予備校の体験授業に申し込むメリットは?

公開日:2018年08月07日

勉強に集中できる環境かチェックした方が、成績がスムーズに上がることが少なくありません。
さまざまな予備校の中から魅力的なところを選んでも、実際に授業を受けるとイメージと違い戸惑う人は少なくないと言われています。

計画的に勉強しようとしても設備が足りず、自宅での学習と変わらないこともあるかもしれません。
とくに自習室が自由に使用できるかは学習効率を左右することが珍しくないため、体験授業を受けるときに確認するといいでしょう。
自習室が少なくないか、使えない時間帯がないかなどをチェックしておくと、予想外のトラブルを避けられます。

本格的に学習しようとしても、予備校が不便だと思うようなペースで勉強できないことがあるので注意が必要です。
受験は試験当日まで計画的に学習できるかで結果が左右されるため、スケジュール通りに勉強を進めた方がいいでしょう。
分からない場所を放置する時間が長くなるほど成績アップが遅れる傾向にあります。
そのため、苦手な分野はすぐに質問して、得意科目を増やした方がいいです。

多くの生徒が躓きやすい場所をフォローしているか体験授業で確認するといいかもしれません。
講師陣の授業への力の入れ具合で理解度が変わることがあるので、予備校側の本気度をチェックするといいです。

予備校全体の雰囲気を確認して、受験生へのサポート体制が充実しているかチェックできます。
他の利用者と同じ授業を受けて、講師陣の本気度を比較しましょう。
一部の講師だけにやる気があるところよりも、予備校全体で受験生をバックアップしているところで学んだ方が良い結果を出しやすいです。
教える側の情熱でやる気がアップすることは珍しくないため、体験授業を上手に活用して受験生を本気にさせてくれる場所か確認しましょう。
また、教え方には好みもあるので、授業を体験して相性をチェックしておいた方が安心できます。

学校と予備校の授業の違いは?

学習環境に影響を与えるのが他の利用者が学ぶ姿勢です。
志望校に合格するために予備校に入っても、本番までやる気を保てない人は珍しくありません。

最初は意欲的に学習していても、周りの利用者に影響されて受験勉強から離れてしまうこともあります。
大学受験は時間との勝負なので、長期間集中できる環境を選ぶ必要があるでしょう。
やる気のある受験生と一緒に勉強すると、自然と学習意欲がアップする傾向にあります。
長期間安定して学習するためにも、体験授業で周りの本気度をチェックするといいです。

学校の授業は予備校よりも教えるペースが遅いことが少なくありません。
理想的なペースで学習できるかチェックするためにも、予備校の体験授業を受けた方が慌てないですみます。
予備校を利用する前は理想通りに学習できると思っていても、実際に入ってみると学校の授業よりもスピードが速いことも珍しくありません。
進むペースが速すぎると理解が遅くなることもあるので、効率的に学習するためにも理想的な授業の進め方か確認する必要があります。
進むペースは実際に授業を受けてみないと分からないため、体験授業で確認した方がいいでしょう。

授業のない時間帯でも自由に質問できるか確認します。
学校では分からない学生へのフォローが足りないことが少なくありませんが、予備校はフォローに力を入れているところが珍しくありません。
もし、受験生へのフォローが充実しているか知りたいときは、予備校生の休み時間の過ごし方をチェックしましょう。
空き時間でも予備校全体が活発に動いているところは、受験生の成績が伸びやすい傾向にあります。
質問したいことが複数あっても相談が難しい雰囲気だと、成績が伸び悩むことも珍しくありません。
そのため、質問しやすい雰囲気作りをしている予備校を選ぶといいでしょう。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事