予備校で伸びる人と伸びない人・成績が上がらない人の違い

公開日:2018年08月07日

大学受験を目指して予備校に通う場合、同じ授業を受けているのに成績が伸びる人と伸びない人がいます。
授業を欠席したり自分で勉強をしない人であれば、成績が伸びないのは当然です。

予備校は高校とは違い、勉強をするように“強制”されることはありません。授業に出席したり自主的に勉強をするか否かは、すべて自分で決めることができます。

予備校では学習意欲の差が成績の差に直結します。
真面目に講義に出席していたとしても、空き時間や休日の時間の過ごし方によって差がついてしまう場合があります。

中には真面目に授業に出席して自習室などで長時間勉強をしているにも関わらず、成績が伸び悩む受講生も少なくありません。

予備校で真面目に授業に出席をして毎日長い時間をかけて勉強をしていても成績に大きな差が出てしまうのは、学習方法の違いが原因です。
偏差値を上げるためには、実践力が求められます。
授業に出席してノートをまとめたり教科書や参考書を読んでも、実践力は身に付きません。
模擬試験や入試本番でライバルと差をつけるためには、試験時間内に正答を得るための実力が必要です。

予備校で成績が伸びる人と伸びない人は、授業以外の時間の使い方や勉強方法の点で違いがあります。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)


予備校で配布されるテキストや講義内容、入試本番までに残されている時間は全員同じ条件です。参考書は自由に選ぶことができますが、人気が高いものは多くの受験生が購入して使用しているので条件は同じです。
講義で学んだ内容や時間の使い方次第で、浪人中に成績が伸びるか伸びないかの違いが出てしまいます。

大学受験のために予備校に通う場合には、講義に出席をしたり参考書を読んでノートをまとめるだけでは不十分です。
大学入試の本番までに限られた時間を有効に活用して、実践力を身に着けることが大切です。

予備校に行っていて伸びる人と違って成績が上がらない人の特徴

予備校に通っているのに成績が上がらない人の特徴は、授業以外の時間に勉強をしていないか、まじめに勉強をしていても“受け身”で学習をしていることです。空き時間や休暇中に勉強をしない人は、成績が上がることを期待することはできません。

春に予備校の本科生の授業が開始して真面目に講義に出席をすれば、基礎的な内容が扱われる前学期(4~7月頃)までは順調に成績が伸びます。7月後半と8月は本科生の前期の授業が終了して夏期講習が始まりますが、多くの空き時間が生じます。
成績が上がらない人の特徴として、夏期休暇の間に自主的に勉強をしないケースが多いです。

授業以外の時間に自習室などを利用して長時間勉強をしている人の中にも、秋以降に成績が伸び悩む人がいます。
真面目に勉強をしているのに成績が上がらない人の特徴は、ノートをまとめたりテキストや参考書を読むなどのように“受け身方式”で学習をしていることです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)


ノートや参考書を眺めても、模擬試験や入試本番で通用する実践力は身に付きません。
真面目にノートをまとめたり参考書を読んでいると、勉強をした気分にはなります。
それでもこの方法だと無意識のうちに得意分野の内容を何度も繰り返して眺めるだけで、苦手分野を克服することはできません。参考書やノートを眺めても、学習内容が定着したり実践力が養われる訳ではありません。

学習した内容を定着させるためには同じ内容を繰り返し見聞きするよりも、自分で思い出したり考える方が遥かに効率的です。参考書などを通して受け身で知識を受け取ることよりも、得られた情報を使うことの方が大切です。

そのためには何度も練習問題を解いて学習内容を思い出したり、自分の頭で考えることで得られた知識を使う訓練をしなければなりません。
予備校で成績が上がる人の特徴は、入試問題や模擬試験の過去問を何度も繰り返して解くことで得られた知識を使うことに多くの時間を割いています。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事