予備校でのいじめが辛いと悩んでいる、浪人生のあなたへ。解決策を2つ紹介

公開日:2018年08月31日

 

あなたは今、浪人生毎日予備校に通っていて
予備校でいじめられてしまっていて困っていませんか?

そして、なかなかチューターや親にも相談することができず、悩んでいるんではないでしょうか…

この記事では、もしそうなってしまった場合、必ず今すぐ親やチューターに相談すべき理由を解説しています。

この記事が、あなたの辛い日々を解決する手がかりとなりましたら幸いです。

浪人生で予備校でいじめにあってしまったら親にはかならず相談しよう

相談をするのは勇気がいるかもしれませんが、親には必ず相談しましょう。

「このことを打ち明けたら、親を心配させてしまうかもしれない…」と思うかもしれませんが
親にとっては、相談もしてくれないままずっと悩み続けていて
事態が深刻になってから「実は前々からこんな感じだったんだ」って打ち明けられたり

受験が終わってから、「実は浪人中はこんなことがあって、思い悩んでいたんだ」と言われる方が、

親として、何もしてやれなかった自分の無力さを実感してしまい、はるかに後悔が残ります。

もし、『親を心配させるわけにはいかない』と思って我慢しているのであれば
親を心配させないためにも、必ず相談をしましょう。

いじめの程度の大小によって、さすがに相談した方がいいのか、相談するとまでなると大げさかな…などと判断してしまいたくなる気持ちもわかりますが

当事者であればその感覚というのはだんだんと麻痺してしまいます。

本人としては「このくらいならまだ我慢できる」と思っているようなことであっても
はたから見れば相当ひどい事態になっている場合もありますので、必ず相談しましょう。

 

浪人生で予備校でのいじめを親やチューターに相談できないなら電話相談から

もし、何らかの理由でどうしても親やチューターに相談する気になれないなら

国がやっているいじめの電話相談を使うのも一つの手です。

 

電話相談であれば、 24時間いつでも電話をかけるだけで市の人が対応してくれます。

 

電話ごしで顔が見えない見ず知らずの相手だからこそ話せることというのもあるでしょう。

 

 

話すだけでも、気持ちの半分とまではいかなくても、2割ぐらいは心が軽くなるでしょうし

何か事態が好転するかもしれません。

 

今持っているスマホから電話をかけるだけなので、親やチューターにどうしても相談できないというなら

まずは電話相談だけでも今すぐ活用すべきです。

国がやっている、いじめ電話相談のホームページへ行く

浪人生で予備校でいじめられてしまった場合でも、相談してみれば意外となんとかなる


もし、相談してみて、自分が予備校をやめることになってしまった場合
せっかく今年の春に親に70万もの大金を払ってもらったのに
それが無駄になってしまうかもしれない…なんて不安を感じてしまうかもしれませんが

大丈夫です。あなたが考えているよりかも、意外となんとかなります。

関わりたくない相手とはクラスを分ける、といった対策をしてくれたり
近くの別の校舎に料金はそのまま移動させてくれたり、といった対策もとってくれるでしょう。

辛いと感じているのならば、
「親に相談してもどうしようもない」と自分の中で抱え込んでしまうのではなく
しっかりと相談することが大切です。

予備校での浪人生のいじめ まとめ

以上、この記事では浪人中に予備校でいじめられてしまい辛い日々を送っているあなたに向けて、参考となることを説明してきました。

くれぐれも、一人で
「このくらいはギリギリ我慢できるから…」などと言って抱え込むのではなく

今日中にかならず親やチューターに相談するか、

それができなかったとしても電話相談を活用するようにしましょう。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事