはやさしい理系数学がオススメです。

別解が非常に豊富で網羅度も高く、必要な解法パターンはやさしい理系数学でほぼ学べるでしょう。

 

やさしい理系数学を終えた後に、

最後の仕上げとして過去問前にこれを行えば、
自分の穴に気づくこともできますし、仕上げとしては完璧です。

 

解説はかなり詳しく、やさしい理系数学は解説が難しすぎてよくわからない部分もあった、
という方でも無理なく理解できると思います!

 

なお、60問は2問1回の全30回に分かれていて、
難易度やテーマ別にまとまっているため、
1日に1回分ずつマスターしていくと30日間で一通り解くことも可能です。

1ヶ月毎日習慣にして取り組めるといいですね。

 

また、参考書の中の「研究」という部分で、
高校範囲を超えた内容を高校生でも理解できるように説明しています

大学入試で出る問題というのは科目問わず、それを作っているのが大学の教授のため、

大学で習う内容を高校生の知っている範囲で説明したり、
大学で習う内容が背景になっていることが非常に多いのです。

そのため大学で習う内容も一部背景として知っておくと役に立つことがあるのです。

入試問題を解く際に必ずしも必要な知識ではありませんが、
数学の点数で圧倒的に差をつけたい人や、
数学そのものへの興味関心が高い人には役立つ内容となっているので

興味がある人はぜひ読んでみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

難関大志望者向けの数学の問題集で名著と名高い「理系数学入試の核心 難関大編」。

レベルの高い良質な問題が60問とコンパクトに収まっているため、過去問前のアウトプットとして最適なのですね。

この記事を読んで、気になった方は

ぜひ書店で1度手にとって見てみてください!

あなたの数学の勉強がはかどることを願っています!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事