代ゼミと武田塾を徹底比較!それぞれの良さがわかる!

公開日:2019年06月30日

かつては駿台予備校や河合塾と肩を並べ、三大予備校として広く知られていた代々木ゼミナール。

しかし業績が悪化してからは、校舎の大幅閉鎖や、一部の全国模試廃止など、事業規模の縮小は止まりません。

一方で授業を一切行わないなどの今までの予備校の概念自体を脅かすようなやり方で、結果を出し続け、

予備校界の風雲児としてメキメキと業績を伸ばしつつある武田塾。

腐っても大手、蓄積されたノウハウで合格を目指す代ゼミと、

結果を出しつつけてはいるものの、代ゼミや駿台などと比べるとやはりまだ新参感の拭えない武田塾。

この記事では代々木ゼミナールと武田塾をあらゆる点で比較し、どちらがオススメなのか、両方の良い点悪い点に触れながら解説していきたいと思います!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

代々木ゼミナールと武田塾の比較①:学費

代々木ゼミナールの学費は

浪人生の場合、入学料が100,000円、念願の授業料が700,000円

それに加えて季節講習も追加されますから、一年通してですと、100万円程

結構な値段することがわかると思います。

 

武田塾については、年間通して通えば、メインの学費は高くて700,000円ほどと、大手の予備校とあまり変わりません

とはいえコースによってもっと安くなることも多いですし、季節講習に追加でお金がかかることがないというのが大きく、

最終的には年間通してですと大手予備校と比べれば4,50万円ほど安くなることも多いです。

学費的にはやや武田塾の方が優勢のように見えますね。

代々木ゼミナールと武田塾の比較②:授業

代々木ゼミナールの強みといえばやはり講師。

かつては「講師の代ゼミ」と言われたほどに才能ある講師を多く抱えていました。

多少は東進などに移籍してしまったようですが、それでも代ゼミの授業が素晴らしいというのは今も変わらない事実でしょう。

一方で武田塾はどうかというと冒頭でも述べましたが武田塾は授業をしないのです。

そのためこの点に関しては比べようがないのですね笑

代々木ゼミナールと武田塾の比較③:サポート

代々木ゼミナールはかつては非常に大きな規模を誇っていた予備校ですが、現在は事業規模の縮小もあり、

従業員の数も減っていると言います。

そのため、別にサポートが悪いということは決してないと思いますが、かつてほどのサポートは期待できないでしょう。

武田塾では基本的に生徒のサポートを第一に考えていますから、サポート面で他社に引けを取ることはないでしょう。

個別指導以外では講師の方は授業をする必要がないわけですから、その分を生徒さんのサポートに充てることができるわけです。

代々木ゼミナールと武田塾の比較④:立地

現在代々木ゼミナールが校舎を置くのは

新宿、立川、札幌、名古屋、大阪、新潟、福岡の7箇所。

どこも大都市ですし、その中でもアクセスは非常に抜群です。

ですが落ち着いて考えてみると校舎をたたみすぎて、結果としてこの7箇所に通える生徒しかそもそも代々木ゼミナールに通うことはできないのです。

最近は代ゼミもサテラインといって映像授業の校舎をメインにしています。

 

一方で武田塾であれば全国に200校舎あり、どこも駅のすぐ近くであり、アクセスも抜群です!

校舎の駅からのアクセス的な意味でいえば、どちらも甲乙つけがたいくらいには好立地ですが、

 

全国的な立地という意味で言えば、やはり校舎数がかなり少なくなっている代ゼミと比べれば

武田塾の方が選択肢としては上げやすいのではないかなと思います。

まとめ

まとめると、

武田塾を選ぶメリットとしては、
・現在急速に成長している塾であるということ

・部活をやっていた(いる)、今まで全然勉強してこなかった、などのどんな生徒の状況にも、一人一人対応し、個人のペースで対応してくれること。

・大手予備校と比べると値段が安いこと

デメリットとしては

・校舎ごとの規模がまちまちなのでそこに優秀な生徒が集まってくるとも限らないことです。
(一般的に大規模校舎には広い範囲から優秀な生徒が集まってくるので、切磋琢磨しあえる環境にあります。)

代ゼミを選ぶメリットとしては

・やはり大手であるがゆえに施設や、講師など充実はしているということ。

デメリットとしては、

・費用が大きいこと

・大手全般に言えることですが、個人のフォローまではしてくれないこと。

であり、
そのため、元々ある程度勉強をできるという方でないと

代々木ゼミナールでは付いていくのが厳しいというのがまずあります。

元々勉強ができる方であれば代ゼミは悪くない予備校だと思います。

しかし、大手を選ぶ方は、

「どうしてもこの先生を受けたい!」という先生が

代々木ゼミナールにいるなどの理由がないのであれば、

河合塾をオススメします。

 

部活で勉強のペースが不規則、自分のペースで勉強したい!
などという方には武田塾がオススメです。

 

また、代々木ゼミナールは現在校舎数が

校舎の大幅閉鎖により非常に少なくなっていて、大都市にしか存在しないため、
そもそも近くに校舎がある人しか通えません笑

そういう点でも日本中に校舎を持つ武田塾なら安心ですね。

ここまで武田塾と代ゼミを比較してきましたが、どちらも良いところのある予備校ですから、結局は決めるのはあなたです。

気になった校舎については必ず体験に行ってみて、あなたにぴったりの予備校を見つけましょう!

 

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事