予備校の説明会の参加方法と確認ポイント

公開日:2018年08月07日

一般的に塾や予備校では定期的に説明会を行っています。
全国展開をしている予備校の場合は、「合同説明会」を開催していることも多く、これに参加する場合には日程が決められているので都合のいい時間と校舎を選んで事前予約をするといいでしょう。
ほとんどの予備校でWEBまたは電話での予約を受け付けています。
また、個別の説明会を行っているところでは直接、電話で問い合わせをしてみましょう。

予備校の説明会では主にその予備校の特徴やカリキュラム内容などの説明のほかに、質疑応答の時間や体験授業、個別相談などが行われます。
カリキュラム説明では過去のデータから各大学への合格者数や講師の紹介、チューターなどによるサポート体制などの説明があります。
自分の志望校と照らし合わせて、その予備校が本当に合っているのかを判断するのに大切なデータとなりますので、しっかりとチェックしましょう。
さらに、体験授業では講師との相性なども確認したいポイントです。
さまざまな説明を聞いて確認したいことがあれば質疑応答で聞くことができるようにメモしておくことをおすすめします。

注意したい点としては、なるべくなら予備校の説明会には親が同伴するということです。
大学受験をするのは子ども自身なので最終的にどこの予備校を選ぶのかは子どもが判断することですが、費用のことはもちろん、親も確認しておいた方がいいこともたくさんあります。
体験授業に参加できるのは受験生だけですが、予備校の雰囲気やスタッフ・講師の対応などは大人の目線でしっかり見極めることが重要です。

最後に説明会に持っていく持ち物ですが、メモが取れるように筆記用具やメモ帳のほか、最近受けた模試や高校での定期テストの成績表があるといいでしょう。
個別相談のときに具体的に何か足りないのか、これからどんな勉強が必要なのかを相談しやすくなります。

武田塾の説明会の参加方法

春に行われる「合同説明会」は本校のお茶の水校をはじめ、全国51校舎で開催しています。
ここでは「授業をしない」「自学自習の徹底管理」など、武田塾の特徴とコース内容の説明、その年の合格実績の紹介のほか、約1時間の個別相談の時間もあります。
このイベントに参加するだけで自分の勉強法の間違っている点やどんな風に学んでいけば志望校合格が目指せるのかなど、さまざまな受験勉強に対する疑問の解決法を見出せる内容になっています。

初めて参加する場合には受験相談シートを記入する必要がありますが、入塾希望者以外でも参加可能です。
入塾希望者に対しては詳しい内容説明がありますが、ほかの予備校に通っているまたは、まだ検討中という人に対しては、独学で学ぶ方法などの説明を行ってくれます。
なお、参加者だけに渡される特典などもあり、無料で行われる説明会ですがかなり充実した内容になっています。

もちろん、各校舎で個別に行う説明会や相談会も随時、受け付けています。
独自の勉強法と指導内容で多くの合格者を生んでいる武田塾に対しては、ホームページや口コミだけでは伝わらない内容や疑問点などが多くあるかもしれません。
今の受験勉強法に対して不安を抱いている受験生には大きな味方となってくれる可能性が高い武田塾に興味がある場合には、ぜひ一度説明会に参加してみましょう。

合同説明会および個別の説明会はすべて各校舎に直接、電話で問い合わせをしてください。
また、個別の相談は武田塾の公式サイトからでも受け付けをしています。
公式サイトの「お問い合わせ」ページをクリックすると入力用のフォームが開きますので、相談希望日を含めて必要事項を記入し送信してください。
折り返し、武田塾の担当者からメールまたは電話での連絡が来ます。
なお、説明会または相談会に参加する場合には筆記用具、最近受けた模試の結果のほか、身分証明書(学生証などで可)を持参してください。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事