武田塾の合格実績について合格体験記を交えながら徹底解説!合格実績が丸わかり!

公開日:2019年01月31日

「武田塾って言う塾の名前を聞いたことがあるけど、ちゃんと実績は出してるのかな…?」

「授業をしない塾って聞いたけど、それでちゃんと受かるのかな…?」

あなたは今、こんなことを考えていませんか?

この記事では、2017年度に実際に武田塾を利用して受かった学生について触れながら、武田塾の合格実績を紹介しています!

年々実績を伸ばしている武田塾の実態がこの記事を読めばわかるはずです!

上で挙げたようなあなたの疑問も、解決すること間違いなし!

↓武田塾について詳しく知りたい人はこちら!

クリックで武田塾の公式サイトへ行きます▶▶

武田塾の合格実績①: Sくん 早稲田大学合格

早稲田大学といえば、日本でも有数の難関大学です。

「授業をしないで、本当に大学に合格できるの…?」と思っていた方もいると思いますが、武田塾から毎年多くの学生が早稲田大学に合格しています。

Sくんは高2の五月から受験を意識し、武田塾に入塾しています。

入塾当時の偏差値は50ほどと早稲田大学を目指すにはやや物足りない偏差値でしたが、2年弱武田塾で勉強を頑張るうちにしっかりと偏差値を上げ、武田塾に合格しています。

Sくんは「武田塾に入ることで、勉強が能動的・計画的なものになった」と語っています。

誰でも、勉強しないでも受験に合格できるなんてことはありませんが、武田塾に入って能動的に勉強をすれば、早稲田大学などの難関大学ですら受かることはできるのですね。

➡︎Sくんの合格体験記全文はこちら!

武田塾の合格実績②: Hくん 京都大学合格

武田塾は関西にも進出を始めてから、年々京都大学や大阪大学などの関西の難関大学の合格者数も増やしています。

Hくんは浪人生として武田塾に入った学生ですが、

現役時は全滅だったものの、武田塾での一年の浪人を経て京都大学の経済学部に合格しています。

Hくんが在籍していた校舎長はHくんについて、

日々、自分で主体的に考えて勉強する塾生でした。
わからないことがあると、しっかり自分で考えてから質問するスタイルで良い意味でマイペースな塾生だったと思います。

入塾当初は基礎が不安でそれを詰めることに意識を集中して勉強しましたが、途中から講師を国公立在籍の講師に変更し、記述を徹底的に鍛え上げ京都大学の過去問もやりこむことができ合格につなげることができたと思います。

体験記にもありましたが、「主体的に勉強=自学自習」を徹底するのが大事だと証明してくれました!!

と語っていて、授業をせずに自習中心、分からないところを質問する、

というHくんの学習スタイルは武田塾の理念を体現したものであり、うまく使っているなと感じました。

➡︎Hくんの合格体験記全文はこちら!

武田塾の合格実績③: Sさん 慶應義塾大学合格

上で挙げた早稲田大学だけでなく、慶應義塾大学にも毎年多くの学生が進学しています。

Sさんは慶應義塾大学の経済学部・環境情報学部、早稲田大学の政治経済学部・社会科学部に合格しています。

Sさんは高校三年生になる直前に武田塾に入学し、その際は平方完成のやり方がわからないと、数学についてかなりの苦手意識を持っていたようです笑

ですが、そこから一年しっかり勉強することで、数学の偏差値を20以上もあげ、早稲田大学、慶應義塾大学共に難関の学部に合格しています。

数学は武田塾の参考書ルートに従って勉強をしていく中で、参考書のレベルが上がっていくごとに達成感を感じたと語っています。

Sさんが数学の苦手を克服できたのは参考書ルートという独特の仕組みも原因の一つなのですね。

Sさんの合格体験記全文はこちら!

武田塾の合格実績④: Hくん 大阪大学合格

Hくんは部活を引退した高校三年生の8月に武田塾に入塾しています。

当時は校内偏差値が38という典型的な部活少年だったそうな。

大手予備校にこの時期に入塾しても、すでに授業をやってしまった範囲は自分で復習しなければなりませんし、授業も短い期間しか残されていないため急激な成績アップは望めないでしょう。

武田塾は、「今まで部活一本でやってきたけど、逆転合格したい!」という人にはぴったりの予備校だと言えます。

校内偏差値偏差値38から大阪大学現役合格はまさに逆転合格という言葉がふさわしい受験生活ですね。

Hくんの合格体験記全文はこちら!

武田塾の合格実績⑤:Sくん 千葉大学医学部合格

武田塾から難関国公立と言われている医学部に合格する生徒もいます。

Sくんは一度浪人をして大手予備校の医学部専門校舎に通ったにも関わらず、現役と比べてセンター試験の得点率が1%しか伸びず、

「授業と学力には相関関係がない。授業よりも自分で正しく学ぶことが重要なのではないか。」

と思い、武田塾に受験相談を受けに言ったそうです。

大手予備校に通っていたころは授業の予習や復習で手一杯で、自分のやるべきことにまで手が回らなかったそうなSくん。

「武田塾に入ってからは真摯に自分の苦手な分野と向き合い、自分の勉強習慣を築きあげることで、千葉大学 医学部の合格水準に達したのではないか」と語っています。

武田塾の勉強の仕方は難関国公立や私立大学だけでなく、やや特殊な入試形態である医学部入試にも対応できるのですね。

Sくんの合格体験記全文はこちら!

まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事で紹介した2017年度の受験生だけでも

レベルの高い大学に続々と合格していることが分かると思います。

もちろん、武田塾に入れば勉強しないで東大に入れる!

なんて言うつもりは全くありませんが武田塾でしっかりと勉強していて入れない大学はないということがわかりますね。

それはもちろん、日本トップクラスの東京大学や早稲田大学でも同じことなのです。

さらに多くの合格実績が見たい方はこちら!

また、校舎ごとの合格実績が知りたい方は、校舎ごとに問い合わせてみてくださいね。

↓武田塾についてもっと知りたい人はこちら!

クリックで武田塾の公式サイトへ行きます▶▶

 

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事