センター試験の会場はどうなるの?浪人生のセンター会場について徹底解説!

公開日:2018年12月15日

浪人をしていると、勉強以外の様々なことで悩みを抱くことがあります。

例えば、浪人という、もうセンター試験の失敗はしたくない状況の中で、センター試験の会場で悩む人も多いのではないでしょうか。

具体的には、

「センター試験の会場がどこになるのか不安だ」

「仮面浪人をしているが、仮面先の大学でセンター試験を受けたくない…」

「センター試験で同級生と会いたくない」

などです。

実際に、この記事を読んでいるあなたも、このように考えてはいませんか?

この記事では、そんなセンター試験の会場のことで悩みを抱える浪人生に対して、センター試験の会場のことについて詳しく解説しています。

この記事を読めば、そんなセンター試験の受験会場の決定について、よく分かります。

この記事がセンター試験の会場に関する悩みにお役立てできればなれば幸いです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

センター試験の会場はどうやって決まるのか

センター試験の会場で悩んでいる人の中には、その会場がどのようにして決まっているのかについて疑問に思っている人も多いことでしょう。

そこでまず始めに、そもそも、センター試験の会場はどうやって決まるのかについて説明します。

センター試験の会場の決め方についてですが、結論から言うと、

センター試験の会場は、出願した時の住所をもとに決められています。

具体的には、センター試験の願書を大学入試センターに送った時に記入した住所周辺にある、センター試験会場となる場所の中から、なるべく近い場所を中心に適当に割り振られるのです。

このように、センター試験の会場は、受験生の考慮しつつ、住んでいる場所を大学入試センターによって決定されています。

センター試験を受ける会場や地域を自分で選びたい場合

次に、センター試験を受ける建物や地域に希望がある場合について解説します。

先ほど説明したように、センター試験の会場は、出願した際の自分の住所に基づいて、大学入試センターによってその周辺の地域のセンター試験会場となるいくつかの場所の中から選ばれます。

そのため、どの会場で受験するかを自分で決めることはできません。

あくまでも会場は大学入試センターによって決定されます。

したがって、例えば、出願した住所周辺の地域に会場にしたくない場所があったとしても、それを避けることはできないのです。

ただし、センター試験を受ける大まかな地域については、出願する際の住所を変えることで自分である程度選択することができます

先ほども述べたようち、浪人中、センター試験の会場のことで頭を悩まさせている人も多いはずです。

そのような時に、会場までは選べないにしても、住所を変えることで、自分の好きな地域で受験することができるのです。

例えば、実家から離れて一人暮らしをしながら大学の同級生に秘密で仮面浪人をしているが、今住んでいる一人暮らしの家の住所で出願した場合自分の大学でセンター試験を受けることになるかもしれない場合を考えてみましょう。

この場合、もし大学でセンター試験を受けることになれば、大学で同級生に会う可能性があり(センター試験当日は会場となる大学の学生がアルバイトで手伝いをしています)、試験に集中できないでしょう。

そこで、実家の住所で出願することで、実家の周辺でセンター試験を受けることができ、大学の同級生に会わずに済みます。

センター試験のために帰省するのは少し面倒かもしれませんが、試験に集中することを考えると、選択肢の一つとして考えても良いでしょう。

まとめ

・センター試験の会場は、出願した時に記入した住所をもとに、大学入試センターによって、その住所周辺の会場の中から決められている

・センター試験の会場は大学入試センターが決めるため、どの会場で受験するかを決めることはできない

・一方、出願した時に記入した住所を元にセンター試験を受験する会場が選ばれるため、その制度を利用して好きな住所を書くことでセンター試験を受験する大まかな地域を選ぶことはできる

・仮面浪人をしていて大学の同級生に会いたくない場合などは実家の住所で出願するのも一つの選択肢

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事