予備校に学費免除や特待生制度は存在する?

公開日:2018年08月07日

難関大学に合格する為には予備校に通う事が必要と言われています。
しかし、予備校へはただでは通えず、1年間通うにも高い授業料を払わなければならないのが現実で、1年通うだけでも大学の入学金程度の費用が必要になる事も珍しくはありません。

出来る事なら予備校は1年で卒業して欲しいのが親の本心でもありますが、不幸にして家庭の事情で通わせること自体難しい場合もあります。
その為、「予備校に学費免除や特待生制度は有るのか」と言う問い合わせが増えているのが事実です。

大学や高校では多くの学校で特待生制度があり、学業やスポーツなどで優秀な生徒が対象となる事は知られていますが、予備校においても実は学費免除や特待生制度は存在しています。
決して全ての予備校から学費免除などの特待生制度を受けられるとは限りませんが、大手と言われる有名予備校の多くはこの制度を公にして実施しています。

予備校の学費免除は高校や大学の奨学金制度などとは完全に違う制度であり、後で支払う義務が生じるものではありません。
仮に一時的に支払いが生じたとしても、後から返金してもらえる制度となっています。
従って、出来る事であればこの制度を利用して通ってほしいのが親の本音と思われますが、誰でも簡単に受けられる制度では無いのが現実です。

また、予備校の全てが特待生制度を公にしているとは限りません。
逆に公にしていなくても特待生制度を実施している場合もあり、外側からすべてを判断するのは難しいと言えます。
しかし、特待生制度の実施には目的に同じ共通点があります。
それは、優秀な学生を集め、予備校の宣伝になる様な大学を受験して合格してもらう事を目的としている事です。
予備校の最大の宣伝になるのは、難関大学や有名大学に何人合格者を出せたかの実績です。
従って、特待生制度を受けるには優秀な成績を収め、大学の宣伝となる大学を志望する事が大切になります。

予備校の入学で押さえておきたいポイント

大学受験は毎年行われ、受験を失敗してしまった多くの方は浪人して次の受験に挑みます。その際その手助けをしてくれる存在が予備校となります。

予備校を選ぶ基準となるのは、何よりも志望大学合格の可能性が高い事が重要です。
また、失敗しない予備校選びをする為には予備校の得意分野や得意学科、得意大学などのストロングポイントと言われている点を捉えて理解する事を忘れてはなりません。

予備校の多くは実績を残す事に力を入れています。
その為、有名難関大学に合格させて実績を上げる為に成績の良い学生を積極的に集めており、時には定期的に模試などを行い、独学で勉強している優秀な学生や他校の学生をスカウトする事もあると言われています。

また、成績優秀と認められた学生には特待生制度を与えていますが、この制度は優秀な学生を特待生として認め、難関大学に入学してもらう為に学費を免除するなどの制度です。そして同時に、優秀な学生の確保と大学の宣伝対策としての目的も含まれています。

特待生制度を受ける際、一番必要となるのは優秀な成績を収めて実績を残し、成績で自分をアピールする事です。
難関大学を志望する高校生であれば、早ければ1年生の時から予備校に通う人もおり、通う期間が長ければ成績を伸ばしてアピールする事も出来ます。仮に現役で受験に失敗したとしても、次の年に合格できる見込みが高い学生であると判断されれば特待生制度を与えられ、1年間の浪人期間は無料で通う事が出来るのです。

予備校の最大の目的は志望校合格にあります。
特待生制度を受けられなくても志望大学に合格しやすい予備校を選ぶか、志望校に合格できなくても特待生制度を受けられる予備校に通うかは判断に困ります。しかし、特待生制度を受けられる事自体素晴らしい事なので、充分に検討して自分の目標と照らし合わせてみる事も大切です。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事