浪人中にマナビスを利用するのはどうなの?その特徴や活用法を解説!

公開日:2019年01月12日

「マナビスという言葉をよく聞くけど、どんな予備校なの?」

「数ある予備校の中からマナビスを選ぶメリットは?」

「浪人中にマナビスを利用するのって、実際どうなんだろう?」

あなたは、このように考えていませんか?

この記事では、そんなマナビスについて、その特徴や活用法を解説しつつ、

浪人中にマナビスを利用するのはどうなのか?

ということについて解説しています。

この記事を読めば、マナビスのことについてよく分かります!

この記事があなたの予備校選びにお役立てできれば幸いです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

そもそも、マナビスとは?

それではまずはじめに、マナビスとは何なのかについて解説していきます。

「そもそも、マナビスって何なの?」

ということから説明していきます。

マナビスとは、河合塾が行なっている、映像授業を受講するタイプの予備校です。

マナビスでは、映像授業によって、河合塾の有名講師の授業を受講することができます。

トップ講師の授業を受けることができるため、「考え方の本質」から解説を受け、「生徒自ら考える力」を引き出すことができます。

また、ただ映像授業を受けるだけでなく、

授業後のアドバイスタイム(毎回の授業後に、アドバイザーのフォローのもと、授業で学習したことを生徒自身が説明する時間)

学習プランニング(受験指導のプロによる学習計画の指導)

月一の面談(毎月面談を行うことで、ひと月の反省を行う)

など、手厚いサービスを受けることができるのもマナビスの特徴です。

これらの仕組みにより、映像授業形式の予備校の生徒が陥りがちな「自己管理能力の欠如によるサボり癖」を解消することができます。

マナビスのメリットは?

次に、マナビスのメリットについて説明します。

まずはじめに挙げられるメリットとしては、住む場所に関係なく有名講師の授業を受けることができることです。

一般に、河合塾では、予備校で実際に集団授業を受ける仕組みとなっています。

そのため、校舎によって所属講師が変わるため、自分に合った講師の授業が受けられるとは限りません。

また、地方に住む受験生は、そもそも近くに河合塾の校舎が無いことも多いです。

しかし、マナビスを利用すると、地方に住んでいる受験生でも、映像授業によって河合塾の人気講師の授業を受けることができます。

そのため、住む場所に関係なく、名だたる一流の予備校講師の授業を受けることができます。

また、映像授業であるため、自分の好きな進度で勉強を進められることもメリットの一つです。

集団授業の予備校だと、得意な科目の授業であっても皆に合わせて受けなければならず、無駄な時間を過ごしてしまうことがあります。

一方、苦手科目では、もっとゆっくりと進めたくても、皆も同じ進度で進まなければならず、理解が不十分のままであることもあります。

しかし、マナビスでは、そのような心配をする必要はありません。

映像授業のため、自分の好きな進度で受験勉強を進めることができます。

得意な科目はどんどん進め、逆に苦手な科目は何度も立ち返りながらゆっくりと学習することができます。

さらに、講座の選択肢が多いことも、大きなメリットの一つです。

マナビスでは、映像授業のため、通常の予備校よりも遥かに授業の選択肢が多くなっており、その数はなんと1000講座もあります。

そのため、科目ごとに自分のレベルに合った授業を選択でき、非常に自分に合った学習を進めることができるのです。

このように、河合塾マナビスには、映像授業ならではのメリットがたくさん存在します。

これらのメリットを活かすことで、集団授業ではなかなか得られない効果を得ることができ、効率的に受験勉強を進められます。

マナビスの合格実績はどうなの?

では、マナビスの合格実績はどうなのでしょうか。

河合塾マナビスの公式ホームページによると、現在、マナビスだけの合格実績は公表されていません。

河合塾全体の合格実績のみ公開されています。

因みに、河合塾全体の2018年度の合格実績としては、

東京大学・・・1,305人

京都大学・・・1,273人

国公立大学医学部医学科・・・1,596人

私立大学医学部医学科・・・2,129人

早稲田大学・・・5,864人

慶應義塾大学・・・3,527人

関西学院大学・・・2,751人

関西大学・・・3,690人

同志社大学・・・5,399人

立命館大学・・・6,189人

となっています。

流石大手予備校なだけあって、非常に優れた合格実績ですね。

この中でどの程度の人数がマナビスの利用者かは分かりませんが、マナビス利用者における合格者の声を見てみると、東京大学や京都大学など、最難関大学の合格者の声が載っており、マナビスの利用であってもかなりの実力をつけることができることが分かります。

浪人中にマナビスを利用するのってどうなの?

これまでの記事を読んだ方の中には、

「結局、浪人中にマナビスを利用するのってどうなの?」

と思っている人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、浪人中にマナビスを利用するのはアリな選択肢です。

マナビスを有効活用することで、先ほども述べたように、集団授業を行なっているタイプの予備校では得られない様々なメリットを得ることができます。

自己管理能力に不安がある人であっても、マナビスでは、月一の面談やアドバイザーによる学習計画の指導があるため、きちんと消化していける仕組みとなっています。

集団授業の予備校がなかなか合わないと感じている人は、選択肢の一つとして考えてみると良いでしょう。

まとめ

・マナビスは、河合塾による映像授業形式の予備校

・映像授業ならではの様々なメリットがある

・浪人中にマナビスを利用するのはアリな選択肢

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事