武田塾流「数学をどんどん伸ばす方法」とは?数学を得意にする!

公開日:2019年01月31日

数学が苦手なあなた。

「数学ってどうやって勉強すればいいか分からない」

他の科目とは違って、基本からさっぱりわからない。」

「基本的な問題は解けるけど、応用問題に歯がたたない。

と悩んでいませんか?

確かに数学は他の科目と比べ、基本的な概念理解に時間がかかったり、戸惑ったりする人が多い科目であり、公式を丸暗記しても、応用問題になると歯が立たないことが多いので、苦手意識を持っている方も多いかもしれません。

しかし、そのような生徒であっても必ず成績を上げることは可能です。

この記事では、武田塾が生徒によくアドバイスする「数学の成績を伸ばす方法」をご紹介します。

数学が苦手な人はもちろん、武田塾では具体的にどのような指導を行なっているのか知りたい生徒必見の内容となっております。

この記事を読んだ方が、数学の勉強法における指針を得られれば幸いです。

 

↓武田塾について詳しく知りたい人はこちら!

クリックで武田塾の公式サイトへ行きます▶▶

 

武田塾では数学を得意にできるの?

分かる 

数学はやらないからできないのではなく、やってもできないと感じている人が多い科目です。

ですので、どこから数学に苦手を感じ、理解に苦しんでいるのか突き詰めていく必要があります。

そこで、武田塾ではまず生徒それぞれに適切な学習方法をとるために、生徒からのヒアリングを通して、時には中学数学の範囲までさかのぼって理解力を把握します。

数学における苦手やつまづきを克服するためには、一つずつ苦手分野を潰していく必要があります。

数学が苦手な原因は、他にも問題文を読む能力が欠けていることなど、生徒によって異なりますが、それぞれのケースで武田塾が実際に行うアドバイスの一例を早速解説します。

武田塾ではこうやって数学をつまづきを克服する

疑問 解決

段階①同じ問題(類題)を解けるようにする

語彙力 辞書

数学が難しいと感じる人はまず公式が使えていない可能性があります。

公式は導出をすることももちろん大切なことですが、その後に実際に使っていく演習をすることも試験で得点するために必要です。

そこで、武田塾では数学公式を使ったり基本的な解法をマスターして、類題が確実に解けていくように指導します。

公式をそのまま使うことで数学からの苦手意識も少しずつ軽くなっていきます。

また、それぞれの生徒のレベルに合わせて、生徒に最適な問題集や参考書についてアドバイスしています。

自分のレベルにあった問題を繰り返し解くことで、確実に力がついていきます。

段階②初見問題を解けるようにする。(解法を思いつけるようにする)

本 読解

「初見問題を解く力」が数学で得点をしていくために必要不可欠なことです。

これらの力は一朝一夕では身につきません。公式や基本的な解法を学習した後は、同じレベルの問題でアウトプットする必要があります。その際に、

「解法が思いつかない」
「思いつくけど途中からわからなくなる」
「計算ミス」

などに悩まされるかもしれませんが、こうなったときに、武田塾では、生徒それぞれに、なぜ計算ミスをしてしまったのか、どういう過程で計算ミスをしたのか、なぜ解法が思いつかないのか、公式の抜けがあったのか等のアドバイスをし、徹底的に見直し、間違えた問題を定期的に見直すことで、それらの問題を解けるようにしていきます。

また、難関大学や国公立大学を目指す生徒には、部活動を引退してからではなく、
早めに予備校・塾へ通うことで、受験対策を万全にすることを武田塾ではおすすめしていますが、武田塾では完全個別のため、部活動のスケジュールを妨げないで特訓の日時を決めることができます。事前連絡があれば振替することも可能なので、
忙しい部活生をサポートする環境も整っています。

武田塾に限らず、予備校を選ぶ際は最後の試合・大会まで続けたいなら部活生に理解の予備校・塾にしましょう。

 

まとめ

塾 自習 学習

数学が苦手な生徒からよく聞かれる悩みに対し、実際に武田塾が指導している一例をここでは紹介しました。

数学の成績を伸ばすプロセスは非常に多様で、自分にあった解法やスタイルを確立することで安定的に高得点を取ることができるようになるでしょう。

そのためには、武田塾に限らず自分にあった予備校を探すことも一つ大事なポイントになります。

 

↓武田塾について詳しく知りたい人はこちら!

クリックで武田塾の公式サイトへ行きます▶▶

 

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事