武田塾と河合塾の予備校の特徴と強み

公開日:2018年08月14日

予備校で評判が良いところに、武田塾河合塾があり、よく似た名前同士で覚えやすいことも人気があることにつながっていて、同じ塾とつく予備校ですが、両者にはそれぞれ特徴があり異なったタイプの予備校になっています。

まず、武田塾の特徴は、授業をしないことと参考書一冊を完璧にやり尽くすこと、さらには自主学習を管理してくれることがあげられ、武田塾では授業は無駄なことで、自習を重んじることが特徴となっていて、自習の際には、教材が多く、注意力が散漫になることよりも、参考書一冊を完璧にこなすことを目標にして、完全に自分の知識としてしまうやり方を徹底しています。

さらに自習がベースになりますが、自習による学習を自分ひとりでは管理出来ないことも多くあり、こういった悩みを抱える生徒のために、予備校の方で自主管理をして、宿題やテストで勉強を怠れないような雰囲気になっていることも特徴です。

一方、河合塾の場合は、質の高い講師や参考書を出版している有名講師が在籍していることが特徴で、河合塾では一度は聞いてみたいと思えるような魅力ある講師の授業が映像やライブで受けられます。

また、教材や模試の研究にも長い間力を入れている河合塾では、最新の受験状況に合わせた教材や模試を提供しているため、多くの人達に信頼されており、強みとなっていて、校舎が全般的に綺麗で、自習室等の設備も完備しており学習がしやすい雰囲気にもなっているのが特徴です。

両者とも予備校としての特徴と強みがありますが、自分に向いた予備校選びをすることが一番重要で環境が優れていたり講師が魅力的でも、最終的に必要なのは、自分で学習をし偏差値を希望通りに伸ばすことなので、自分で行う学習方法を確かなものにするためにはどうすればよいのかをしっかりと見極めることが必要になります。

武田塾ってどんな予備校?料金やコース内容

武田塾では塾生の自学自習を徹底的に管理しており、宿題とテストによって、日々の学習の進捗や理解度を確認し、出来ていなければ先へ進めないようになっているので、個別で徹底的に学習の指導と管理を行うことができるのが強みとなっています。

武田塾の特訓コースには、4つのコースがあり、最も料金が安くてすむのは宿題ペースを管理してくれるコースで、勉強内容や勉強方法を理解している生徒に向いており、自分だけでは管理が不安な生徒のために宿題を繰り返す特訓となっていて、もう少し知識を確実に身につけたい生徒のためには、宿題とテストがセットになったコースで毎週テストをして、勉強を怠ることなく続けることが出来るコースがあります。

さらに宿題とテストだけでは理解出来ない生徒のために、個別指導がセットされたコースもあり、テストで出来なかったところを個別に指導してもらうことで、理解度を深めることができるようになっていて、もう一種類、義務自習と名付けられた塾の自習室で、約束した時間には必ず学習を行うことを含んだコースがあり、宿題、テスト、個別指導を経て義務自習を行いますので、武田塾の塾生として徹底した特訓を受けられることになります。

料金面としては、最も安価なコースで月に2万円ぐらいで、しっかりとした特訓コースの場合には費用はかかりますが、個別指導による学習方法をとっていますので、集団で授業を受ける予備校よりはお得になっていて、私立3科目を1年間武田塾で学習すると70~80万円となっており、大手予備校の場合には100万円くらいなので、コスト的には魅力があり、さらに武田塾では、大手予備校とは異なり、夏期講習や冬期講習、春期講習等がありませんので追加料金が発生することもなく、支払いは毎月払いか一括払い、二回払いから選ぶことが出来ます。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事