神戸にある予備校「武田塾」の評価と実績

公開日:2018年08月07日

大学受験というものはもっとも過酷な自己との闘いというイメージが昔からあります。
今は大学受験のために有名な予備校へ通う生徒も多く、そういうところでは実にたくさんの受験生たちと受験勉強をしているわけです。
確かにそこで実力をつける生徒はいますが、逆に実力をつけることができない生徒も少なくありません。
ここで授業を受けて偏差値を伸ばす生徒は、別に予備校へ通ったからというわけではなく、あくまでも自分の努力の成果だと言えます。

予備校などで授業を受けてもいっこうに偏差値が上がらないという生徒は、それは授業を習いっぱなしにしているからです。
そこで受けた授業を完璧に復習して自分のものにしていれば、必ず偏差値が上がるでしょう。
いくら長い時間を授業に費やしても偏差値が伸びないというのは、実はこの復習が上手にできていないからです。
ここで確実に言えることは、大学受験のための成績は個人の勉強方法で決まるということ。ようするに自学自習ということになります。

この自学自習の方法ができている生徒なら、勉強すれば偏差値は思い通りに上げることができるでしょう。
最近はテレビなどに頻繁に出演しているような有名予備校の講師も多くいますが、そういった有名な講師の授業を受けても、この自学自習という学習方法が確立されていなければ偏差値は伸びません。
神戸にある武田塾ではこの自学自習に力を入れて、日本で初めての授業をしない塾という方針を打ち立てています。

武田塾での勉強方法は、まず個別につけた講師がどのようにして勉強を毎日続ければいいのかというその方法を教えます。
生徒はそれに従って自分で勉強をするわけです。そして、毎週チェックします。ここで解らないことがあれば個別に指導が行われ、完璧な状態にして再び自習という形になるわけです。
ここで大切なことは、毎日の勉強をどうやっていけばいいかということ。
武田塾では個別でここまで徹底的に行います。

武田塾の授業をしない3つの特徴

神戸の武田塾では授業をしないという方針を貫き、その独特な勉強方法で多くの大学受験生たちを志望大学合格へと導いています。
しかし、授業をしない塾、というフレーズを単純に耳にしたらきっと多くの誤解を招いてしまうことにもなりかねません。
ところが武田塾で提唱している、授業をしない、という言葉には本当に深い意味が込められていました。
大学受験生たちが今やらなければならない本当の勉強というものがここにはあります。

まず、志望大学合格に必要なだけの偏差値を上げるためにはいったい何が必要なのか、ここを明確にする必要があります。
武田塾ではそれを、わかる、やってみる、できる、の3ステップが必要であると説いているわけです。

わかるというのは問題が解るということなのですが、これはものすごく単純な言葉に聞こえます。
でも、高校や予備校で行われているような授業では真にわかるまでは教えてもらえないというのが実状です。

次のやってみるという言葉ですが、これは本当に大事なことで、ようするに実践するということに他なりません。
そして、何度も繰り返すことによってできる状態にまでもっていくこと、これが武田塾での勉強方針です。
従来の勉強スタイルを貫いている予備校などに通う多くの生徒たちは、授業を受けっぱなしにしていると言えます。
これは非常にもったいない話で、そうしたやり方ではできるまで到達できません。

武田塾で行われている勉強方法は、まず自分のレベルに合った参考書を一冊ずつ完璧にする、ということです。
とてもありきたりの勉強方法に思えますが、実は多くの受験生たちはここができていない場合があります。
肝心なことは、単純に参考書をこなすということではなく、完璧にする、ということ。
武田塾ではそのために徹底した志望校別カリキュラムを作成し、それに基づいたテストを行っています。
そして、わかる、状態へと導き、最終的には、できる、状態にまでもっていくわけです。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事