主要国公立大学の受験日程と発表日程まとめ!スケジュールの再確認をしよう!

公開日:2019年02月10日

センター試験、お疲れ様でした。

うまくいった人、行かなかった人、様々だとは思いますが、

センター試験も終わって、国公立大学を志望する皆さんはいよいよ残すところ本番の二次試験のみと、そういう状況だと思います。

そこで、この記事では主要な国公立大学の入試日程および発表日程についてまとめています!

三年生の皆さんは、入試日程とその合格発表の日程の確認として、

二年生の皆さん、その他気になる方々は、自分もしくは、お知り合いの受ける学校の入試日程が早いのか、遅いのか、参考にしてくださればと思います!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

概要:国公立大学の入試日程について

国公立大学の入試は、第1次試験として高等学校等における基礎的教科・科目についての学習の達成度を測る共通試験(大学入試センター試験)を行い、

第2次試験として、各大学において、それぞれの学士課程教育を受けるに相応しい資質と能力を測る個別試験を行なっています。

(いわゆる『難しい試験』はこっちのほうです)

例年センター試験が1月の中旬〜下旬にに行われ、その後一月末から2月頭にかけて出願受付があり、

2月の末に二次試験の前期日程が行われます。

その後3月頭から上旬にかけて合格発表が行われ、その後、3月中旬あたりに後期日程の試験があります。

後期日程の合格発表は3月末となります。

今年度は2月25日から前期日程の試験が始まり、合格発表は3月6日〜3月10日にあります。

後期日程については、3月12日以降に試験が行われら発表は3月20日〜3月24日となっています。

では、具体的に主要な国公立大学の入試日程を見てみましょう。

国公立大学の入試日程①:北海道大学

北海道大学の2段階選抜発表は2月13日です。

北海道大学の入試は、基本的には試験が1日で終わり、2月25日のみの試験となっています。
しかし、医学部のみ2月26日にも試験が行われます。

合格発表は今年度入試では最も早く、3月7日の朝9:00となっています。

後期日程では、理系の学部指定型(理、工、農、薬)と文、教育、法、経済、獣医、水産、歯
の受験が可能で3月12日に試験が行われます。

国公立大学の入試日程②:東北大学

東北大学の2段階選抜発表は2月13日の9:30に予定されています。

東北大学の入試日程も
他の多くの大学と同じく2月25日、2月26日に行われます。

合格発表日は3月9日の15:00となっています。

経済学部と理学部のみ後期日程の試験が存在し、後期日程は3月12日に試験があります。

国公立大学の入試日程⑧:名古屋大学

名古屋大学の2段階選抜発表は2月13日で、時間は公表されていません。

名古屋大学の入試日程は基本的には2月25日、2月26日の2日間で行われます。
しかし、情報学部の人間・社会情報学部は大学から指定された2月25日か2月26日のどちらかが試験日程となります。
また医学部については27日に追加で面接試験が行われます。

合格発表は3月9日の11:00となっています。

医学部のみ後期日程の試験があり、3月12日です。

国公立大学の入試日程③:東京大学

東京大学は2月13日にいわゆる足切り、センター試験の点数での二次試験参加者数の選抜を行う2段階選抜の発表が行われます。
東京大学の場合でも基本的にこの選抜はあまりハードルは高くなく、気にしなくて大丈夫ですが

学部によってはこれがかなり高いこともあり、これを突破しなければ受験することもできないので忘れずに確認しておきましょう。

前期試験の日程は、
2月25日、2月26日の2日間です。

理科三類に限っては、さらにその翌日、3日目の2月27日に面接試験があり、3日間に渡る長丁場の入試になっております。
体調をしっかり整えておきましょう。

東京大学は2015年度入試より、推薦入試をはじめ、それに伴い後期試験を廃止しています。
そのため、今は前期日程の試験しか存在しないのですね。

合格発表は3月10日の12時に予定されています。

 

国公立大学の入試日程④:東京工業大学

東京工業大学の2段階選抜はボーダーがあまり厳しくなく、それを超えさえすれば入試結果にセンター試験は影響してこないため、あまり気にしている人もいないとは思いますが、一応2月13日に2段階選抜の結果発表があるようです。

入試日程は東京大学と同じく
2月25日、2月26日の2日間です

合格発表日は上であげた2大学よりも1日早い3月9日の12:00となっています。

生命理工学院にのみ後期日程の入試が存在し、3月13日が試験日となっています。

国公立大学の入試日程⑤:一橋大学

一橋大学の2段階選抜は2月13日の夜20時に発表予定です。

夜に発表するところというのはかなり珍しく、というよりも一橋大学だけなのですが何か理由があるのでしょうか笑

一橋大学の入試日程も同じく
2月25日、2月26日の2日間です

合格発表日は東京工業大学よりもさらに1日早い、3月8日の10:00となっています。

後期日程については、経済学部のみ試験が存在し、3月12日が試験日です。

国公立大学の入試日程⑥:京都大学

京都大学の2段階選抜も同様に2月13日に行われます。

入試日程は東京大学と全く同じで、
2月25日、2月26日の2日間です。

医学部のみ、2月27日に面接試験があります。

京都大学の合格発表も東京大学と同じ3月10日ですが、時間は13時です。

東京大学とずらしていることには何か意味があるのでしょうか笑
京都大学の合格発表日時は、総合大学の前期日程の合格発表としては最も遅い時間になります。

トリを飾るのに相応しい大学ですね!

また、京都大学も法学部の特色入試が3月12日に行われるのみで、
後期日程の入試は行われていません。

国公立大学の入試日程⑦:大阪大学

大阪大学の2段階選抜発表は2月13日の9:00に予定されています。

入試日程は基本的に2月25日の1日のみで、

歯学部と医学部医学科のみ2月25日、2月26日の2日間となっています。

合格発表は3月9日の9:00となっています。

後期日程は、全学部で行っておりません。

国公立大学の入試日程⑧:九州大学

九州大学の2段階選抜発表は2月13日に予定されていますが、時間は発表されていません。

入試日程は全学部統一で2月25日、2月26日の2日間となっています。

合格発表は3月8日の11:00となっています。

後期日程は、文、法、経済、工、農、薬学部と、理学部の数学科以外に存在し、

3月12日となっています。

まとめ

いかがだったでしょうか

今年度(2018年度)の主要国公立大学の入試日程が分かっていただけたと思います。

主要国公立大学では、入試日程がかなり似ていますが、

ところどころ受験日時や、発表日時に差がありますので、

自分の受ける大学、友人の受ける大学くらいは把握しておけるといいですね!

志望校合格を目指して、残り少し、頑張りましょう!!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

 

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事