早慶レベルの英熟語参考書ならこれ一択!偏差値70overの現役早大生の超おすすめ参考書

早慶英熟語
公開日:2019年07月17日

「シス単とかの英単語帳は勉強したけど、英熟語ができない」「早慶レベルの英熟語をもっと鍛えられる参考書ってないのかな?」「英熟語の参考書はやったことあるけど、まだまだ物足りない」

一冊目の英単語帳は終わり、次の単語帳何にしようかなと考え悩んでいると思います。

一冊目で単語に関しては覚えられたけど、まだまだ熟語が足りない。

早慶レベルを目指しているんだけど、なにかぴったりの参考書はないかなと思われてるかもしれません。

そこでこの記事では、現役で早稲田大学に合格した私が実際に使用した英熟語の参考書の

「解体英熟語」について本気でレビューしていきます!

 

これを読めば、早慶レベルに合格できる英熟語参考書である「解体英熟語」のすべてが分かります!

 

この記事を読むことのメリット

  • 早慶レベルの英熟語とは何かわかる
  • 解体英熟語のメリットデメリットが分かる
  • 解体英熟語以外の英熟語参考書との比較が分かる

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

早慶レベルの英熟語参考書はこれで決まり

解体英熟語

早慶レベルに受かりたい!

そんなあなたには、解体英熟語が超絶おすすめです!

はっきり言ってこれ以外ありえないと思います笑

というのも、早慶などの最難関大学の場合、習得しておく必要のある英熟語は1000語以上と言われています

しかし、闇雲に英熟語を暗記するだけではいけません。

必要なのは、効率よく必要な英熟語を習得すること。

「解体英熟語」膨大な過去問から、英熟語を抽出し完成されています。

「解体英熟語」は主要難関42大学の過去の入試問題とセンター試験を徹底分析して、必修527語、重要346語、上級144語(計1017熟語)を厳選して収録している。また、必修熟語とセンター頻出熟語は分かりやすくマークされているので、重点的に復習するときのガイドにもなる。

英熟語の参考書は、解体英熟語以外にも

「速読英熟語」
「システム英熟語」
「英熟語ターゲット1000」

などなど様々なものがありますが、早慶レベルに確実に合格したい方にはこれらの参考書は物足りないです。

早慶受験者必携の解体英熟語とは?

早慶英熟語参考書とは?

 

それでは、「解体英熟語」とはどのような参考書なのか説明していきます!

これを見れば、早慶に合格するために必携の参考書である「解体英熟語」のメリットデメリットと活用法が分かります!

解体英熟語の特徴

解体英熟語の特徴は、四つあります!

以下説明していきますね!

  • 理屈で熟語を理解できる
  • すべての熟語に入試問題が載っている
  • 前置詞を理解できる
  • 巻末の付録が復習に使える。

まず最初に解体英熟語の一番の特徴は、分解して熟語を理解しながら覚えられるということです!

解体英熟語

 

この画像のように、get over やtake afterの意味を分解して、前置詞の意味まで分かりやすく書いてあります!

意味を理解しながら英熟語を覚えることができる参考書はなかなかありませんよね?

 

そして二つ目の特徴として、掲載されているすべての熟語に入試問題が載っています!

習った熟語が実際に入試問題に出ていると、俄然やる気が増してきますよね?

三つ目の特徴として解体英熟語は、前置詞についてめちゃくちゃ詳しく書かれていますので前置詞まだまだ分からないよっていう受験生にこの参考書はぴったりです!

そして最後の特徴として、解体英熟語は巻末に付録がついています!

これがめちゃくちゃ使えるんです!!!

なんと付録には、見やすくコンパクトに熟語が入試問題と一緒に掲載されています!

これにより復習効率が2倍いや3倍いや8倍にも上がります。

解体英熟語のデメリット

そんな素晴らしい解体英熟語ですがもちろんデメリットもあります。

デメリットとしては、

  • 本が厚すぎる
  • ちょっと古い
  • オーバーワークかもしれない

という三点があげられます!

本当にこの参考書は厚いです。

枕になるくらい厚いので皆さんにはぜひお手に取っていただきたいくらいです笑

本が厚すぎると、時間がかかってしまい終わりが見えず挫折してしまう可能性が少し高くなってしまいますね。

しかし、しっかり分割して取り組めば確実に終わらせることができますのでご安心を!

逆にこの厚さの参考書をやったことで大きく自分の自信につながるのではないかなと思います!

二つ目のデメリットは情報がちょっと古いのではないかなということです。

情報が古いと旬な情報を問題に出してくる大学の問題に対処できないことがたまにあります。

しかし、英熟語は大体変わらないので安心してください。

長文の参考書や問題集は、特に本の発行年を気にしたほうがいいと思います。

解体英熟語のメリット

解体英熟語のメリットはこの三点です!

  • これ一冊で英熟語は完璧
  • 実践ですぐ使える
  • 暗記しやすい

解体英熟語一冊こなすことができれば、英熟語は完璧です。

これをマスターできれば英検準一級も夢じゃないレベルの英語力を身に着けることができます!

しかも中身は、暗記しやすく様々な工夫がされていますので思ったより楽しく早く簡単に早慶レベルの語彙力をを身に着けることができると思います!

先ほども述べましたが、前置詞の説明も詳しくされていて問題は実際の入試問題ですのでモチベーションも維持しながら英熟語を覚えまくることができます。

早慶受かりたいなら英熟語の参考書は「解体英熟語」

 

以上が早慶に合格するのに必要な英熟語の参考書の説明です!

この一冊をやり切れば確実に英熟語は早慶レベルになります。

私自身この参考書は、高3の6月に取り組み偏差値70は当たり前になり、英検準一級も合格できました。

それではみなさん頑張ってください!!!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事