駿台予備校の評判を実際の生徒の口コミから解説!駿台の評判が丸わかり!

公開日:2019年01月28日

日本トップクラスの規模・実績を誇る大学受験用の予備校である駿台予備校

「大学受験用の予備校に行きたいけど、どこがいいのかわからない…駿台ってところが有名なのかな?」

「駿台って実績良いって聞くけど、浪人するのって実際どうなんだろう…」

あなたは今こんなことを思っていませんか?

有名なだけに様々な噂を聞くことの多い駿台ですが実際はどうなのでしょうか?

この記事では実際の口コミを引用しながら駿台の利用者からの評価をまとめています!

駿台に関するあなたの疑問も解決すること間違いなし!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

駿台の口コミ:合格実績編


このように言われるくらいですが、駿台と言えばやはり合格実績が有名ですよね。

2018年度も東京大学1400名、京都大学1412名、早稲田大学3997名、慶應義塾大学3031名とトップクラスの大学群でも圧倒的な実績を叩き出しています。

このことから駿台は合格実績が良いと言われるのも当然と言ってよさそうですね。

 

駿台の口コミ:学費編

大手予備校は総じて学費が高いと言われがちですが、そんな駿台の学費はどうなんでしょうか?

こんなことも言われるように駿台の学費は業界で見てもかなり高いようですね。

浪人生の場合、季節講習なども含め、年間80~100万円ほどかかってしまうことは覚悟した方がいいですね。

また、次のような口コミもありました。

医学部専門のコースとはいえ、元々は駿台のコースであるため、料金については多少他のコースより高い程度でそこまで高いということはなかった。
医学部の対策をしっかりしてくれるコースとしての価格では充実した内容を得られるように思う。

(引用元)

こちらは医学部コースの口コミですが、その内容を考えれば高くはないといった意見も少し見られました。

また、駿台の浪人生ではあまり公表されていませんが、スカラーシップ制度が設けられています。

駿台模試などで良い成績を取っていると浪人するときにスカラーシップの案内が来るようですので、自信のある人は狙ってみることをオススメします。

 

(ただし、『授業料半額免除!』などの大きな割引は、河合塾のほうがはるかにとりやすいです。

駿台はここまで大きく学費免除されるのは校舎全体でトップのたった10人~20人ほど。

あとは、東大に受かるレベルでかなり成績がよかったとしても、せいぜい5万円割引されたらいいほうであるということには気をつけましょう)

駿台の口コミ:授業編

 

駿台の授業の口コミは総じていいものが多いですね。駿台は有名講師を多く抱えており、授業の質は保証されていると言っても良いでしょう。

駿台には名物講師もたくさんいますが、特に数学、物理、英語の評判が良いですね。

中でも数学家の雲幸一郎先生、小林隆章先生、物理科の山本義隆などは受験業界でも広く名が知れた有名な先生です。

これらの先生の季節講習には外部からも非常に多くの学生が受講しに来て、大教室がいっぱいになるほどです。

駿台の口コミ:模試編

 

駿台模試のレベルが高い、難しい、という口コミは数多く存在しており、ほとんどの受験生にとって難しい模試だと思われていることは間違いないでしょう。

実にその通りで、駿台模試は大手予備校の企画する模試の中で最も難易度が高く、同時に受験者のレベルも高い模試です。

早稲田大学や慶応大学、東京大学を目指す学生はぜひ大学ごとの模試が始まる前に受けておくことをオススメします!

ただし、何度も言うようですがその難易度は非常に高いです。

多くの受験生にとっては難しい、以上に不必要に難しすぎることもあります。

一つの基準ですが、早慶より上の大学を目指す学生でなければ、受ける必要はありません。

自分の志望校をしっかりと考えてみましょう。

駿台の口コミ:学生のレベル編

駿台の生徒のレベルは高い。

正確なソースはないのですが、よく言われていますね。

これについては駿台模試のレベルが高いこと、駿台の塾生が駿台模試を受験必須であることから言われているのかなと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

駿台に通っている人の生の声が少しは伝わったと思います。

大学受験と予備校は多くの人にとって切っても切り離せない関係です。

多くの予備校が存在し、いろんな情報が簡単に手に入る今だからこそ、

しっかりと情報を吟味しあなたにあった予備校を選びましょう!

予備校を決めたら、志望校合格に向けて勉強あるのみです!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事