予備校の無料相談を利用するメリット

公開日:2018年08月07日

予備校には大抵、無料のカウンセリングがあります。
予備校への入学を決める際にはこの無料相談のシステムを利用する事が大きなポイントです。
受験生の中には、自分の目指したい大学もすでに決まっていて、やるべき事や弱点科目もわかっているから、わざわざ相談する必要はないと考えている人もいるかもしれません。
また、その予備校の先生が書いた参考書が出版されているなど、全国的に有名な予備校の場合は、担当講師の雰囲気や解法アプローチは参考書などでもイメージがついているので、その先生の授業が受けられればそれでいいと考えている人もいるでしょう。

しかし、予備校の授業はさまざまな形態があります。
例えば、志望校合格のために必要な科目やレベル別授業のパック授業を行うコース、苦手な科目だけを取り出して集中的に学習できるコース、そして通常よりも短い期間でカリキュラムを完成させる速習コースなど様々です。
無料相談でさまざまなコースについて説明を受ける事で、新たに自分に合いそうな講座を見つけることもできます。

また、予備校によっては講習などの無料参加期間を設けている場合もあります。
そういったキャンペーンなどは無料相談の際に案内されることもあります。
お得なチャンスを逃さないためにも入塾前のカウンセリングは受けることをおすすめします。

更に、無料相談のために実際に予備校の建物内に入ることで、そこで働いているスタッフや通っている生徒などに出会うことがあります。
どのような人がどれくらい通っているのかなども入学前にイメージをしておくと入ってから思っていたことと違うと焦る可能性が減ります。

無料相談に行く前にはパンフレットなどを事前に読んでおいて、もし質問したいことがあったら忘れずにできるようメモをしておくと良いです。
せっかくの質問できるチャンスですので、有効に活用しましょう。

予備校にかかる費用と契約内容

無料相談では、コースや講座の選択の相談の他に料金体系についても説明があります。
いくら無料のお試し受講ができる予備校であっても最終的には実際に通うことを見据えて案内をされます。

通う本人は、授業料がいくらかかるなどといったことには保護者ほど気にしないかもしれませんが、お金を払う親の立場からすれば料金体系が明確になっていることは重要です。
予備校のための費用には、授業料の他に入学金や教材費がかかる場合があります
また、授業料も夏期講習などの講習費とそれ以外の通常授業の授業料は別途請求になる学校もあります。
何が含まれていて、何が含まれていないのか、契約内容をしっかりと確認しておきましょう。

ところで、予備校にも奨学金制度授業料免除、または減額制度を設けている学校があります。
予備校入学時の試験結果や、指定模試の成績を申し込み時などに持って行くと、入学金の免除や授業料減額などの待遇を受けられる制度です。
そういった制度を利用したい場合もどのような場合に適用になるのか、適用資格をしっかり聞いておきましょう。
過去に受験した模試などの成績を相談時に持って行くと話がしやすいです。
更に過去の成績がわかる資料は、コース選択にも役立ちます。
奨学金制度などを最初から諦めている人でも是非持って行くことをおすすめします。

実際に契約となった場合には、授業料などの払い込み方法を選べる学校があります。
予備校にかかる料金は年間50万から100万近くかかるところもあります。
一括で支払うこともできますが、分納制度を設けているところもあり、無料相談の場ではそういった金銭的な問題の相談もすることが可能です。
勿論、以上ここで紹介してきた相談内容は入学前のカウンセリング以外の時でも質問できることではありますが、入学前に気になることは事前に解決しておくとスムーズな予備校ライフをスタートさせることができます。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事