予備校の種類とそれぞれのメリット・デメリット

公開日:2018年08月07日

家庭教師と予備校には、それぞれメリットとデメリットがあります。
はじめにその差を知っておくことで、大切な受験対策として取り入れるにはどちらが自分に合ったものなのかを考えることが出来ます。

まず家庭教師のメリットですが、予備校と比べて時間と場所に融通が利くということです。
そのときの予定などによって、家庭教師に依頼をする日を事前に伝えることで変更してもらうことも出来ます
予備校の場合は時間も場所も決められているのでなかなか出来ることではありません。
自分に合わせた授業をしてもらうことが出来るので苦手科目なども理解していけます。

予備校のメリットは学校などに比べると、大学受験のための授業カリキュラムがとても充実しているということです。
家庭教師とも違う情報をより深く知ることが出来ます。また、自然と大学受験に合格するために必要な知識を身につけることが可能です。
最近はさまざまな受験システムを取り入れている大学が少なくありません。
予備校では志望校の受験システムについて、しっかりと解説してくれるので安心です。

このように、メリットはどちらにもあり、自分に合った考え方で選択することが出来ます。
しかし、家庭教師と予備校のどちらにもデメリットがあるということも理解しておきましょう。
たとえば、家庭教師には社会人のプロ家庭教師と大学生のアルバイトがあります。そのため、家庭教師のアルバイトでは指導歴が短い人も多く、授業が自分には分かりにくい場合もあるのです。
また、先生を独占するということになるので、どうしても料金は高くなってしまう傾向があります。

予備校にもデメリットがあり、通うことになれば当然通学に時間がかかってしまいます
予備校に通っているということで満足してしまい、授業や勉強に集中しないまま時間を過ごしてしまうという生徒もいるようです。
そのようなことにならないためにも、自分がどのように予備校を活用するのかをきちんと考えることが大切なのです。

予備校と家庭教師の違いについて

予備校と家庭教師にはどのようが違いがあるのでしょう。
そのことをしっかりと理解しておくことで、自分に合っているのがどちらかを選択しやすくなります。
最近では個別指導型の予備校や塾も増えてきており、家庭教師と予備校の両方の利点を兼ね備えた教室も増えているということです。

家庭教師は個別指導で分からないことをしっかりと理解出来るまで指導してもらうことが出来ます。
生活スタイルに合わせて曜日や時間、回数を選べるので自分たちの生活を変える必要がありません
予備校はその種類によっては合宿などさまざまなイベントや拘束される時間もあるので、生活をそちらに合わせる必要があります

予備校ではさまざまな種類の教科の学習をすることが出来ますが、家庭教師は自分だけのカリキュラムで最短合格を目指す形になります。
ですから、周りと合わせて学習する必要がなく、苦手なものでもよりしっかりと学習することが出来るという違いがあります。

現役大学生や卒業生から最新の受験情報を取得することが出来るというのも家庭教師の良さですが、予備校は大学受験専門機関です。
その情報量は豊富で、合格までのノウハウに基づいて安定した指導をしてもらうことが出来るというのが特徴だといえます。
大学受験対策として考えている人は家庭教師が予備校どちらがいいのかよりも、自分が学習しやすいと感じたところを選びましょう。

ライバルと競い合いながら合格を目指すことが出来る、という魅力が予備校にはあります。
しかし、集団で授業を行うことになるので理解出来ないところがあってもなかなか質問出来なかったり、授業についていけないという生徒もいるようです。
また、あらかじめ決まった時間割、年間スケジュールになっているという面でも、家庭教師との違いがあります。
休みや振り替えなどの融通が利くところは少ないという点も家庭教師との違いでしょう。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事