予備校をずる休みしていかなくなる子供の心理

公開日:2018年08月07日

大学受験のために予備校を選んで通い始めたけれど、通っているはずの子供が欠席していると連絡があったらどうでしょうか。

体調が悪いわけでもない、本人は行ってきたと言っている場合は、ずる休みをしている可能性があります。
せっかくお金を払って受験のために通っているのに、親としてはとても腹立たしい気分になるはずです。頑張っていると信じていたのに、裏切られたように思えるかもしれません。

すぐにでも叱りたいのは当然のことですが、今までずる休みをするようなことがなかった子供が嘘をついてまで休んだときは注意が必要です。
そこまでする理由があるのですから、厳しく叱りつけたい気持ちを抑えて、きちんと向き合ってみてはいかがでしょうか。

これから先も予備校へ通って大学受験のために勉強に集中する、そして志望校への入学という目標を達成するために、親子で話す機会を作ることをおすすめします。

親の立場から考えても、小さい頃にずる休みをした経験はありませんか。何でも真面目に行う子供は確かに理想ですが、あまりにも真面目すぎると子供にも負担がかかっているはずです。
大学に入ってから燃え尽きてしまい、すっかりやる気をなくすことがないように、早い段階で対策を考えましょう。

子供の気持ちを大切にしたいと、嘘を黙認するのはやめたほうが良いです。嘘に気付かないふりをしていると、子供はバレていないからとエスカレートする危険性があります。
自由に育てることの意味を取り違えないように、理由を聞いてから注意したり改善方法を考えたりして下さい。

子供の立場からすれば、言い分を聞いてくれる親であれば、その後も何かあるたびに相談してくるはずです。
親子の信頼関係を大切にするためにも、なぜずる休みしたのか話をする機会を作ると良いです。
大人が大勢いると言いたいことが言えなくなるので、威圧的にならないようにしましょう。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

予備校をずる休みしていかなくなる理由・言い訳

ずる休みの理由として考えられるのは、大きく分けて友達と遊んでしまう・予備校が合わない・通うことが負担という3つが挙げられます。

友達と遊んでしまう場合は、勉強なんかせずにとにかく遊びたい、親に上手く嘘をついてさぼってしまおうという考えが大きいでしょう。
黙認するとエスカレートするだけなので、理由を聞いてから叱ることも必要なパターンです。

言い訳として友達の名前を出し、誘われたから出かけたという内容がよくあります。
人の責任にしてずる休みしたりさぼったり、これが当たり前になると将来に悪い影響を与えます。
社会人になってから同じようなことをしたら大変です。早めに対応するようにして下さい。

予備校が合わない場合は、現在のコースを変更したり予備校側にも相談することで解決できます。
何が合わないのか、気に入らない部分を子供に聞いてみて下さい。改善することで真面目に通い始めることもあるので、すぐに叱らないようにします。
ただし、予備校が合わないという理由が本当なのか、見抜く力も親に求められます。一緒に改善方法を真面目に考えているか、子供の様子をよく見るようにして下さい。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)


予備校へ通うことが負担である場合は、学校の勉強との両立が大変で疲れていることがあります。
塾や予備校に通っていた経験のない子供にありがちで、このパターンは「学校が終わってから行かないといけない」といった言い訳が出てくるでしょう。

できるだけ近くの予備校を探したり、しばらくは通う回数を減らして様子を見たり、負担を減らすようにしてみて下さい。

親が理由も聞かずに叱ったり、なんでも無理に決めてしまうと、子供は不信感を持つようになります。
信頼関係を大切にするためにも、相手が子供だからと軽く見たりせず、ゆっくり話せる場を用意してあげましょう。
高校生であれば意見を持っており、将来のことも考えているはずです。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事