武田塾ってどんな予備校?特徴と入塾方法

公開日:2018年08月07日

受験生を持つ親御さんにとって、その予備校が志望校合格のために良いかを決めるのは容易ではありません。
昔は予備校といえば大手予備校を選択するのが一般的でしたが、最近は、それぞれの受験生に合わせて特徴のある予備校を選びに成功し、その予備校の提供する環境の中で実力を養成し、みごと志望校合格を果たしている生徒も沢山います。

このようなことを踏まえ、今回は武田塾を紹介していきます。
武田塾の特徴は独自の自学学習をサポートするためのシステムにあります。
通常の予備校であれば、予備校が作成したテキストや問題集などを利用することが多いのですが、武田塾で使用するテキストは、市販されている参考書になります。

参考書を利用して自学学習をするなら、別に自宅でもできるとの疑問点を持つ方も多いかもしれませんが、武田塾は市販の参考書の使い方や選び方、また参考書の消化の度合いも徹底サポートしてくれるのです。
まずは、入塾前に志望校やその受験生の希望する勉強方法(たとえば、部活や習い事との両立をしながら受験勉強を勧めたいなどの要望)を一緒に考えてくれます。

志望校が決まれば、個々の生徒の現状の学力を適切に判断した上で、使用する参考書が指定されることになります。
武田塾がこだわっているのは、与えられた参考書をどれだけ深く理解、正しくインプットされているかです。
一般的な授業では、生徒はどうしても受け身になりがちですが、武田塾はその正反対で、自らが参考書な内容を理解、反復トレーニングをすることになります。
一冊の参考書を完璧に仕上げない限り次のステップに進むことはできないため、生徒は安易な妥協をすることができません。
(参考性を完璧に仕上げることができたとの判断基準も前持って説明してくれるので安心して下さい)

次章では武田塾の合格実績や学習方針をもっと深く掘り下げていきますので、よろしくおねがいします。

武田塾の合格実績と学習方針

武田塾の特徴は上の章でも取り上げましたが、ここでは武田塾の合格実績と学習方針などをより具体的に説明していきたいと思います。
武田塾に関心のある方にとっては、参考になるデータが満載ですのでぜひ最後までお付き合い願います。

武田塾の考え方は、塾や予備校に通うだけでは志望校合格を果たすことができないとの考え方が貫かれています。
言われてみれば当然なのかもしれませんが、いくら有名な講師による授業に参加したとしてもその内容を完璧に理解し、身につけることができなければ成績アップは望むことはできません。
しかし、多くの受験生は予備校に通学をすればなんとなく勉強したつもりになってしまい、最終的には志望校の受験を諦めてしますケースだってあるのです。
(もちろん、予備校に通いながら志望校合格をしている生徒もいることは事実ですので、完全に否定しているわけではありません)

武田塾では、成績アップができない生徒に共通する罠に精通しています。
一冊の参考書を完璧に仕上げないうちに次の参考書を買い求めたところで、成績アップは望むことはできないとの考え方から、参考書を完璧に仕上げるための環境提供に全力を注いでいます。
具体的には、武田塾では授業は一切しません。
あくまで、サポートするのは受験生の参考書学習になります。
コースはいろいろあり、それぞれの希望により選択することができますので、詳しくは公式サイトを確認してほしいと思います。

公式サイトにはこれまでの合格実績もしっかりと掲載されています。
名門国立大学から有名私立大学まで、ほとんどのメジャー大学に合格者を輩出していることがひと目で理解できるはずです。
予備校選びはお子さんの将来を決める重要なイベントです。
どうされるかは別として、検討の選択肢に武田塾を加えてみる価値はありそうです。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事