受験生は恋愛をしても大丈夫か?徹底検証

公開日:2019年05月31日

「受験期間に恋愛ってして良いの?」

「恋人がいるけど、受験生活中はどう過ごせば良いの?」

「受験期間中は恋愛はしてはいけない?」

 

あなたは、このように考えていませんか?

 

この記事では、そのような受験期における恋愛について、様々な角度から詳しく解説しています!

 

この記事を読めば、受験期において恋愛とどう付き合えばいけば良いのか、よく分かります!

この記事があなたの受験生活の手助けとなれば幸いです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

受験期に恋愛をするメリット・デメリット

この記事を読んでいる人の中には、

「受験期に恋愛に時間を使うなんて良くないんじゃないの…?」

と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、恋愛をすることは必ずしもデメリットばかりではなく、寧ろ良い面もあります。

そこでまずはじめに、受験期における恋愛のメリットとデメリットについて考えていきます。

受験期に恋愛をするメリット

まずは、受験期に恋愛をするメリットについてです。

受験に恋愛をするメリットとしては、具体的には、

  • 勉強の息抜きになる
  • 一緒に勉強したり成績を競うなどによってモチベーションが向上する
  • 分からない問題を教え合える
  • 悩みを打ち明けられる
  • 目標に向かって努力できる

などがあります。

勉強の休憩時間に彼氏や彼女と会って話すだけでかなりの息抜きになりますし、一緒に勉強をすることでモチベーション維持成績の向上にも繋がりますね。

また、進路や成績のことなどで悩みを抱きがちな受験期ですが、
彼氏や彼女がいると、そのような悩みを打ち明けることもできます。

更に、彼氏や彼女がいる場合だけでなく、片想いの好きな人がいる場合も、恋愛を動機に成績を上げるべく努力できるなど、受験に対してメリットが挙げられます。

受験期に恋愛をするデメリット

次は受験期に恋愛をすることによるデメリットについてです。

先程は受験期のメリットについて説明しましたが、
受験期に恋愛をすることはメリットばかりではありません。

場合よってはデメリットが生じてしまう可能性もあります。

具体的には、

  • 勉強以外のことに時間を割くことになる
  • 勉強に集中できなくなる可能性がある
  • 勉強以外の悩み事が増える

などです。

受験期に彼氏や彼女と会うことは、息抜き程度なら大丈夫ですが、
それに時間を取られすぎてつい勉強が疎かになりがちなことでもあります。

また、恋愛感情に加え、恋愛には悩みはつきもので、そのような恋愛感情や悩みによって勉強に集中できなくなってしまう可能性もあります。

ただでさえ悩みを抱えがちな受験期において、更なる悩みを作ってしまうことにもなりかねません。

 

このように、受験期に恋愛をすることは、メリットとデメリットの両側面が考えられます。

受験期は彼氏や彼女とどのような距離感で過ごすべきか?

以上のように、受験期に恋愛をすることはメリットとデメリットの両方の側面がありますが、

では実際に、どのような距離感で恋愛をするかについて考えていきます。

受験期に既に彼氏や彼女がいる場合

まずは、受験期に彼氏や彼女がいる場合についてです。

受験生の中には、受験期に突入した時点で既に彼氏や彼女がいる人も多いでしょう。

そのような場合、受験期とはいえ余程な場合を除いて別れる必要はありません

ただし、これまでと違って、受験期中はお互いに会う時間を決めるなど、
勉強を優先する環境を作るように心がけ、会う際もしっかりと勉強に切り替えられるようにしましょう。

また、先ほど述べたように、一緒に勉強するのは良いことですが、その際は勉強に集中できるように気をつけましょう。

受験期にもし好きな人ができてしまったら?

次に、受験期に好きな人ができてしまった場合について説明していきます。

受験期に好きな人ができてしまった場合、
多くの人はその気持ちを伝えるかどうかで悩むのではないでしょうか。

この場合、もし告白しないとずっと悩んで勉強の妨げとなるなら、相手に気持ちを伝えた方が良いでしょう。

一方で、告白してもし残念な結果だと落ち込んで勉強に集中できなくなる可能性があるならば、受験が終わるまで告白しない方が良いと言えます。

 

このように、受験期の恋愛には、元々彼氏や彼女がいる場合や、
受験期に新たに好きな人ができてしまった場合など、様々なケースがありますが、

結局、どのような場合においても、適度な距離感を保ち、勉強に支障がないように自己管理することが大切だと言えます。

結局、受験期に恋愛をするのってどうなの?

ここまでの記事を読んだ人の中には、

「結局、受験期に恋愛をするのってどうなの?」

と考えている人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、恋愛をすること自体は構わず、寧ろ良い側面もありますが、
受験期であることをよく考えて、適度な距離感であるべき
だと言えるでしょう。

やはり受験期の一番の目標は第一志望校に合格することであり、それによって今後の人生が大きく変わり得ることなので、時間は大切にしなければなりません。

そのため、恋愛をすることが受験に差し障りのないくらいの程度に自己管理することが大切です。

受験期に入った時点ですでに彼氏や彼女がいる人や、受験期に新しく好きな人ができた人など、恋愛といっても様々なケースがありますが、どの場合においても、適切な距離感を保つことで、受験に集中することができる環境を構築しましょう。

まとめ

  • 受験期に恋愛をすることは様々なメリットとデメリットがある
  • 受験期に恋愛をするなら、適度な距離感を保つべき
  • 受験期に恋愛をする場合、受験の差し障りとならないようにすべき

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事