予備校はいつから?受験のための年間スケジュール

公開日:2018年08月07日

少子高齢化がますます進む日本においては、特に子供の数が少なくなっているという深刻な問題もさまざまなところで叫ばれています。大学側も生徒獲得に頭を抱える時代になりました。
しかし、自分の理想とする大学を目指している受験生にとっては、やはり受験というものは常に過酷な道であることは間違いありません。
独学で受験に望む生徒もいますが、予備校などへ通う生徒も少なくありません。
それだけ大学受験はとても困難なものと言えます。

今の時代、テレビなどに出演するような有名な予備校の講師も多くいますが、やはり予備校というところは正しい受験勉強の方法を学ぶためには絶好の場所と言えます。
その予備校へ通う時期は、いったいいつ頃が適切なのかという問題もあるでしょう。
これは人それぞれの受験スケジュールによって大きく変わってきます。

たとえば、高校1年生の時点で大学受験を意識した生徒ならば、早いうちから予備校へ通うことになるかもしれません。
でも、大概は高校2年生くらいから大学受験に向けて勉強を開始するというのが多いのではないでしょうか。
この時期には自分が進むべき方向性というものもある程度は定まり、文系か理系かも決まっている場合がありますから、もし受験科目に一つでも苦手科目がある場合は、早いうちから予備校へ通い、その苦手教科のコースを受けるのも賢明な判断だと言えます。
苦手科目は早めに克服し、その上で得意科目はさらにアップさせるために予備校に通うという判断が正しいでしょう。

そして、高校3年生に進級するころには遅くとも夏までに志望校を決めて、その大学の受験対策を行っているような予備校に通い、適切なコースを選ぶことも大切です。
多くの場合、予備校では国公立大学コースと有名私立大学コースなどが用意されていますから、ピンポイントで学習できます。

大学受験の勉強計画の立て方

計画を立てるということは、これは何も大学受験に限ったことではなく何事にも必要なことです。大学受験の場合ならば、まず何を基準にして勉強計画を定めるかが重要になります。
そうとなると、大概の受験生はあれもこれもと多くのことをかき集めて、無理矢理スケジュールに組み込んでしまうという欠点があります。
しかし、そのようなスケジュールは実践していくことは難しく、ほとんどの場合、無駄に終わってしまうことがあります。これは要注意です。

大学受験の勉強計画を立てるということは、当然のことですが、既に志望大学が定まっている状態だと言えます。
ですからその志望大学を目標に計画を立てていくわけです。このときに大切になるのが、今現在の自分の実力というものを客観的に見つめ直すということです。
その志望大学に合格するためには、今、自分に何が足りないのか、苦手科目は何なのか、また逆に得意科目は何なのか、そういうことを冷静に判断して勉強計画を定めることが必要でしょう。

そして、志望大学受験当日までの残り時間はいったいどのくらいなのか、ということも常に意識しておかなければいけません。
別に焦る必要はないのですが、やはり勉強する時間を多くとりたいのであれば、こうした大学受験の勉強計画というものは早いうちに立てておくことが必要でしょう。
入試までに残された時間によって、勉強方法はかなり違ってきます。このくらいの時期ならば何をどのくらい勉強しなければならないかを把握することが大事です。

スケジュールを立てるのに必要なことは1日の勉強時間です。強いて過酷な時間を定める必要はありません。
大事なのは中身ですから、自分が集中できる時間はどのくらいなのかを冷静に判断し、時間を決める方がいいでしょう。
無理な時間を定めても継続できなければ意味はありません。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事