大学受験で後期は出願すべき・・・?受かりにくい?

公開日:2019年05月31日

「大学入試で国公立大学を考えている・・・」

「国公立の前期試験は受けるけど、後期試験も受けた方がいいのかなぁ?」

「後期試験の倍率はどうなんだろう、受かりにくいのかな?」

そんな疑問があるかと思います。
本記事では、そんなあなたのお悩みを徹底的に解決します!
これを読めば、国公立大学の後期試験についてわかります!

記事を参考に後期試験の出願について考えてみてくださいね。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てれれば嬉しいです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

後期試験の受ける国公立大学をどのように選ぶ?

国公立大学を受ける際に、前期試験は第一志望の大学を出願しますよね。

では、後期試験も同じ大学に出願すべきなのでしょうか?

大学により、自分の志望する大学に後期試験の日程がなかったり、あったとしても自分の志望する学部にはなかったり・・・そのようなことは実際に多いので、注意が必要です。

例えば、東京大学では、一昔前までは後期試験も同様にありましたが、
今はなくなり、その代わりに推薦入試を取り入れています。

また、東京工業大学では、後期試験の日程があるのは、生物系の第7類のみで、
そのほかの学類は前期試験のみだけです。

また、受験生によってどうしても国公立大学に行きたいという人は、
第一志望の大学を出願するのではなく、ランクを落として受かりやすい大学にするとか、

国立大学の中でも後期の倍率が低そうな大学にするなど、いろいろやり方があります。

記念受験レベルでないならば、もしかすると、後期試験でレベルの落とした大学に進学した際、

「あの時前期試験と同じ大学を受験しておけばよかった・・・・」

と後悔してしまうかもしれません。

そう後悔しないために、国公立大学の前期試験も後期試験も同じ大学を受ける受験生も多くいます。

ただ、その場合には前期より難易度の上がる後期は滑り止めにはならないので、
両方落ちる可能性もありますし、

その他に自分が滑り止めの私立大学をおさえているのかどうかも重要になってきます。

後期試験の倍率について

倍率についてですが、倍率が高いから難易度が高い、つまり受かりにくい、とは限りません。

また逆に、倍率が低いから難易度が低い、つまり受かりやすい、とも限りません。

例えば、余裕合格するような人は前期試験で合格して、
その後の後期試験を受けたりすることはないため、

受験生のレベルも、大学によっては後期試験の方が下がってしまっていることがあります。

ですので、倍率が前期試験より上がっていたとしても、難易度は前期試験より低い、と言ったことも十分にあり得ます。

国公立大学を受験するチャンスというのは、中期試験を除けば前期と後期で2回のみなので、
早めにどの大学を受けるのか、考えておく必要があります。

 

後期日程の試験内容

後期試験では、もちろんですが前期試験の問題とは変わります。

試験科目も変わることがありますし、
内容や出題傾向、解答形式もガラっと変わる大学も少なくありません。

「前期試験の問題より後期試験の問題が難しくて歯が立たない・・・」

そんなことも十分に考えられますので、
前期日程と同じ大学を出願をするときでも、後期日程の過去問をみてよく考えてから決めるようにしてください。

入試は相対評価なので、あまりきにする必要はないかもしれませんが、
過去問を見て、自分が得点しやすそうな大学を後期試験に選ぶ、
といったことも、選択肢の一つとして頭に入れておくと、後期試験を受ける大学選びがしやすくなります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

国公立に絶対に行きたい!という受験生は後期試験を受ける大学のことも考えておかなければなりません。

国立大学の前期の難易度、後期の難易度、それぞれの試験内容の違い、国立大学の前期の倍率と後期の倍率などを調べて、受験先を決めていきましょう。これは結構大変な作業になると思います

 

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事