受験生必見!おすすめのカウントダウンサービス

公開日:2019年06月30日

「受験までの計画がなかなか立てられない」

「受験勉強のモチベーションがイマイチ上がらないので、危機感を抱きたい」

「受験までの残り日数が気になるけど、教えてくれるサービスはないの?」

 

あなたは、このように考えていませんか?

 

この記事では、主に受験生に対して、受験までの残り時間をカウントダウンしてくれるサービスについて
詳しく解説しています。

この記事を読めば、受験までのカウントダウンを行なっているサービスには
どのようなものがあるのかについて、よく分かります。

この記事があなたの受験勉強にお役立てできれば幸いです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

そもそも、カウントダウンサービスって何?

カウントダウンサービスとは、記念日や大きなイベントなど、
特定の大切な日に対して、その日が来るまでの残りの日数をカウントし、
知らせてくれる
サービスです。

 

カウントダウンを行うことによって、楽しいイベントへ気持ちを高めたり、
大切な物事への緊張感を高めたりすることができます。

 

その中でもよく利用されるのが、受験に対するカウントダウンサービスです。

 

そしてこのようなカウントダウンサービスには、様々なものが存在します。

 

そこでこの記事では、
受験に対する様々なオススメのカウントダウンサービスを紹介していきます。

受験生にオススメのカウントダウンサービス①:カウントダウンアプリ

受験へのカウントダウンサービスとしてまずオススメなのが、
カウントダウンサービスを行うアプリです。

現在インターネットが発達している中、
様々なカウントダウンアプリが無料でインストール可能となっています。

 

その中で、「センター試験 カウントダウン」「受験タイマーJr」など、
特に受験に特化したカウントダウンアプリも存在します。

 

また、「スタディプラス」などの勉強管理アプリなどにも、
カウントダウン機能が付いているものが多くなっています。

このようなカウントダウンアプリを有効活用することで、
いつでもスマホで手軽に入試までの残り日数を知ることができます。

受験生にオススメのカウントダウンサービス②:Twitterのカウントダウンbot

次に紹介するのが、Twitterにおけるカウントダウンbotです。

botとは、SNSなどのインターネットサービスにおいて自動でタスクを行う仕組みのことで、
特にTwitterにおいて自動で呟くアカウントとしてよく見られます。

そしてTwitterでは、毎年有志によって入試に向けたカウントダウンbotが作成されます。

 

特にセンター試験カウントダウンbotは有名で、毎年多くの受験生がフォローし、利用しています。

 

Twitterのアカウントを持っている受験生は、このようなbotを利用することで、
手軽にカウントダウンサービスを利用できるのです。

受験生にオススメのカウントダウンサービス③:スケジュール帳・スケジュール管理アプリ

最後に紹介するのが、自分でスケジュールを作成し、
そこに受験まであと何日かを書き込むという方法です。

 

スケジュール帳に「センター試験まであと100日」「2次試験まであと50日」などと記入することで、
自分だけのカウントダウンを作成することができます。

また、最近はスケジュール管理アプリなどもあり、
大事なイベントについて予め知らせてくれる機能などもあります。

このように、スケジュール帳やスケジュール管理アプリなどを利用するのもオススメの方法です。

まとめ

  • カウントダウンサービスとは、特定のイベントまでの残り日数を知ることができるサービスのこと
  • アプリやTwitterを活用する、自分でスケジュール帳を作るなど、様々な方法によって受験へのカウントダウンを行える
  • カウントダウンを活用して、モチベーションを高めましょう!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事