予備校は途中から入学は可能?

公開日:2018年08月07日

予備校においての授業は、一年を通しての通年の単位でのものや単科として行なわれているものなど、あらゆる授業形態のものがあります。
基本的には途中からでも入学が可能なものが多いです。
勉強の最初のうちは参考書中心などの独学で、それから予備校の授業を中心にするという受験生もいます。
ひとりで勉強を進めていけるところは自学自習をして、予備校の授業などを取り入れることで受験の情報を得られ、独学だけでは不安に感じたりすることも一緒に合格を目指している仲間と勉強することで安心感を得る場合もあります。

いままでの勉強の習慣が身についていれば、途中から予備校に入学して授業を受けると効果的な場合が多いです。
独学で勉強をしてきたことの復習になったり、問題の解き方や事柄の覚え方などの新しい発見もあるからです。
それぞれの予備校の特徴や先生ごとの特徴、または科目ごとの特徴というのもあります。

それぞれの予備校には受験情報についてのものや参考書、問題集などの出版物があるものもありすべての予備校から出ているとは限りませんが、予備校の出版物を一度手に取ってみるのも良いでしょう。
このようなことでこれから勉強を進めていくにあたって自分に合っていると感じたり、自分の行きたい第一志望の学校に合った勉強方法を伝授してくれることがわかればその予備校に入学して途中からでも勉強を進めていくメリットは大きいはずです。

予備校の先生は基本的にひとりがひとつの教科の授業を担当しますが、受験を知り尽くしたプロであり、自分の担当する教科に対しての徹底的な専門的知識を持っています。
それぞれの先生の授業や性格など自分に合っているかどうかまでを把握することは難しいですが、なるほどと感じるような問題の解き方や効果的な暗記方法、第一志望の学校の問題の解き方などいままでとは違った角度で理解できるはずです。

予備校に途中入学から通っていて落ちやすい受験生の特徴

バイクレース

予備校に入学すると、これから大学受験の日まで一生懸命に頑張ろうという意欲が湧いてくるものです。
入学をした最初のころは予備校の学生証やそれぞれの教科の分厚いテキストなどを見て将来の大学合格が目に見えるような感覚になるものです。
いままで頭のなかには入ってはいない新しい知識を身に付けていくという喜びというのもあるはずです。
このような意欲や喜びを忘れずに大学受験の日まで気持ちを維持できれば第一志望に合格ができる可能性は高いと言えます。

予備校に入学すると授業を受けているから勉強をしているという安心感が生まれる受験生がいます。
今日も朝から夕方まで授業に出て、ノートに板書事項を書いたり大事そうなことを先生が言っていたという一日の記憶を就寝前などにたどります。
当然のことながら授業を受けるにはそのための予習や復習、問題の演習なども必要です。

授業を受けただけで安心してしまい、長い時間にわたっての授業の時間だけで精一杯に感じてしまう受験生もいるでしょう。
授業をさぼったり、ほかの場所に遊びに行ってしまうことなどはもう論外で、このようなことよりはまだましですが、授業に出ることが知識の習得だと勘違いをして安心してしまうと大変なことになります
予備校に通って毎日授業をひとつ残らず、休まないでまじめに受けているはずなのにどうして志望校に合格できなかったんだろうということになります。
このような受験生は模擬試験を受けると自分が期待していたよりはまったく点数がとれないことに気が付くでしょう。

模擬試験というのは本番の試験ではないので良い成績を取ることには越したことはないのですが、模擬試験などで点数が伸び悩んでいることに気付き、その日のうちに曖昧なことやできなかった問題などは必ず解決したり、勉強した項目に関連した分野の問題などを解くことも大切です。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事