浪人でもAO入試は受けられる!現役生と比べた意外なメリットも?

公開日:2018年08月31日

「自分は浪人だけど、AO入試を受けてみることも考えてみたいな。
でも、そもそも浪人生ってAO入試を受けられるものなのかな?
AO入試って言ったら現役生が他の受験生たちよりかも早めに合格を決める手段なイメージがある。

浪人の自分がAO入試を受けても、不利になったりしないかな?」

あなたは今、そんなことを考えていませんか

 

そんなあなたに朗報です!

この記事では、浪人生でもAO入試を受けられるということの説明や
浪人生がAO入試を受ける場合の意外なメリットについて解説していきます。

さらに、
そもそもAO入試はどういうものなのか、という解説や
浪人生がAO入試で合格するために行くべき関西のおすすめ予備校も紹介していますので
この記事を読めば、あなたがいま感じている疑問は全て解決します!

この記事が、あなたの第一志望合格の手助けになりましたら幸いです。

 

➡大阪・天王寺・梅田・京都でAO入試に強い予備校を探す

(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます。)

 

AO入試とは

AOとは、『アドミッションズ・オフィス入試』の略です。
「AO入試って、なんか普通の受験とは違うのはわかるけど
結局どういうものなのかよくわかんないな」
あなたもそう感じているのではないでしょうか。

AO入試大学が「こういう生徒が欲しい!」というのを定め
(例えば、ある分野に非常に強く関心がある、この大学でどうしてもこの分野の勉強をしたい!という生徒など)

小論文や面接などで生徒の人柄を見て、
「はたしてうちの大学が求めている人材かどうか」というのを判断し
適切な生徒であれば合格!というのがAO入試です。

「生徒の人柄・個性を見る」という性質から
AO入試の内容は大学によって様々です。

もともとアメリカで一般的によくある形式だったのですが
それが日本にも輸入されて、今では様々な大学で行われるようになりました。

普通の受験と比べて、時期がかなり早いので注意してください。
願書の提出は8月1日から始まります。

しかも、大学によってはオープンキャンパスに参加することがAO入試受験の条件としているところもあり
オープンキャンパスは6月頃から行う大学が多いので、その場合は6月頃からもうAO入試に備えて準備を始めなければいけません。

「春から浪人生活。ある意味、新生活がスタートした」
なんてうかうかしていると、いつのまにかAO入試の時期が過ぎ去っていた…
という最悪の事態もありえますので

AO入試を受けるつもりであれば、かなり早い時期からしっかりと大学公式ページをチェック
受験内容を確認しておきましょう。

 

AO入試にも浪人生はいる

AO入試は実は浪人生でも受けることができます。
しかも、学生を集めるのに困っている無名の大学だけでなく
関関同立のような有名大学であっても、浪人生でもAO入試を受けることができます。

また、募集要項に『浪人生でも受験可能』と書いてあるところは
浪人生だからといって現役と比べて特別不利になるということはあまりないので、安心してください。

もちろん大学によっては浪人生だとAO入試を受けられないところもあります。
必ず、あなたが受けたい大学の公式ホームページから募集要項を見て確認しておいてください。

浪人生がAO入試を受けるメリット

浪人生だと、現役生と比べてAO入試を受けるとき不利なのではないかと不安になる人が多いですが
実はそれどころか、浪人生の方が現役生より有利な部分もあります。

というのも、現役生と比べると浪人生の方がAO入試の対策に時間をかけることができるからです。

AO入試では自分の興味関心のある分野での自主的な活動・ボランティア経験・フィールドワークなどが求められます。
しかし、毎日朝から夕方まで学校のある現役生にとっては、こういった学校の授業以外の活動をするのはなかなか難しいですよね。
部活もやっている生徒であればなおさらです。

しかもAO入試は普通の受験よりかも時期が早いので、
高3の夏に部活を引退して受験勉強にようやく受験に本腰を入れられるようになったが、
AO入試まで時間がなさすぎてまともな対策をができない…ということにもなりがちです。

しかし、浪人生であれば決められた高校の授業というものはなく、
どのように時間を使うのかというのも現役生よりかも自由に使えますので

ボランティアやフィールドワークに現役生よりかもしっかりと取り組むことができます。

また、AO入試は多くのところで小論文が課されますが
こちらも、現役生でただ学校の授業を受けているだけだとなかなかまともな小論文の対策はできませんし、
やはり、あれよあれよというまに本番の時期が来てしまうということになりがちです。

ですが゛浪人生であればしっかりと目標を見据えて、小論文の対策にもしっかりと時間をかけることができます。

 

浪人生がAO入試を受ける場合のおすすめ予備校3選

では、浪人生のあなたがAO入試を受けたい!AO入試の対策をしたい!という場合

一体、どこの予備校にかよえばいいのでしょうか。

 

以下に、おすすめ予備校3選を理由とともに紹介していきます!

 

第一位:トフルゼミナール

大学生や社会人向けにTOEICやTOEILの対策講座を展開していることで有名なトフルゼミナール。

実は、AO入試の合格実績も高いです。

特に英語教育のたしかなノウハウがあることが強みで
ネイティブと十分にコミュニケーションがとれるほどの英語力があれば、
面接のときの大きなアピールポイントとなります。

 

第二位:武田塾

武田塾
日本初!授業をしない塾』と言う凄まじいキャッチコピーが印象的な武田塾。

授業で勉強を教えるのではなく、勉強は生徒たちに独学でやってもらい
どういうやり方・どういう方向性で勉強すれば最速で成績が伸びるか、ということをみっちりとアドバイスしてくれ

そのときの成績・学力に応じてあなたが何をすべきかを細かく指導してくれるのが武田塾です。

授業より独学の方が進むスピードははやいですが、
授業と比べて、独学だと間違った方法で取り掛かってしまい、それを指摘してくれる先生もいないのでいつまでも間違った方法で勉強して成績が伸びない…
という危険性があります。

そこで、生徒たちの勉強の進め方のアドバイスに徹することで、最速で成績を上げていくのが武田塾です。

ただでさえ勉強の完全独学というのは難しいですが
AO入試の対策ともなればなおさら難しいですね。
そこをしっかりとサポートしてくれるのが武田塾です。

授業をせず、勉強の方法のアドバイスをするという性質から、どのタイミングからでも入塾できるのも魅力です。

➡武田塾のより詳しい解説はこちら
(このサイトの、武田塾についてくわしく解説したページに行きます)

 

第三位:河合塾

河合塾のロゴ
大手の予備校といえばまず真っ先に名前が思い浮かぶであろう、河合塾

そのイメージに違わず、幼稚園生から社会人まで幅広い年齢を対象に教育を展開しており
生徒数の合計は10万人以上。
そして全国に400以上もの校舎がある予備校です。

特に関西や関東の中心の大きな校舎であれば、どの科目にも一流のトップ講師が在籍しているという強みがあります。

 

さすが大手の塾という安心感があり
AO入試対策の授業も幅広く展開しています。

➡河合塾のより詳しい解説はこちら
(このサイトの、河合塾についてくわしく解説したページに行きます)

 

浪人AO入試 まとめ

以上、この記事では

 

  • AO 入試について
  • 浪人生も普通にAO入試を受けられるということ
  • 浪人生がAO入試を受ける場合の意外なメリット
  • 浪人生がAO入試を受けて合格するためのおすすめ予備校3選

について解説しました!

AO入試の受験を考えているあなたは
この記事を参考に第一志望合格を掴み取ってください。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事