高校中退したけど大学受験を成功させたいあなたが行くべき予備校TOP3

公開日:2018年08月26日

高校は一度中退してしまったが、やっぱり自分はもう一度頑張って大学に行きたい
けど、自分は普通の高校生とは違うわけだし、この場合どうやって通う予備校を選べばいいんだろう?」

あなたは今、そんなことを考えていませんか?

 

この記事では、

高校を中退したあなたが予備校に通う場合の心構えや、

おすすめの予備校を解説しています!

 

さらに、高校を中退した場合ならではの、意外なメリットも紹介していますので

 

この記事を読めば、大学進学を目指すにあたっての悩みはすべてなくなります!

 

 

この記事が、あなたの大学進学の手助けとなりましたら幸いです。

 

高校を中退していても、大学受験のため予備校は普通にいける

改めて言うまでもないことかもしれませんが、確認の意味を込めて説明しておきますと
たとえ高校を中退していようとも、予備校には普通に通うことができます。

「高校を中退してしまった自分は、普通の高校生とはちょっと違うから
もしかして予備校には入れないんじゃないか…」
といったことをもしあなたが悩んでいるのであれば、
その心配は全く必要ありませんので安心してください。

高校を中退した場合の、大学受験で予備校に通う意外なメリット

「高校を中退してしまった自分が、いまさら大学進学を目指したって、果たしてうまくいくのだろうか
といったように自信をなくしてしまっていませんか?

高校を中退してしまったからといって、消極的になる必要は全くありません!
それどころか、高校を中退してから大学進学を目指す場合の意外なメリットが、二つあります。

それは

  • 時間があること
  • 想いの強さが違うこと

の二つです。

この二つについて、詳しく説明していきましょう。

時間がある

高校を中退した生徒は、時間があります。
なぜなら、普通の生徒が学校で授業を受けている間も、自習や予備校での授業に時間を使うことができるからです。

残念ながら、学校の授業はあまりわかりやすいものではありません。
受けていて眠くなってしまうものが多いです。

それに対して、予備校の授業はやはり圧倒的にわかりやすい授業が多いです。

考えてみれば当然のことで、
学校の先生は別に授業が面白かろうがつまらなかろうが毎月の給料は変わりません。
どれだけ頑張って授業をしても給料は上がりませんし、
逆にどれだけ手抜きのつまらない授業をしても、別に給料は下がらないのです。

となると当然、何年も授業をやってると、だんだんと飽ききてやる気もなくなり
「わかりにくい適当な授業でも、まあいいや」となってしまいますよね。先生も人間ですから。

何十年も学校で授業を教えているようなベテランの先生であればなおさらです。

一方で、予備校の先生はどうでしょうか。
予備校の先生は毎月の給与が決まってるわけではなく、
どれだけの生徒が自分の授業を受けてくれたかによって給料が変わります。

ですから、わかりやすいと評判になって人気の先生になり、たくさんの生徒が自分の授業を受けにきてくれれば給与はいくらでも上がりますし
逆に評判が悪く、自分の授業を受けてくれる生徒がいなければ給料は下がりますし、
最悪首を切られてしまい、文字通り生きていけなくなってしまう場合もあります。

このことを考えれば、予備校の先生の方が全力で分かりやすい授業をするのは当然ですよね。

ですが、普通の高校生は困ったこと毎日学校に行って授業を受けなければいけません。
毎日毎日、朝から夕方まで学校のわかりにくい授業を聞くのに時間を使わなければいけないという束縛があるのです。

その時間がもったいないからと内職をしようとすると先生に怒られてしまいますしね。
(内職:授業中に授業とは関係ない勉強を自分ですること)

塾で先生をやっていると「内職ってどうやったらバレずにうまくできますか?」
という質問を毎年必ず生徒から聞かれます。

そのくらい、他の生徒たちは学校の授業というものに悩まされているのです。

ですが、あなたは高校中退というのを逆に活かして、全ての時間を効率のいい勉強にあてることができる、という大きなメリットがあります。

想いの強さが違う


高校中退してしまったが、それでもなお大学受験をしたいと思うあなたは
ただなんとなく大学受験をする受験生たちの、何倍も強い想いがあります。

普通の受験生は、高校生活も2年間が終わり、3年目に入ったから
まわりも受験勉強しはじめたし、自分も仕方なくやるか~…

といった、渋々といった感じで受験勉強をします。

それではやる気も出るわけがありません。

ですが、あなたは、高校を中退してもなお大学に行きたいと思っています。
多くの人が一度中退したらそこから大学受験をしようとは考えない中

あなたは、「それでもやっぱり大学受験がどうしてもしたい!」と考えているわけです。

それだけの想いの強さがあれば、当然、普通のしぶしぶ受験をする生徒達よりも何倍も勉強にやる気が入ります。

 

 

高校を中退したあなたにおすすめの大学受験予備校3選

では、高校を中退したあなたが予備校に通うとしたら
どこの予備校を選ぶのがいいのでしょうか?

おすすめ3選を、理由と共に解説していきます!

第一位:河合塾

河合塾のロゴ

大手の予備校といえばまず真っ先に名前が思い浮かぶであろう、河合塾
そのイメージに違わず、幼稚園生から社会人まで幅広い年齢を対象に教育を展開しており
生徒数の合計は10万人以上

そして全国に400以上もの校舎がある予備校です。
特に関西や関東の中心の大きな校舎であれば、どの科目にも一流のトップ講師が在籍しているという強みがあります。

学校の授業では考えられなかったような、わかりやすくて楽しい授業を受けることができます。

 

生徒数が多いので、通っても高卒だからと別に変な目で見られることもなく、自然に馴染むことができます。

➡河合塾のより詳しい解説はこちら
(このサイトの、河合塾についてくわしく解説したページに行きます)

第二位:武田塾

武田塾

日本初!授業をしない塾』と言う凄まじいキャッチコピーが印象的な武田塾。
授業で勉強を教えるのではなく、勉強は生徒たちに独学でやってもらい
どういうやり方・どういう方向性で勉強すれば最速で成績が伸びるか、ということをみっちりとアドバイスしてくれ
そのときの成績・学力に応じてあなたが何をすべきかを細かく指導してくれるのが武田塾です。

 

『勉強の方法をアドバイスする』という性質から、どの時期からでも入れるのも特徴です。

 

生徒の独学を中心に勉強を進めていくところなので、

『高校を中退していてもなお大学受験をしたい』という、情熱のあるあなたにぴったりな塾です。

➡武田塾のより詳しい解説はこちら
(このサイトの、武田塾についてくわしく解説したページに行きます)

 

第三位:明光義塾

明光義塾のロゴ

距離の近い大学生の講師に教えてもらうことができるのが、明光義塾です。
実際に受験を経験して、そのときの記憶が強く残っている先生に授業を教えてもらうことができるので、
生徒のつまづきやすいポイントを抑えた効果的な成績アップが期待できます。

それでいて、先生が大学生であるということで
他の予備校よりかも安めに授業を受けることができるのも良いところです。

また、先生が現役の大学生であることから、大学生活のリアルを気軽に聞くこともでき、

特にキャンパスのおしゃれさや大学の雰囲気も込みで第一志望を考えている受験生は
あなたの第一志望合格後の大学生活のイメージが固まりやすくなるので
モチベーションアップにもつながります。

➡明光義塾のより詳しい解説はこちら
(このサイトの、明光義塾について詳しく解説したページに行きます)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事