スタディサプリの評判は?その特徴や実績、口コミなど徹底解説!

公開日:2018年12月14日

「スタディサプリという言葉をよく聞くけど、どんなサービスなの?」

「スタディサプリの評判ってどうなの?」

「スタディの合格実績はどうなんだろう?」

あなたは、そのように思っていませんか?

この記事では、そんなスタディサプリの評判について、実際の口コミを参考にしながら、様々な角度から詳しく解説しています。

この記事を読めば、スタディサプリの評判についてよく分かります!

この記事があなたの受験勉強の手助けとなれば幸いです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

そもそも、スタディサプリとは?

スタディサプリの評判について解説するにあたって、まずはじめに、

「そもそも、スタディサプリって何なの?」

ということから説明していきます。

スタディサプリとは、インターネットを通して、映像授業を配信しているサービスです

月額980円を払うだけで4万本以上の授業動画が見放題であり、非常にコストパフォーマンスの良いサービスだと言えます。

かつては「受験サプリ」と呼ばれていましたが、現在は受験生に限らず、小学4年生〜高校2年生に向けても授業が配信されており、個人的な使用だけでなく現在なんと全国でおよそ700校もの高校で利用されています。

スタディサプリを利用することで、大手予備校が無いなど学習環境が充実していない地方に住んでいる受験生であっても、オンラインで人気講師の授業を受けることができます。

また、スタディサプリによって、移動時間などの隙間時間も授業を受けてインプットを行うことができ、時間を非常に有効活用することができます。

このように、スタディサプリは、うまく活用すればとても便利なサービスです。

スタディサプリの合格実績はどうなの?

では、スタディサプリの合格実績はどうなのでしょうか。

スタディサプリの公式サイトによると、2018年度の合格実績は以下のようになっています。

<国公立大学>

東京大学・・・83人

京都大学・・・109人

一橋大学・・・44人

大阪大学・・・147人

東京工業大学・・・49人

九州大学・・・95人

名古屋大学・・・165人

神戸大学・・・121人

東北大学・・・100人

北海道大学・・・93人

<私立大学>

早稲田大学・・・1144人

慶應大学・・・550人

上智大学・・・639人

東京理科大学・・・1078人

明治大学・・・1787人

青山学院大学・・・826人

立教・・・1256人

中央・・・1362人

法政大学・・・2159人

関西学院大学・・・947人

関西大学・・・1591人

同志社大学・・・1040人

立命館大学・・・1447人

これを見ると、合格実績の高さがよく分かりますね。

また、中には他の予備校に通わずにスタディサプリだけで難関大学に合格した人もいるようです。

このように、スタディサプリの合格実績は信頼するに十分な高さだと言えるでしょう。

スタディサプリの評判は?

ここまでの記事を読んだ人の中には、

「結局、スタディサプリの評判ってどうなの?」

と疑問に思っている人も少なくないのではないでしょうか。

そこで、最後に、スタディサプリ評判について見ていきます。

まず、その利用者数ですが、スタディサプリは現在、なんと受験生の2人に1人が利用しているほど人気のあるインターネット予備校となっています。

確かに「人気がある=良いサービス」とは限らないですが、これだけの数の受験生が利用しているということで、信頼度は高くなるでしょう。

さらに、スタディサプリについてネットの口コミを見てみました(参考文献:塾ナビ)。

まず、そこでのスタディサプリの評価を見てみると、5点中3.30点となっています。

これは、大手予備校である駿台が3.41点、河合塾が3.31であることを考えると、それなりに高い値だと分かります。

そこで、口コミを見てみると、

「料金が格段に安い」

「授業が分かりやすい」

「分からないところだけを短時間で学習できる」

などプラスな声が多数見られました。

一方で、マイナスな声としては、

「映像授業なので質問などが気軽にできない」

というものが多かったです。

確かに、スタディサプリは完全映像授業制のため、一般的な予備校のように気軽に質問をすることができません。

これはデメリットの一つと言えるでしょう。

さらには、

「自宅で自分のペースで勉強を進めることになるため、自己管理能力が問われ、向き不向きがある」

というものが多く見られます。

実際に、スタディサプリは完全に自分のペースで、かつ主に自宅で学習を進めることになるため、自己管理ができない人はだらけてしまいます。

ただし、これはあくまでも受験生側の問題であり、スタディサプリのサービス自体に欠陥があるという意味ではないので、自己管理能力がしっかりしている人にとっては問題ないことですね。

まとめ

・スタディサプリとは、オンラインで映像授業を配信しているサービスで、月額980円を払うだけで4万本以上の授業動画が見放題となっている

・スタディサプリの合格実績は良く、難関大学合格者を多数輩出している

・現在、2人に1人の受験生がスタディサプリを利用している

・口コミを見てみると、スタディサプリの評判は大手予備校並みであった

・スタディのデメリットとして、気軽に質問できないことが挙げられる

・また、スタディサプリは自分で能動的に取り組む必要があるため、しっかりとした自己管理が必要

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事