関西大学志望の人におすすめの併願校まとめ!あなたが受けるべき大学が分かる!

公開日:2019年04月22日

関関同立の1つである関西大学。

少し前まで関東でいうMARCHと同程度の中堅私立群として有名だった関関同立ですが、

近年様々な理由により難易度・偏差値がどんどん上がり、学部によっては早慶レベルになることも。
(MARCHも難化しているのですが。)

2018年度入試では定員厳格化の影響をもろに受け

今度もこのまま高い難易度の入試が続くことが予想されます

そんな人気で、合格するのが難しくなっている関西大学を受験する学生であれば、

どんなに力のある学生であっても、

もしかすると…ということがあるのが受験というものです。

本番は何が起こるか分かりません。

そのため、関西大学を目指す学生であれは、

しっかりと併願校について考えておく必要があるのです。

また、第一志望の受験当日に、すでに合格を持っているのといないのとでは精神的に大きな差があります。

本番にいつも通りの実力を発揮するためにも、

しっかりと併願校について考えておきましょう。

そこでこの記事では関西大学を第一志望とする受験生のために、併願にオススメの大学を紹介しています!

「関西大学を第一志望にしているんだけど、どこを併願校したらいいんだろう…」

「関西大学との併願ではどこ大を併願している人が多いんだろう…」

あなたのこんな疑問も解決すること間違いなし!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

関西大学を受験する学生にオススメの大学①:同志社大学

同じく関関同立の1つである同志社大学。

一般的に関西大学よりもレベルが上である同志社大学。

そのため関西大学第1志望なのに同志社大学を併願するの?とと思った人も居るいるかもしれませんが

自分の志望校の前にそれより難しい大学を受けることができれば

いざ自分の本番を迎えた時にかなり楽に感じると思いませんか?

そういう意味で自分の第1志望よりも難しい大学を併願として受けておくことも意味があるのです。

 

また、関西大学にどうしても行きたいというこだわりがないのであれば、

入試日程が関西大学よりも後であっても、同志社大学を受けておいて受かってしまったら儲けもの、ということで出願する学生も多くいます。

日程的には2018年度入試では、一概には言えないのですが、

だいたい全学部入試が同志社大学の方が早く、学部ごとの一般入試は同志社大学の方が遅いという感じでした。

さらに、これが一番のポイントなのですが、

同社大学の入試問題は関西大学の入試問題とよく似ていることで有名です。

本番慣れという意味だけでなく、実際に似たような問題が出るという可能性もあり、非常にオススメなのが同志社大学の併願です。

関西大学を受験する学生にオススメの大学②:立命館大学

同じく関関同立の1つである立命館大学。

関関同立の中では比較的入りやすい方である関西大学と最も難易度が近いのが立命館大学です。

立命館大学は特別問題の傾向が似ているなどそういうわけではありませんが、

同じようなレベルで、似た学部が揃っていることから、立命館大学も併願する人が多いです。

例えば、

「商学部にどうしても入りたい、そして第一志望が同志社大学の商学部だ」
という方は、

同じレベルの商学部を探すと思いますが、
関西大学は当然受けるとして、

関関同立のうちから1つじゃ不安なので一緒に立命館大学も受ける、という人が多いです。

そのためレベル的にという以上の理由はないのですが立命館大学の併願もおすすめです。

関西大学を受験する学生にオススメの大学③:龍谷大学

産近甲龍というか関関同立よりも若干レベルの差がある私立大学群である産近甲龍のうちの一つと龍谷大学。

一般的に、関関同立を受ける学生が少し下のレベルであれ併願校選ぶときに産近甲龍ならば
どこでも構わないのですが、

関西大学に限ってはその中で最も問題形式が似ているため、龍谷大学が一番おすすめです。

例えば英語で言えばどちらも長文と会話文がメインのマーク試験で、
龍谷大学には多少の整序英作文が出てくるぐらいであとは問題形式が似ているので対策はほとんどいらないでしょう。

志望学部の受験日程にもよりますが、本番に慣れるための練習としても、抑えるための滑り止めとしても非常にオススメの大学となっています。

必ず一つはこのあたりの大学から選び、合格を持っておきましょう。

これが本番で自分の実力を最大限発揮することにつながります。

おまけ:関西大学の併願校は関西大学!?

関西大学というのは関西の私大では圧倒的な知名度を誇り、

年々人気や合格難易度も上がっている非常にブランドある大学です。

関東で言えばMARCHのように知らない方はいないでしょう。

そのため、もちろんみなさん勉強したいことがあって関西大学を受験するのですが、

それ以上にとにかく関西大学に入りたい!

学部はどこでもいいから関西大学に入りたい!

という学生が多いのも正直なところ。

このような学生にとっては、
関西大学の第一志望の学部に落ちてしまって、そのほか立命館大学の第一志望の学部と関西大学の別の学部に受かった場合は当然関西大学に行くでしょう。

そのため、どうしても関西大学に行きたい学生は

他の大学との併願よりも関西大学を学部ごとに何回も受験して併願するのです。

ただし、この場合でも1つは上で紹介した龍谷大学のような滑り止めを受験しておくことは忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

皆さん第一希望の大学を決めるともうその大学しか見えない、勉強!!!

となるのは良いことなのですが、

併願校選びというのは実は非常に重要なのです。

しっかりとした併願校選びをして、第一志望の前に抑えを持っておくことは

第一志望の受験当日の心の余裕に直結してくるのです。

早め早めに併願校選びを済ませて、

あとは第一志望合格に向けて走り出しましょう!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事