システム英単語かターゲット1900か?その違いを解説!

公開日:2018年11月24日

受験生の英語学習におけるよくある悩みとして、

「どの英単語帳を使えば良いの?」

というものがあります。

これを読んでいる受験生も、このような悩みを抱いたことがある人、または今現在このことで悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

そんな悩みを抱える受験生に対して、この記事では、特に多くの受験生が使っているシステム英単語とターゲット1900について、両者を比較しつつその違いを解説しています。

この2冊は学校で配られる事も多く、Amazonの参考書売り上げランキングにも上位にあるほど人気な単語帳ですが、この記事を読めば、システム英単語とターゲット1900のどちらが自分に合っているかがよく分かります!

この記事があなたの受験勉強の手助けとなれば幸いです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

それぞれの単語数は何語?

両者の違いを考える上で、まずは単語数を比べてみましょう。

システム英単語とターゲット1900の単語数は、それぞれ次のようになっています。

システム英単語:2021語

ターゲット1900:1900語

これを見ると、システム英単語の方が、収録単語数がやや多くなっていますね。

さらに、システム英単語は、2021個の英単語とは別に、181個の多義語まで紹介しています。

単語数が多ければ多いほど良いという単純な話ではありませんが、やはり載っている単語数が多いことは重要なポイントの一つでしょう。

見やすさはどちらが良いか?

次に、それぞれの見やすさについて解説していきます。

まず、システム英単語では、1つの単語についての説明は1ページで完結しており、上部に例文が、下部に単語の説明が載っています。

一方、ターゲット1900では、左のページに単語が、右のページに例文が載っており、1単語につき2ページでの構成となっています。

このように、システム英単語とターゲット1900は、ページのレイアウトが大きく異なりますが、どちらも受験生が見やすいように工夫されていると言えます。

したがって、どちらが見やすいかは人によると言えるでしょう。

実際に書店で確認してみて、直感的に合うと思うほうを選びましょう。

本の値段はどちらが安い?

ここまでの記事を読んだ人の中には、値段について気になっている人もいるのではないでしょうか?

本の値段はどちらが安いかについてですが、システム英単語とターゲット1900は共に1,080円であり、同じ価格となっています。

したがって、どちらの単語帳を選ぶかを考える際には、値段は考慮に入れる必要はありません。

どちらも充実した内容ながら、1,080円と非常にコストパフォーマンスの良い単語帳となっています。

アプリ版の比較

システム英単語とターゲット1900には、それぞれアプリ版も存在します。

アプリ版を活用することで、単語帳を持ち歩かなくてもスマホ1台でいつどこにいても英単語のインプットを行うことができます。

また、アプリ版には単語帳にはない機能もあり、そのような機能を有効に使うことで、より効率よくインプットを行うことができます。

このように、アプリ版は単語学習の上で非常に有用です。

そこで、ここでは、実際に両者のアプリ版の機能を比較していきます。

システム英単語のアプリ版

システム英単語のアプリ版は600円です。

アプリではシステム英単語に準拠した単語を見ることができます

また、単語テストを受けられるというアプリならではの機能も存在します。

音声機能はありません。

ターゲット1900のアプリ版

ターゲット1900のアプリ版には、無料版と有料版(600円)が存在し、それぞれの機能は以下のようになっています。

無料版:単語の発音を聞ける・単語テストを受けることができる

有料版:単語だけでなく例文の音声も聞くことができる・マーカーを引ける・手書き入力にも対応

このように、システム英単語のアプリ版にはない音声機能があることが、最大のポイントと言えるでしょう。

どちらが売れているか?

最後に、システム英単語とターゲット1900が、実際にどちらが売れているかについて解説します。

その売り上げを比較する上での一指標として、今回はamazonのランキングを見てみましょう。

このように、システム英単語の方が人気であることが分かりますね。

ただし、売れているか否かは一つの指標に過ぎず、どちらを買うかは実際に両者を手にとって、中身を見て判断しましょう。

まとめ

・収録語数はターゲットが1900語であるのに対してシステム英単語は2021語と多く、更に181語の多義語も載っている

・1つの単語について、システム英単語では1ページで完結している一方、ターゲット1900では見開き2ページでの構成となっているが、見やすさはどちらも十分といえ、自分に合った方を選ぶべき

・値段は1,080円と同じ

・両者にはアプリ版も存在し、その最大の違いは音声機能の有無(ターゲット1900のアプリ版のみに音声機能がある)

・システム英単語の方がamazonのランキングが高い

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事