武田塾から早稲田大学に合格できるのか!?これを読んで早稲田に合格!

公開日:2019年01月28日

「早稲田大学に入りたいけど、大手予備校に行くお金はない…武田塾から早稲田大学に受かるのかな?」

「武田塾っていう塾が話題らしいけど、駿台や河合塾ほど有名なところじゃなくても成績は上がるの?」

あなたは今、こんなことを思っていませんか?

この記事では実際に早稲田大学に合格した二人の学生の実例も紹介しながら武田塾から早稲田大学に受かるのかどうか解説します!

あなたの疑問も解決すること間違いなし!

↓武田塾について詳しく知りたい人はこちら!

クリックで武田塾の公式サイトへ行きます▶▶

武田塾から早稲田大学に入ることができるのか?

早稲田大学は日本でもトップクラスの大学です。

付け焼き刃の暗記知識だけで受かるような大学ではありません。

「正しい勉強方法」でしっかりと勉強を習慣化し、能動的に学んでいく必要があります。

そのため、有名な大手予備校の早慶コースに入っているにもかかわらず、有名講師の授業を聞いてわかった気になってしまい、

勉強の本質を理解できずに落ちてしまう生徒が続出するわけです。

したがってそのようなことを回避するために、武田塾では一切授業を行いません

一人一人に対してじっくりカウンセリングを行い、現在の成績・偏差値と得意科目・苦手科目を分析した上で志望校合格までに必要な教科ごとの参考書と順番を全て洗い出し、特訓カリキュラムを作成します。

だから無理なくできるところから取り組み、能動的に勉強を行うことができるのです。

塾に行ってさえいれば大学に受かる、成績が良くなる、なんてことがあるわけないですし、あったとしたら、それはおかしな話ですよね。

自分がやらなければ成績は上がらないし、やれば上がる。

本来ならばあるべき勉強の姿を教えてくれます。

さて、本題ですが武田塾から早稲田大学に受かるのか?

合格は十分に可能です!

勉強しないでも、誰でも受かる、なんて甘いことは言いません。そんなことを言う予備校があったとしたらまず疑った方がいいでしょう。

しかし、武田塾では、しっかりと自分の現状を認識し、目標に向けて自発的に努力することができるのならば、合格に必要な学力をつけることは可能です!

毎年何人もの武田塾生が早稲田大学に合格しています。中には偏差値40代から受かった人もいます。

以下では実際に武田塾から早稲田大学に合格した学生の合格体験記を見ながら、どうして武田塾では成績が上がるのか?早稲田大学に合格できるのか?その辺りを見ていきましょう。

武田塾から早稲田大学に合格した例①:Aさん

Aさんは部活を引退後勉強を始めようとしたそうですが、11月になり学校の授業が終わり、勉強を始めようとしたのですが自分で勉強をする自信がなかったのだそうです。

こういう学生は非常に多く、学校では勉強の仕方は教えてくれないため自分での勉強の仕方がわからない、という問題点を抱えた学生は後を絶ちません。

大手予備校では有名講師が授業をしてくれるかもしれませんが、そのあとはどうするのでしょう?授業を聞いて終わりでしょうか?

特にフォローはなく、各自でバラバラに復習をします。あるいはしない人もいるかもしれません。

また、彼女は大手予備校にも通っていたそうですが、そちらの予備校では自習室の席数に対して学生数が非常に多く、席を取るために並ばなければいけなかったそうですが、武田塾ではそんなことはありません。

彼女は結果として早稲田大学の教育学部に加え、
実践女子大文学部英文学科
東京女子大現代教養学部人文学科英語学科
日本女子大文学部英文学科
聖心女子大文学部英文学科
津田塾大学学芸学部英文学科
学習院大学文学部英語英米学科
上智大学外国語学部ポルトガル語学科に合格しました。

逆転合格できた理由として、「授業を聞いたら、参考書をやったらやりっぱなしにするのではなく、徹底的にやりこむことが欠かせないという、武田塾の理論通りのことを実践できたからで、大切なのは基礎固めだ」と語っています。

武田塾は表面的な受験勉強の知識だけを教えてくれる塾ではありません。

受験生の皆さんが大学生になった後も、あるいは社会人になってからも何かを学ぶ上で重要な、一つのことをやり切る忍耐力や基礎固めの重要さなどを教えてくれるのです。

 

➡Kさんの合格体験記全文はこちら!

武田塾から早稲田大学に合格した例:②Wさん

Wさんは高2の冬ごろにお父さんが買ってきてくれた本で武田塾から慶應大学に受かった人の合格体験記を見て武田塾を知ったそうです。

それからWさんの高校からはほとんど早慶に合格する人は出ないので先輩たちと同じように大手予備校に通っていては受かることができない!と思い武田塾への説明会に参加、入塾を決めたそうです。

武田塾に入る前はE判定だった模試の成績も武田塾に入ってからはB判定になると大きく成長したWさんですが、その理由は

武田塾は毎週確認テストをしてくれるため、サボらずに勉強できることだ」と言っています。

大手の予備校は中学生の頃皆さんが通っていた塾や、学校と違って確認テストなどは基本的にないところが多いです。講義を受けて終わりです。

そのため武田塾の勉強のペース作りをしてくれる仕組みがWさんにはマッチしたのですね。

また、武田塾に入って良かったこととして

武田塾は志望校に合格するために何をいつまでにやるべきか、を明確にしてくれるので「やらなければ受からない」という気持ちになれたこと、

また、逆に「このペースを守っていれば合格できる」と安心できる指標の一つにもなったと語っています。

➡Wくんの合格体験記全文はこちら!

まとめ

いかがだったでしょうか?

二人の学生の合格体験記含めて武田塾に入るとどうして成績が伸びるのか、早稲田大学に合格できるのか理解していただけたでしょうか。

武田塾は表面的な知識の暗記にとどまらず、勉強のペース作り、勉強の仕方を教えてくれます。

これらはどこの大学を受けるのにも役に立ちますし、もちろん早稲田大学も例外ではありません。

皆さんも武田塾に入塾して、早稲田大学合格への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

↓武田塾についてもっと知りたい人はこちら!

クリックで武田塾の公式サイトへ行きます▶▶

 

 

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事