早慶に受かるには?早慶現役合格者が解説します!

早慶 
公開日:2019年07月21日

「早慶に行って素敵な大学生活を送りたい…」
「早稲田・慶應ってなんかかっこいい…」
「私立の最高峰の大学に行きたい…」

「でも学力が足りない…」
「めちゃめちゃ勉強しなきゃ…」
とお悩みではないですか??

いきなりですが、早慶に受かるためには、ただ勉強するだけでは足りません!

では、どうするの??と思った方、ご安心ください!!

早慶両方に現役合格した、この私が実体験を踏まえて、完全解説します!!

この記事では、早慶に合格したいのだけど、
どうすればいいの?
とお悩みの受験生の皆さん向けに、
早慶の問題の特徴から
必要な戦略、勉強法について完全解説します!!

この記事が受験生の皆さんのお役に立てば嬉しいです。

この記事を読むメリット

  • 早慶の問題の特徴がわかる
  • 早慶の合格に必要な勉強・戦略がわかる
  • 早慶に合格するのに必要なプラスαがわかる

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

早慶に受かるために問題の難易度を知ろう

問題の難易度

早慶に受かるために、まず試験の難易度から考えてみましょう。

早慶の問題は…

一言でいえば「難しい」です。

難易度が高いので、かなり対策をしていないと合格ラインに到達するのは難しいでしょう。
ただ、逆にいうと、しっかり対策をしていれば合格は十分可能です。

じゃあ対策すればいいの~??
と思った方、さっそく解説していきます!

早慶の難易度が丸わかり!旧帝大・マーチと徹底比較【偏差値一覧付】

早慶に受かるために必要なこと

早慶受かるのに必要なこと

早慶ともに問題の難易度が高いので、受かるには難しい問題をたくさん解いた方がいいのだろうと考えたのではないでしょうか?

ちょっとまってください!!

難しい問題を解くために必要なことは難しい問題を解く訓練ではありません。
基礎を完璧にすることが最短の近道です!

では基礎が完璧になっているとは、どのような状態か。

それは…

”教科書・単語帳に載っている情報を即座に返せること”
”センターレベルの問題であったら85%以上とれる状態のこと”
です。

この状態になって初めて、難しい早慶の問題に太刀打ちできる状態になります。

早慶に受かるための戦略

早慶合格に必要な戦略

大筋としては
基礎固め→難問に挑戦して、問題のレベルになれる→過去問でさらに演習・志望校別対策
になります。

それぞれの段階で注意すべきことを紹介します。

基礎固め

基礎固めというのは、
「教科書・単語帳に載っている情報を即座に返せる状態になる」
「センターレベルの問題であったら85%以上とれる状態になる」
ことです。

ここは根気よく、教科書や基礎レベルの参考書を反復して、学習するしかないです。
何度も何度も反復しましょう。

ある程度(教科書・参考書2~3周)勉強したら、次は演習してさらに定着させましょう。
インプットとアウトプットをどちらもすることで、知識は定着します。

使用する問題集はセンターレベルの問題で大丈夫です。
こちらも反復してやりましょう。

仕上げに、センター形式のマーク模試やセンターの過去問を解いください。
85%以上取れれば、この段階はクリアです。

取れなかった場合は、まだ基礎が固まっていない可能性が高いです。
もういちど、うろ覚え・自身のない箇所を点検・確認したのちに、
もう一度センター形式の問題に挑戦しましょう。

高3の夏休み明けまでにこの状態にいるのが理想です。
遅くとも、高3の秋までにはこの段階になっておきたいです。

(合わせて読みたい)
英語のおすすめの参考書〜中堅私大編〜 センターや中堅私大の二次対策ができる!
数学のおすすめの参考書〜中堅私大編〜 センターや中堅私大の二次対策ができる!
物理のおすすめの参考書〜中堅私大編〜 センターや中堅私大の二次対策ができる!
化学のおすすめの参考書〜中堅私大編〜 センターや中堅私大の二次対策ができる!

応用演習

基礎が完璧になったら、
次は応用問題に慣れるために、
応用問題を解いていきます。
ただ、高3の10月以降に、やっとこの状態になるなど、
時期的に厳しいなと感じたら飛ばしても大丈夫です。
すぐに過去問に挑戦してください。

具体的に、何をするのかというと、
まずは志望校の過去問を一年分解いてみましょう。
きっと、あまり解けないと思います。
今まで解いてきた問題とのレベル差に愕然とするでしょう。

ただ、全く解けないわけではなく、
ある程度得点はできると思います。

この「少しだけでも解けた!」という感覚が大切です。
自信にしてください。

次に、難しめの問題集(早慶・難関国公立レベルの問題が多く記載されている問題集)を解いて、難しい問題に慣れていきます。
何問か解いていくうちに、
応用問題も基礎問題の組み合わせでしかないことに気づくでしょう。
一見すると、難しい問題もパズルのようになっていて、
ところから解いていく感覚を養うことが大切です。

問題集を2周ほどすれば十分かと思います。
難しい問題に嫌がることなく、取り組めるようになりましょう。

(合わせて読みたい)
やっておきたい英語長文500について解説!中堅私大レベルの長文対策ができる!
早慶レベルの英文法参考書を紹介!早慶に受かりたい人ならこの参考書は必携です。
早慶レベルの英熟語参考書ならこれ一択!偏差値70overの現役早大生の超おすすめ参考書
理系数学の良問プラチカ数学 ⅠAⅡBについて徹底解説!ⅠAⅡBの対策はこれ1冊で!

過去問演習

さて、とうとう最終段階です。

この段階に到達したころにあなたは

「基礎問題はほぼ完璧に解ける」
「応用問題もある程度解ける」
という状態にあると思います。

最後は仕上げになります。
ここで使うのは過去問です。

志望校の過去問を解き、復習をして、足りない知識を補強して…
をひたすら繰り返します。

ポイントは過去問を解いて終わりにしないということです。
復習が大切ということです。

間違えたところ・わからなかったところを
ノートにまとめておきましょう。
そして、このノートを復習して、勉強して覚えていきます。
次の過去問を解く直前にも確認して、
それから過去問を解くという流れを確立しましょう。

これを繰り返すうちに、合格ラインに到達するはずです。

早慶に受かるためのプラスα

タイムマネジメント

戦略は先ほどかいた通り、
基礎固め

難問に挑戦して、問題のレベルになれる

過去問でさらに演習・志望校別対策
の手順で勉強を進めることです。

これらを実現するのに大切なことあります。

それは…

しっかりと時間を管理することです。
”タイムマネジメント”とよく言われます。

タイムマネジメントのコツは
使える時間を明確化することです。

まず初めに、昨日の一日を起きてから寝るまで、
何時から何時まで何をしていたのか、書きだしてみましょう。
自分の使える時間が明確化され、
自分が無駄に過ごしていないか確認できます。

そうして、無駄にしてしまったところを反省して、次に生かしましょう。
毎晩、今日の一日を振り返る時間を作ると、
時間を有効活用できるようになるので、
ぜひやってみてください。
15分で終わります。

以上となります。

まとめ

本日のまとめ
・早慶の問題は難しいが、決して解けない問題ではない
・早慶に受かるためには基礎力が必要
・早慶に受かるためにはタイムマネジメントも大切
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事