山手線沿線の大学一覧!都内できらきらキャンパスライフを送れる! 

公開日:2019年07月19日

 

「大学に進学してテレビやドラマで見た夢のキャンパスライフを満喫するぞ!」
「大学に入ったら勉強も遊びも恋愛もいっぱい楽しみたい!」
「大学では専門分野について深く研究して興味のある学問に没頭したい!」

そんなこと思って受験勉強に励んでいる高校生の方は多いのではないでしょうか?

 

かくいう筆者も受験生の時にはもっぱら憧れのキャンパスライフを夢見て勉強に励んでいました・・・

 

そこで!

今回はそんな受験生の勉強のモチベーションをあげるためにも、憧れの大学生活を送るうえでの注意点やその方法をご紹介したいと思います。

 

都内の大学に進学しようと考えている、東京にはいっぱい大学があるけどどこを選べばいいのか分からないといった高校生の皆さんはぜひこの記事を読んでみてください!

 

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)


 

都内には大学がいっぱい!山手線の沿線の大学はやっぱり便利!

数式

都内の大学に進学しようと思っている方にはこんなことを思っている方も多いと思います。

この点に関して、大学生活を送れるか否かはそのキャンパスの立地によってかなり左右されるということには注意が必要です

なぜなら大学生活においては自分の通う大学を中心に生活スタイルがおのずと決まってしまうからです。

 

例えば郊外の大学では周りには飲食店やカフェが少なく、またバイトをしようにも自分がやりたい職種があるとは限りません。

 

遊ぶにしてもバイトするにしても選択肢が少なく本当にやりたいことができなくなってしまうのです。

 

そのためできるだけ都心の方の大学を選ぶことをお勧めします!

山手線の沿線の大学で夢のキャンパスライフ!

クラッシック 眼鏡 本

逆に都心の方の大学では、多くの飲食店やカフェがあります。

またあちこちに大きな本屋があり、探している教科書や参考書も大抵手に入ります。

 

実際、筆者が通っている早稲田大学は新宿区に位置し、キャンパスの周りには多くの飲食店やカフェ、本屋が存在します。

そのため早稲田生は昼休みや授業の合間にキャンパスの外に出て毎日違った飲食店で様々なご飯を食べに行くのがほとんどで、大学の学食に行くことがほとんどないくらいです。

 

またカフェが多く存在し、そこにはいつも多くの早稲田生がパソコンを広げ授業のレポートを作成していたり、難しそうな専門書を読んで勉強したりしています。

 

さらには早稲田生のみが無料で利用できるという夢のようなカフェも何軒も存在するのです。

大学から少し移動すれば新宿に行けるので、授業後に居酒屋に飲みに行ったり、映画を見に行ったりと遊びについても申し分ないのです。

皆さんが夢見ている大学生活というのはまさにこのようなものなのではないでしょうか?

これが都心の大学を選ぶメリットなのです!

 

山手線沿線の大学一覧はどういうところがある?

図書室で本を探す男

それでは都心の大学とはどういう大学があるのでしょうか?その見分け方をお教えします!

 

その見分け方はずばり山手線の沿線やその周辺の大学を選ぶことです。

 

山手線は東京の真ん中をぐるりと一周し、多くの通勤通学客が乗り降りします。

 

新宿、渋谷をはじめ、巨大なターミナル駅が数多く存在し、これらを起点にJRはもちろんのこと、いくつもの私鉄、地下鉄が各地域に伸びている。

 

まさに首都圏鉄道網の大動脈といえるのです。

 

山手線沿線にある大学は次の通りです。

  • 日本女子大学/目白キャンパス(目白駅)
  • 学習院女子大学(高田馬場駅)
  • 早稲田大学/西早稲田・戸山・大久保校舎(高田馬場駅)
  • 文化女子大学/新都心キャンパス(新宿駅)
  • 清泉女子大学(五反田駅)
  • 立正大学/大崎校舎(五反田駅)
  • 共立薬科大学/芝校舎(浜松町 駅)
  • 川村短期大学(目白駅)
  • 富士短期大学(高田馬場駅)
  • 東京文化短期大学(新宿駅)
  • 文化女子大学短期大学部/新都心キャンパス(新宿駅)
  • 青山学院女子短期大学(渋谷駅)
  • 杉野服飾大学短期大学部(目黒駅)
  • 東京音楽大学(池袋駅)
  • 立教大学/池袋キャンパス(池袋駅)
  • 東京交通短期大学(池袋駅)
  • 学習院大学(目白駅)
  • 日本女子大学/目白キャンパス(目白駅)
  • 川村短期大学(目白駅)
  • 学習院女子大学(高田馬場駅)
  • 早稲田大学/西早稲田・戸山・大久保校舎(高田馬場駅)
  • 富士短期大学(高田馬場駅)
  • 共立薬科大学/芝校舎(浜松町駅)

そして山手線の各駅の周辺は都内でも特ににぎわっており、多くのお店やレジャー施設、図書館などの学習スペースが存在し、

先に述べたような憧れのキャンパスライフを満喫することができるのです。

 

山手線沿線の大学で、かけがえのない大学生活を満喫しよう!

カフェ 勉強 おしゃれ

多くの人にとっては大学が最後の学生生活となります。

そしてその最後の大学生活とは4年間というとても長い時間が与えられます。

そこでは中学や高校と比較して比べ物にならないくらい自由度が高く、多くの経験をすることができるのです。

反対にそれらの時間をどう使うのかはその人次第です。

最後の学生生活、そしてたった一度の大学生活をかけがえのないものにできるかは大学選びから始まっているといってもいいでしょう。

 

山手線沿線の大学一覧 まとめ

友人とクリエイティブな談笑

この記事では憧れの大学生活を送るうえでどの大学を選べばいいの?という問題について述べてきました。

まとめると・・・

できるだけ都心の大学を選ぼう!
→郊外と比べ都心にはお店や交通機関が充実でやりたいことに関して選択肢がいっぱい。

その中でも山手線の沿線を中心に大学選びをしよう!
→都内では山手線が中心に回っているといっても過言ではない。

かけがえのない大学生活に!
→大学生活は自由度が高く、時間もいっぱい。しかし、充実した日々を送れるかはあなた次第。最初で最後の大学生活をかけがえのないものにしよう。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)


 

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事