徹底解説!受験生の休日の過ごし方

公開日:2019年04月30日

「受験生の休日はどう過ごせば良いの?」

「予備校が休みの日はどのくらい勉強すれば良いの?」

「休みの日のおすすめの気分転換について知りたい!」

あなたは、このように考えていませんか?

この記事では、主にそのように悩む受験生に向けて、受験期の休日の過ごし方について解説しています。

この記事を読めば、受験期の休日の過ごし方としてどのような選択肢があるのかがよく分かり、受験期の生活がより良いものとなること間違いなしです!

この記事があなたの受験勉強の手助けとなれば幸いです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

受験生は休日にどのくらい勉強すべきか?

大学受験する場合、現役の受験生・浪人生にかかわらず、一年間のほとんどの時間を受験勉強に費やすことになります。

しかし、学校や予備校が休みの日もたくさんありますよね。

そのような時であっても、やはり受験生なので家や自習室で勉強することが多いですが、時には気分転換も必要でしょう。

休日に少し時間を使って気分転換をすることで、普段の勉強の効率を格段に向上させることができます。

そこで、この記事では、まずはじめに受験生は休日にどのくらい勉強し、どのくらい気分転換に時間を使って良いか?ということについて解説します。

先ほど述べたように、受験生も時には気分転換が必要です。

しかし、基本的に休みの日も勉強に時間を費やすことになります。

そこで、どれほど休日の時間を気分転換に費やして良いかについてですが、結論から言うと、これは人それぞれ違ってきます

具体的には、自分の第一志望校の難易度と現在の学力を照らし合わせた時に、今の自分がどの程度到達しているかによる、ということです。

つまり、休日の気分転換によって勉強時間の妨げとなることがないように(勉強の効率の向上に繋がる程度に)自分でよく考えながらバランスを取るべきなのです。

とはいえ、適度な休憩は普段の勉強の効率を非常に向上させ得るので、第1志望校の合格に必要な学力にあまり届いていない受験生であっても、休日を有効に利用して適度に息抜きをすべきでしょう。

二浪の受験生は成人式には行くべき?

では、先程受験生は休日に適度に息抜きをするべきだと説明しましたが、受験生の息抜きとして度々話題になるのが

「2浪の受験生は成人式に行くべきか」

ということです。

成人式やその時にある同窓会はやはり一生思い出に残るようなイベントなので、行きたいと思う人が多いはずです。

一方、成人式はセンター試験の直前にあるため、1分1秒でも無駄にしたくない気持ちも強い時期なのではないでしょうか。

そのようなことを考えると、やはり2浪の受験生は成人式や同窓会に参加するのは諦めることをおすすめします。

確かに成人式や同窓会のために1日や2日無駄にしたとしても、そこまで結果には影響しないといえばそうかもしれません。

しかし、ライバルである周りの受験生が勉強している中成人式や同窓会に行っても、心の片隅に常に焦りが生じてしまい、素直に楽しめないですよね。

また、もしセンター試験で失敗してしまった場合、やはりあの時成人式に行っていなければ、と強く後悔してしまうでしょう。

このように、2浪の受験生は、残念だとは思いますが、やはり成人式や同窓会には行かないことをおすすめします。

その代わりしっかりと勉強をし、第1志望校の合格を是非手に入れ、新生活から思い切り楽しみましょう!

受験生の休日のおすすめの気分転換はこれ!

それでは最後に、受験生におすすめの休日の息抜き法について解説していきます。

休日に息抜きをする場合、やはり普段の勉強によって疲れているところをほぐすような息抜き法がおすすめです。

具体的には、

  • 勉強によって疲れている目を休める
  • 普段座りっぱなしのため体を動かす
  • 頭を使っているので糖分を取る
  • 普段1人でいるため友人と会話する

などです。

このように普段の受験勉強によってできずにいる様々なことを休日の気分転換に行うことで、非常に良い気分転換となり、普段の勉強効率が格段にupすること間違いなしです!

まとめ

  • 受験生は休日もしっかりと時間を有効に使って勉強すべきだが、時には気分転換も大切
  • 2浪の受験生が成人式やその同窓会へ行くのはおすすめしない
  • 目を休める、適度に体を動かすなど、普段の勉強の疲れをほぐすような息抜きを心がけましょう!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事