予備校に通う浪人生の第一志望合格の割合は?数字と実態を知り自信を得る!

公開日:2018年08月02日

「浪人して予備校に入った場合って、第一志望合格者の割合はどんなもんなのかな。

今から1年間あって、しかも学校の非効率な授業を受ける必要もないし
みっちり予備校で授業を受けられるとなったらなんか絶対受かりそうな気がするけど。」

 

 

あなたは今、そんなことを考えていませんか?

 

 

 

実は、浪人して第一志望に合格できる受験生の割合は、そこまで高いわけではありません…

 

 

ですが、心配 することはありません!

 

「なぜ浪人したのにも関わらず第一志望合格率が低くなってしまうのか」というカラクリや

たとえ周りの浪人生がダメだったとしても、あなたは第一志望合格するにはどうすればいいか、といったことを解説していきます!

 

 

この記事があなたの心の不安を和らげることに役立ちましたら幸いです。

 

 

➡浪人で第一志望に合格できる関西の予備校を徹底解説!

(このサイトのトップページに行きます)

 

 

 

予備校で浪人する受験生の第一志望合格の割合

いきなりちょっと残念なお知らせなのですが、
実は浪人生の第一志望合格率はイメージよりもだいぶ低く、たったの10%から20%前後と言われています。

 

浪人生って現役生より相当に第一志望に受かりやすい感じがしますよね。

高校生活はいちおう3年間あるとはいえ、本当に受験一本になるのは最後の一年ほどでしょう。
そこに現役生と比べてプラスもう1年、しかも勉強漬けという圧倒的な差を浪人生はつけられるのですから、受かる気しかしないと思います。

 

にもかかわらず、浪人生の第一志望合格率というのはイメージよりもだいぶ低く
わずか10%~20%ほどと言われています。

 

 

予備校で浪人する受験生の第一志望合格の割合が低くなってしまうわけ

「えっ、仮にも高3のとき受験勉強してて
そこからさらに1年間みっちり勉強するっていうのに、そんなに合格率低いの?」

って考えると、ちょっと絶望的な感じがしますよね。

 

 

とはいえ、そんなに怖がる必要もありません。諦めないでください!

 

実は、『浪人生はみんな1年間みっちり勉強づけ』という部分の想定が間違っています。

もしあなたの身近に浪人を経験した先輩がいれば直接LINEで聞くのもいいでしょうし
気軽に聞ける先輩がいなければ、Twitterで予備校に通っている浪人生を探して観察してみるのもいいでしょう。

意外なほど、だらけて遊んでしまい
親に100万近くものお金をかけてもらっているのに真面目に勉強に取り組んでいない浪人生がたくさんいることに驚くはずです。

 

 

浪人生になることが決まった直後からしばらくの間は
「どうせ受験まであと1年もあるし。時間はいくらでもある」
と油断してしまいがちです。

 

そこでダラけ癖がついてしまって、けっきょく夏以降も勉強に集中することができず

浪人が確定してしばらくしたときの
「ここから1年間みっちり頑張るぞ!」という気持ちはどこへやら

あまり勉強もできないままあっという間に一年が過ぎ去ってしまい、結局第一志望に受からない受験生が半端なく多いのです。

 

ですから、この『浪人で第一志望に合格する生徒は10%~20%』という数字を見ても、そんなに心配することはありません。
しっかり勉強に本腰を入れて、
周りのダラけている浪人生達に差をつけていけば、現役のときよりも大きく成績が伸びて、きっとあなたの第一志望に合格できます!

 

予備校で浪人する人の第一志望合格の割合 まとめ

 

以上、浪人生の第一志望合格の割合と、その実態について解説してきました。

 

数字だけ見るとずいぶん低く見えますが、

しっかりと受験勉強に本腰を入れれば怖れる必要はないということも伝わったかと思います。

 

 

「浪人は1年も時間があるから」と油断しないで

しっかりと周りの受験生たちに差をつけていきましょう!

 

 

➡浪人で第一志望に合格できる関西の予備校を徹底解説!

(このサイトのトップページに行きます)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事