仮面浪人で予備校に通うのってどうなの?生活スタイルや勉強法を解説!

公開日:2018年11月24日

「仮面浪人をしながら予備校に通うことってできるの?」

「仮面浪人をしているけど、宅浪だけでは厳しいから予備校に通いたい」

「仮面浪人をしながら予備校に通う場合の勉強法を知りたい」

あなたは、そのように考えていませんか?

この記事では、仮面浪人をしながら予備校に通う場合について、その生活スタイルや勉強法などの視点から詳しく解説しています。

この記事を読めば、仮面浪人をしながら予備校に通う場合についてよく分かります!

この記事があなたの受験勉強の手助けとなれば幸いです。

 

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)


 

仮面浪人をしながら予備校に通えるの?

まず、そもそも「仮面浪人をしながら予備校に通うことなんてできるの?」と疑問に思っている人が多いと思います。

結論から言うと、仮面浪人をしながら予備校に通うことは、生活スタイル次第では可能です。

というのも、近年の予備校には衛生授業を行なっているものなど隙間時間で受講できる予備校も多く、また、仮面浪人といっても文系・理系の違いや休学などの選択肢があり忙しさは人によって異なるからです。

この記事では、そのように仮面浪人をしながら予備校に通うことについて、様々な視点から解説していきます。

仮面浪人をしながら予備校に通うなら、どんな生活スタイルか

まずはじめに、先ほど述べたように、仮面浪人をしながら予備校に通う場合、具体的にどのようなスタイルがあるのかについて解説していきます。

進級の緩い学部に所属する

仮面浪人をしながら予備校に通う場合にまず考えなければならないのが、仮面先の大学・学部の進級の難易度や忙しさです。

進級の厳しい大学やカリキュラム上忙しい大学だと、なかなか予備校を利用する時間を確保できません。

もし予備校を利用したいなら、進級の緩い学部に所属することをおすすめします。

衛星授業の予備校や授業を行わない予備校を利用する

ここ数年間で、予備校の形態はとても多様化してきました。

その中で、衛星授業を配信している予備校や、参考書での学習を中心としており授業を行わない予備校などが現れ、今では多くの受験生が利用するようになりました。

これは仮面浪人にはとても便利なサービスです。

衛星授業なら、いつどこにいてもパソコンやスマートフォンを通して授業を受けることができます。

また、授業を行わない予備校では、参考書などで学習を進めつつ、質問対応など予備校ならではのサービスを利用することができます。

このように、特殊な形態の予備校を利用することで、仮面浪人でも一般的な予備校に通っている浪人生のように予備校の勉強を行うことができます。

大学を休学する

大学を休学するするのも、一つの選択肢でしょう。

ただし、大学を休学する場合、休学期間中は単位が取得できないため留年してしまう可能性がある場合が多いです。

大学のカリキュラムと相談しつつ自分の進路についてよく考え、最初から休学するのか、それとも後期だけ休学するのかなど、後悔のないような選択をしましょう。

仮面浪人をしながら予備校を利用する場合の勉強法

では、仮面浪人をしながら予備校を利用する場合、どうやって勉強していけば良いのかについて解説します。

仮面浪人をする場合、休学をしない限り、予備校に通わないとしても受験勉強に割ける時間は限られています。

そのため、限られた時間でどうすれば最大限のパフォーマンスができるかを考える必要があります。

一般に、予備校での勉強は主にインプットが中心です。

一方、受験本番に実力を出し切るためには、アウトプットの訓練がとても大切です。

したかって、予備校に通う場合、普段の受験勉強が決してインプットばかりに偏らないようにし、しっかりとアウトプットを行なっていくようにすることが大切です。

限られた勉強時間の中でのインプットとアウトプットのバランスをよく考えて勉強を進めましょう。

結局、仮面浪人をしながら予備校に通うのってどうなの?

ここまでの記事を読んだ人の中には、

「結局、仮面浪人をしながら予備校を利用するのってどうなの?」

と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、仮面浪人をしながら予備校に通うのは、アリな選択肢です!

宅浪の場合、やはり人から教えてもらうことがなかなかできないので、予備校はインプットを行う上でとても便利だと言えます。

 

しかし一方で、仮面浪人をする場合一般的な浪人生より忙しくなるのは事実です。

そのため、予備校を利用するとなるとオーバーワークになってしまう可能性があります。

例えば、休学もせず、普通に理系の学部に通って単位をしっかりと取りながら浪人するなどの場合、とても忙しくなかなか予備校を利用するのは難しいでしょう。

 

予備校を利用するにせよしないにせよ、結局、自分にいちばん合った勉強法をよく考え、選択することが大切です。

まとめ

・仮面浪人をしていても、やり方次第では予備校を利用することができる

・仮面浪人をしながら予備校を利用する場合、進級の緩い学部に所属する、衛星授業の予備校や授業をしない予備校を利用する、大学を休学するなどの選択肢がある

・仮面浪人をしながら予備校を利用する場合、限られた時間でのインプットとアウトプットのバランスが大切

・仮面浪人をしながら予備校を利用するのはアリな選択肢

・自分にとって最適な勉強法をよく考え、実践すべき!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)


(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事