仮面浪人して京大を目指すのってどうなの?徹底解説!

公開日:2019年01月13日

「仮面浪人で京大に合格するのってどうなんだろう」

「仮面浪人で京大に合格するには、どうするのが効率的なのかな?」

あなたも今、こんなことを考えていませんか?

 

この記事では仮面浪人の京大受験について解説していきます。

さらに、仮面浪人で京大に合格しやすい人についても解説していますので、

あなたの仮面浪人適正の参考にもなります!

この記事が仮面浪人で京大受験をしようか悩んでいる人のお役に立てたら幸いです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

 

 

基本的に仮面浪人は失敗する

いきなり残念な事実ですが、基本的に仮面浪人は失敗します。

失敗する原因を挙げてみます。

  1. バイトしすぎてしまう
  2. サークル活動を楽しみすぎてしまう
  3. 大学生活が楽しくなる
  4. 勉強時間を確保できない

失敗する原因が身の回りにあふれているのが仮面浪人です。

京大は文系であれば英数国社、理系なら英数国理の4科目が二次試験で問われます。

つまり、

幅広く勉強する必要がある=勉強時間の確保が大切

ということですが、いかんせん仮面浪人生は勉強時間が少なくなりがちです。

なので、逆に仮面浪人に成功する人の特徴を挙げてみると、

  1. 自分なりの効率のいい勉強のやり方を知っている
  2. 数点差で落ちた

という人が目立ちます。

言葉で語るよりも現実には難しい挑戦であることをまずは理解しておきましょう。

仮面浪人で京大に受かりやすい人は?

仮面浪人で京大に受かる人はどのような人が多いのでしょうか。

まず、さきほど解説したように

  1. 自分なりの効率のいい勉強のやり方を知っている
  2. 数点差で落ちた

という2点に当てはまる人がほとんどです。

さらに

   3. 進学校出身である

という人も受かりやすいと言えるでしょう。

仮面浪人は現役生や浪人生と違って、周りに切磋琢磨できる仲間がいないことがほとんどです。

進学校出身であれば高校同期に京大に通っている人がいたり、それこそ仮面浪人仲間がいたりするので、受験勉強のモチベーション維持する方法がいくらかあります。

頭のよさにくわえて、環境に恵まれていること、この2点が必要というわけです。

現実的に仮面浪人で京大に合格する方法

仮面浪人で京大に合格したいのなら、後期は学校、バイト、サークルにあまり行かずに家や図書館で勉強するのが最も現実的な方法です。

また、後期から予備校に入塾するのも1つの手段です。

予備校は基本的に前期(4~8月)は基礎基本の復習として授業を展開する予備校がほとんどなので、後期の演習の時期になってから入塾する人も毎年一定数います。

とにかく、夏以降の後期はしっかり勉強時間を確保できる状況を作ることが何より大切です。

具体的な数値でいうと、できれば平日6時間以上の勉強時間は確保したいです。

実際のところ、入試は地頭勝負というより、慣れが大切です。

東大に合格する人が、京大の入試を受けても受かるとは限りません。

問題形式、傾向を知って論述の書き方を知る、
というように独自の対策が絶対に必要です。

仮面浪人で京大に行こうか迷っている人へ

ここまで【仮面浪人は基本的に成功しない】、【とくに京大のような科目が多い大学は仮面浪人にとって不利だ

というようなことを話してきました。

この記事を読んで、

「いや俺はそんなことない!俺は仮面浪人でも京大に受かる!」

くらいの気持ちを今持っている人はぜひ受験勉強にもう一度燃えてほしいと思っています。

現実に毎年、仮面浪人で合格する人はいるので最後はやる気です。

圧倒的なやる気があれば、電車の移動時間に単語帳を読むし、大学の授業もうまくこなして勉強時間を捻出します。

仮面浪人というハンデを気にすることなく、全力で受験勉強に集中しましょう。

ちょっとでもやる気が出た人は今すぐペンを持って勉強をしましょう。

何を考えていても、行動にうつさなければ意味がありません。意思決定はごはやめに。

仮面浪人 京大 まとめ

いかがでしたか。

今回は仮面浪人で京大に入るのはどうか、ということについて解説してきました。

仮面浪人は勉強時間もあまり確保できず、周りに高め合う仲間もいないので、受験する環境としては適切ではありません。

「それでも!京大に行きたい!」という人こそが受かるものです。少しでもこの記事を読んでやる気が出たなら今すぐ勉強を始めましょう!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

 

 

 

 

 

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事