1年間にかかる浪人生の予備費用はいくら?

公開日:2018年08月07日

人生の大きな節目である、大学受験。本人もさることながら、受験生の親にとっても非常に大切なイベントです。
高校3年生の夏までは部活漬けで、たぶん浪人して大学に行くことになるだろうと、うっすら考えている人も読者の中にはいるかもしれません。
しかしながら、浪人生として予備校で1年を過ごすとなると、非常に費用がかかるのはご存知でしょうか。

受験する大学が国公立か私立か、理系か私立かといったことでも変わってきますが、結論から言うと、予備校に対して払う金額だけでおよそ100万円です。

浪人生の出費は主に「予備校代金(夏期講習などの特別講習費含む)」「交通費」「食費」「受験料(+入学金)」に分けられます。
それぞれ見ていきます。

まず大半の予備校では、受講する授業数に応じた費用がかかります。
夏期講習といった期間には別途授業を受講する必要があり、更なる出費です。
加えて、予備校まで電車で通学する場合には毎月の定期代が発生します。また、お弁当などを持参することで回避可能ですが、食費もかかります。

本番の受験では、浪人してまで進学したかった本命の大学のほかにも、実力相応校や滑り止めといった大学を複数受験する方が大半だと思われます。これらの受験には当然、受験料という費用が必要となります。
加えて、地方の浪人生が都内近郊の大学を受験する場合には、大学近くのホテルの宿泊費や移動のための交通費がさらに必要です。

意外と盲点になるのは、入学金です。本命の大学が合格の発表を行う前に、滑り止めの大学に合格をした場合を考えます。
入学金には大学ごとに支払いの締め切りが設定されており、その期日までに入学金を納めなければ合格は取り消されてしまいます。
もし本命の大学の合格発表日が、その支払期日のあとに設定されていたらどうでしょうか。

もう浪人ができないとなると、入学する権利を残しておくためには入学金を滑り止めの大学に納めなければなりません

このように、浪人生はかなり費用がかかることがわかります。

浪人生の割合と浪人合格割合について

このように、非常にお金のかかる浪人生活。

それを経験してまで入学したかった大学でのキャンパスライフ。
実際、大学内ではどのくらいの人が浪人生活を経て入学しているのでしょうか。
入学する大学の難易度によって違いはありますが、平均すると2割前後は浪人生です。
もちろん、難関と言われる大学や医学部となると3割以上ともなりえます。

人生の中の1年間を勉強に費やして挑戦する浪人生活ですが、はたしてどの程度の浪人生が合格を勝ち取っているのでしょうか。
結論を言うと、8割程度の浪人生は受験に成功します。

ここで勘違いをしてほしくないのは、浪人生にとっての成功とは、本命の大学に合格することを意味しているわけではない点です。
現役時代よりも上のレベルの大学に合格することができる人の割合が8割程度という意味です。

浪人生は1年中、勉強することができます。現役の学生のように受験に必要のない授業を取ることも、学校行事への参加をすることもなく、ただ黙々と勉強に打ち込むことができる。

このような生活を続けるのだからと、何とかなると安易に考えて、あまりにも無謀な大学を本命に据える浪人生があまりにも多いのが現実です。
実際は、浪人生として1年勉強したからと言っても、さほどテストで点を取れるようにはなりません。

もちろん、個人差はあります。1年間本当に必死で勉強した浪人生は難関と呼ばれる大学の合格を勝ち取ることもありますが、これは全体の2割もいません。
一般に、浪人して合格する大学は現役のときに「あと一歩」という大学であることが現実です。

どこの大学でも浪人生はいます。その8割程度は、現役のときには受からなかった大学から合格を勝ち取った人たちです。
本当に頑張った2割かもしれない人たちです。この記事を読んでいる人やその子供がこの立場に立つかもしれません。その決断には、大変な費用と努力が必要になることを知っていただけたら幸いです

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事