大学受験に備えた予備校の数学勉強方法

公開日:2018年06月29日

大学受験を控えている受験生は、時期によって取り組むべき課題が異なります。
受験が近くなってきた場合には得意科目の確認を行っていきましょう。
まだ1年以上の時間がある場合には逆に不得意分野を潰すことが重要です。文系の学生の中には数学を苦手としている人がたくさんいます。

国立大学の受験生は数学が不得意であったとしても文系学部なら数学を受験しなければなりません。
私立大学であっても文系科目以外に数学が必要となるところもあるため、まずは自分が志望する大学で数学が必要となるかを必ず確認する必要があります。

今回は文系学生が数学を得点源にするための勉強方法をご紹介していきます。

満点を取る必要はなく、合格点を取る勉強を行ってください。
平均点以上を獲得できれば合格に近づくと言えますが、各学校によって合格できる可能性が高い点数は異なりますので自分の志望校の点数をしっかりと把握することが重要です。

得意分野は自分で独学をしてもある程度は点数を稼ぐことができます。
しかしながら不得意な分野は教えるのが得意な先生に教えてもらったほうが伸びる可能性が高くなります。

また、効率的に勉強するためにも予備校で数学を習うことをお勧めしています。
この方法は大学受験までに時間が残されている人の方法です。

直前期に苦手である数学を得意にしようとしても遅いことをしっかりと認識しておきましょう。大学受験まで1年以上ある場合には、予備校の体験授業に参加してください。

そして教え方がうまく理解しやすい先生のいる予備校に入学するのです。
ポイントとしては先生に質問しやすい環境が整っている予備校がベストです。
予備校は基本的に大人数に対して授業を展開します。

しかし質問がしやすい予備校であれば、個人授業のように質問をすることができます。
得意分野は先生に教えてもらうことが最も有効です。

基本的な公式の完全理解が重要です

数学が苦手な生徒に限って難しい問題に取り組もうとしがちです。

文系の大学に合格するためには難しい問題を正解する必要はありません。
簡単な問題を取りこぼさないことが必要になります。誰でもわかるような問題を落としてしまうと難関大学であれば合格することができません。

難しい問題は多くの人が解くことができません。このように皆が解けない問題では差がつかないのです。
したがって、基本的な事柄をしっかりと身に付けることが大学受験に成功するポイントとなります。では、基本的な事柄とはどのようなものを指すのでしょうか。

数学で言えば教科書に出てくる公式は全て覚えると言うことです。
数学は公式を理解していないと問題を解くことができません。
限られた時間内で多くの問題を解くにはすらすらと公式が出るようにならなければならないのです。
あなたは教科書に出てくるすべての公式を身に付けているのでしょうか。

この公式の理解に自信がある大学受験生は少ないものです。だからこそ予備校では、基本的な事柄とはどのようなものを指すのでしょうか。
それは数学で言えば教科書に出てくる公式は全て覚えると言うことです。

数学は公式を理解していないと問題を解くことができません。
限られた時間内で多くの問題を解くにはすらすらと公式が出るようにならなければならないのです。

あなたは教科書に出てくるすべての公式を身に付けているのでしょうか。
この公式の理解に自信がある大学受験生は少ないものです。だからこそ予備校で既存基礎的な事柄を学ぶことが合格に導いてくれます。

お勧めの勉強方法は復習を重点的に行うことです。
予習をするよりも予備校の授業で学んだことを何度も繰り返し学習する方が効果が上がります。記憶の定着には繰り返し学習することが有益だからです。
基礎的な問題を何度も解くことで簡単な問題は正解にすることができるようになります。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事