英文読解の入門書「英文読解入門 基本はコレだ」について解説!英文解釈ができる!

公開日:2019年05月31日

皆さんは、英文読解入門 基本はここだ!という参考書を知っていますか?

大学受験の英語業界に詳しい人であれば知らない人はいない

元代々木ゼミナール、現東進ハイスクールの超有名講師である西きょうじ先生の出版した本です。

さて、話は変わって
一般的な英語の勉強の仕方(読み方)には2通りあると言われています。

文章を多く読むことで、英語の総合的なスキルを養う多読と、
文章をしっかりと構文や文法の知識から正確に読み解く精読。

こちらの参考書はそのうち「精読(=英文解釈)」にフォーカスしたものです。

日本の大学入試では精読が必要になるような、日本人にとっては難解な文章が出題されることも多く
かつそこにアンダーラインが引いてあり英文和訳の問題が出ることも多いのです。

にも関わらず英文解釈というのは学校ではしっかり教わることがなく、苦手とする受験生が多いのが現状です。

もちろん、長文のすべての文章を精読していては、時間が足りなくなってきますのでメリハリは必要ですが、

これができるだけで、多くのテストで英語の点数がグッと安定することでしょう。

さて、この記事ではそんな英文解釈にフォーカスした参考書の中で入門の一冊としてオススメな
英文読解入門 基本はここだ!

について解説しています。

「英文解釈の問題集が欲しいんだけど、何か良いものはないかな…?」

「英語の和訳問題が苦手なんだけど、どうしたらいいんだろう…?」

あなたのこんな疑問や悩みも解決すること間違いなし!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

英文読解入門 基本はここだ!の基本情報

難易度:英文読解入門レベル(日大・MARCH易学部レベル)

英文解釈の問題集の中では決して難しくはないです。

文法や単語の基本的な部分がわかっていれば無理なく取り組めるため、入門書としては最適です。

分量:50題

分量も多くないためサクッと基本を勉強したい人にオススメです。

 

ジャンル:英文解釈

 

対象者:英文解釈の勉強を始める人

長文問題の和訳が苦手、複雑な文章の意味がわからなくなってしまうことが多い、

こんな悩みを抱えて英文解釈の勉強を始める人におすすめの参考書です。

 

英文会読解入門 基本はここだ!の良いところ

この参考書には50の例題が掲載されていて、それぞれの和訳と、なぜそのような訳になるのかポイントとなる文法解説が載っています。

英語の参考書は3年間の内容を一冊にまとめようとして分厚くなるものが多いですが、

「英文読解入門 基本はここだ!」は比較的薄く、

英文解釈の基本はさらっとさらいたい人が、最低限の能力で英文解釈の基礎を身につけることができます。

 

また、掲載されている例文は文法的な難易度順に並んでいるため、
無理なくステップアップができるのも良いところですね。

知らない文法事項が出てきた場合はそこでストップして文法を勉強してから戻ってくるのも良いでしょう。

また、講義形式の参考書のため、文字が多すぎる参考書が苦手、という方でも楽しみながら勉強できます。

英文読解入門 基本はここだ!の使い方

英文解釈、英文和訳問題が苦手な方というのは単語や文章の雰囲気から大体で訳していることが多く、
一読した自分の直感から修飾語句のかかりや並列関係を決めてかかり訳していることが多いのです。

そのため、「英文読解入門 基本はここだ!」に取り組む際は
自分で和訳を作ってから、
これはこういう理由からここにかかってて、こことここが並列なんだ、ということを説明できるようにすると良いでしょう。

理由まで明確にしてから答えをみてください。

複雑な文章は並列や因果関係、修飾関係、代名詞がなにを指しているのか、など
文章内の構造をしっかりと把握しようと試みることが大事です。

一読した感じや自分のフィーリングで、単語の羅列のように訳していてはそれがたまたま当たったときだけ点数が高い、ということになり進歩しません。

そのため、必ず英文解釈の問題を解くときは自分で和訳をして、そこに対して自分で完璧でなくても構わないので根拠を説明できるようにしましょう。

そして解説を読み、間違えているところがあれば、都度吸収していきましょう。

英文読解 基本はここだに出てくる単語は易しいものが多いですが、、
簡単な単語でも意外な意味になるものがいくつか載っているので、
知らない方は都度その知識も吸収していけると良いでしょう。

単語力は英語が言語である以上どの分野でも必要となりますから英語のなにを勉強している時でも積極的にアップさせましょう。

また、注意点として英文解釈の入門書ではありますが、完全な英語初学者のための入門書ではないため、

最低限の英単語や英文法を理解していない方が取り組むには少し負担が大きいでしょう。

高校2年生くらいのレベルまでは学習してから取り組めると良いですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

『英文読解入門 基本はここだ!』は、英語の長文が読み取れなかったり、和訳に自信がない人におすすめの一冊です。

ボリュームが少ないため、時間をかけずに英文解釈の基礎がマスターできます。

この記事を読んで、気になった方は

ぜひ書店で1度手にとって見てみてください!

あなたの英語の勉強がはかどることを願っています!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事