予備校の学習相談会の参加方法

公開日:2018年08月07日

大学受験の予備校は大学合格を目的として設立された機関です。
それはCMを放映する全国展開の大手から、医学歯学薬学大系、美大受験系と専門に特化した予備校まであります。
予備校のタイプは、大きく分けると大勢の仲間とお互いを高めあいながら学ぶ集団指導、一人ひとりに合わせたカリキュラムを提供する個別指導とがあります。
これだけ多くの予備校の中から自分に合った予備校を選ぶため、まずは自分の将来について考えましょう。

すでに、希望する大学のオープンキャンパス等に足を運び、志望大学や志望学科を決めている方もいるかもしれません。
そのような場合は、希望大学合格のためにするべきことを洗い出します。

今の段階では何も決めていないという方は将来就きたい職業の就職に有利な勉強ができる大学を探します。
思いつかないのであれば、進路指導の先生に相談すると的確なアドバイスが得られます。
就職は大学に入ってから考えたいという方は、理系志望か文系志望かから考えましょう。
もしくは、大学で学んでみたい勉強や興味のある科目があるなら、その大学合格に向けて、自分に足りないものは何なのか分析します。
大学は行きたいけど、まだまだ、学習習慣が定着していないのが悩み、という方は、そういった指導をする大学受験予備校もありますので、調べてみてください。

以上、大学受験を前提に将来について考えたら、今度は、インターネット上の予備校のホームページを探し出し、閲覧します。
通学する学校に大学受験の予備校のパンフレットが置いてある場合はそれも利用できますね。
もし、その予備校に既に通っている友人がいるなら話を聞いてみます。
実際に通う生徒さんの口コミは非常に参考になりますから、ぜひ尋ねてみましょう。
こういった情報を集めたら、その中から気に入った予備校を選び出し、実際に学習相談会に参加します。

予備校選びで押さえておきたいポイント

大学受験の方向を決め自己分析をし、学習上の問題について考えをまとめ、入校を希望する予備校の候補が絞り込めました。
ここでは実際に通うことを前提に立地や施設、志望校対策とカリキュラム内容、学生へのバックアップ体制そして、費用について押さえておきたいポイントを見ていきます。

まず立地は学校や自宅から近い立地をお勧めします。
夜間遅くに帰宅するので、遠方の予備校に通えば帰宅も遅くなるからです。
次に、学生がいつでも利用できる自習室やその他の施設は完備されているか確認します。
なぜなら夏休みなどの学校の長期休暇時に自習室を活用し成績を上げる生徒が多いからです。

すでに志望校を決めている場合は、その大学の入試情報が豊富に集まる予備校を探します。
そういった予備校は希望大学の入試問題の分析をしっかり行っています。
ですから、使用するテキストはその予備校の分析結果反映をしたテキストになり、受験生が効率よく学習できるように考えられているのです。

入試制度が複雑で受験科目の多い大学受験の学生は志望校対策や併願校の選択、成績の上げ方や履修科目についてなど様々な悩みを抱えることがあります。
困った時にいつでも学習相談に乗ってくれる講師や予備校スタッフの存在はありがたいものです。
このような生徒への相談体制の充実も押さえておきたいポイントのひとつです。期待以上のサポートが望めるといいですね。

最後に、費用についてですが、予備校の授業料は決して安いものではありません。
多くの科目履修を希望すれば、払う月謝も高くなります。授業料の他に登録時の事務手数料や模擬試験代、テキスト代等の様々な費用が発生します
模擬試験代はその都度請求という予備校もありますので事前に確認したほうが良いでしょう。
以上の点を参考に、自分に合った予備校が見つかるといいですね。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事